本文へスキップ

作文と読書で豊かな未来を!三重県鈴鹿市★白子国語教室

電話でのお問い合わせはTEL.059-389-6936

〒513-0816
三重県鈴鹿市南玉垣町6814-1
 (やまもと心身クリニック様)2階

教室の理念policy

国語力は学力の基礎,
   そして人生の土台

これからの社会で必要なのは
 自分で答えを考える力・伝える力


 最近,入試問題に小論文や記述式を取り入れる学校が
増えてきました。また,新入社員向けにコミュニケーションのスキルアップ研修を行う会社も多く
なっています。
 
 これらのことは,論理的に物事を考え自分の意見を的確に表現したり,相手の考えを理解し円滑に
コミュニケーションをとったりできることが今学校や社会で求められていることを表しています。

 「考える力」のために言葉の力をつける

 国語力は各教科を学ぶ上でも大切です。学習は,書かれていることや話の内容を理解できて次の段階に進むということの繰り返しだからです。理解するために必要なのは言葉です。「自分で考える」にしても,「自分の意見をもつ」にしても,自分で使いこなせる言葉をたくさんもつことで,広がりや深まりが生まれてきます。


 言葉は宝

  言葉は思考を育て,思考は人格を育てます。多くの文章を読み,豊かな表現にふれ,それらを自分のものとして書いたり話したりできる力をつけていくことは,学力を伸ばす上でも,これからの人生を歩んでいくためにも,
とても大切なことです。



「国語科」という教科を超えて    

  社会に出たときに使える力を

 国語というと,漢字の読み書きが正確にでき,テストでの設問に対応できる力があれば,充分だと思われてきました。しかし,それはあまりにもその場しのぎです。
 
 子どもが社会に出て自分の足で歩きだしたとき,必要なのは「自分で考えられる力」「創造していく力」です。学校や入試という限定された場所でのみ使える力では通用しません。

 学校という限られた場のその先を見据えたときに,子どもにつけておかなければならない力は何かを
当教室は,提案していきたいと考えます。
                               
                                 
 自分の頭で考え,自分の言葉で表現し,豊かな人生を

 「思考力」や「創造力」という力をつけていくために必要なのは,まず自分で「書く・読む」ことです。答えを教えてもらうことや教えられた解き方を覚えることではありません。「自分の頭で考える」ことです。

 言葉には,思考を促し,知性を磨く力があます。教科の枠を超えた国語の力=人生を豊かなものにしていく国語の力をつけていくためのお手伝いがしたいと,白子国語教室は願っています。
が入ります。


主な年間行事予定(変更する場合もあります)

日時 内容 場所
6月 整理収納セミナー
 (講師招聘・保護者向け)
白子国語教室
 7月 食育セミナー   白子国語教室
8月  サマーキャンプ  子どもアイデア楽工(桑名市)
 9月  「百人一首で遊ぼう」 白子国語教室 
10月   美文字レッスン  白子国語教室
11月  発表会  ふれあいセンター
12月  「百人一首で遊ぼう」  
 1月  
 2月    
 3月


  
目標

目標イメージ

講師紹介

  合格を最終目標とするのではなく,自分の頭で考える力・生み出す力をつけ,これからの社会を歩んでいってほしい。そのために必要なことの一つは作文と読解の力をつけること――そんな思いからこの教室を立ち上げました。
  

  これからを生きるお子さんには,母国の言葉と文化と歴史に敬意を払い,深い教養と知性を備え,心豊かに生活していってほしいと願っています。

 
 講師プロフィール  
  出身地 
   三重県鈴鹿市。
  学歴 
   津高校卒。
   愛知教育大学教育学部国語科卒。
  職歴
   市内の小学校で約20年間勤務の後,退職。
   2010年 「白子国語教室」を開く。
   2013年 栄中日文化センター「子ども作文教室」講師。
   2015年 四日市中日文化センター「書いて元気に!自分史講座」講師。
  資格等
   教員免許…小学校・中学校国語・高校国語・高校書道。
   行政書士
   語彙・読解力検定…準1級 
   自分史活用アドバイザー(一般社団法人「自分史活用推進協議会」認定)


information

白子国語教室

〒513-0816
三重県鈴鹿市南玉垣町6814-1
(やまもと心身クリニック様)
 2階
TEL.059-389-6936
FAX.059-389-6936

 メールでのお問い合わせは こちらから



講師のブログ