人工呼吸器装着時の介護:必要な知識 人工呼吸器のしくみ

◆ 在宅で使用されている人工呼吸器の基本的なしくみ

*医療機関と在宅で使用されている人工呼吸器は異なります。ここでは在宅で
使用されている人工呼吸器の基本的なしくみについて記載しています。

家庭の電源やバッテリー等を利用して、
呼吸器本体に内蔵されているピストンやタービンなどを
動かして外気を取り込みます。
取り込んだ空気は吸気弁を通って呼吸回路へ送り出されます。
送気された空気は、
加温加湿器(人工鼻を使用していない場合) → ウォータートラップ(吸気)
→ Yピース → 人工鼻(加温加湿器を使用していない場合)
→ 気管カニューレ → 対象者の気道 → 対象者の肺胞(ガス交換)(ここまでは吸気)
ガス交換後(ここからは呼気)対象者の気道 → 気管カニューレ
→ 人工鼻(加温加湿器を使用していない場合) → Yピース
→ ウォータートラップ(呼気) → 呼気弁(呼吸器本体)→ 呼気排出(外気へ開放)の順に流れていきます。

*人工呼吸器の機種により形態は多少異なりますが、基本的な仕組みはほぼ
同じです。



◆ メ モ ◇ ~~~~~~~~

医療機関用の人工呼吸器と在宅用の人工呼吸器の主な特徴
●在宅用の人工呼吸器の主な特徴
・家庭の電源やバッテリーで駆動できる
(圧縮空気や圧縮酸素を必要としない)
・構造がシンプルで操作が簡単。
・コンパクトで持ち運びが可能。
・バッテリーが内蔵されている。 など

*上記の様な呼吸器で高い機能を持っている場合は、
医療機関でも中央配管のない場所で使用出来ます。

在宅で人工呼吸器を装着している方は、主に人工呼吸器の離脱が困難な方が
使用しています。その為、対象者に合った人工呼吸器を選択すれば、
離脱に必要な複雑な設定は不要になります。

●医療機関用の人工呼吸器の主な特徴
・圧縮空気や圧縮酸素を必要とする。
・様々な機能が備わっている。
・人工呼吸器からの離脱を目指している
・大型の機器が多い。など


人工鼻について
呼気時に得た水分と熱を、吸気時に放出して湿熱交換を行う医療機器です。
人工呼吸器を装着している時は、気道の加温加湿は欠かせません。
気道の加温加湿を目的として使用されています。
又、フィルター機能もあるため、外部からの埃や細菌などの進入を防ぎ、
患者さんからの排菌も防止する役割もあります。
加温加湿器を使用していない場合に、気管カニューレとYピースの間に
人工鼻を取り付けて使用します。

*人工鼻と加温加湿器の併用は避けます
併用すると、人工鼻が過度に吸湿し、流量抵抗の増加や
人工鼻の閉塞などのリスクが高くなるためです。
ネブライザーを持続的に使用する場合は
人工鼻のフィルターが目詰まりを起こす為、併用はしません。
必要な薬剤も気道内に到達し難くなります。

◆~~~~~~~~~~~~◆

続きはこちらです→ 呼吸器本体の基本的な構造と役割

 





◇参考文献 
書籍
「介護職員等のための医療的ケア 喀痰吸引・経管栄養等の研修テキスト」ミネルヴァ書房 p69~p70
「実践できる在宅看護 技術ガイド」学研 p130
「器械的人工呼吸マニュアル」ナース専科 文化放送ブレーン p10 p16
「気管吸引のガイドライン完全準拠わかる!できる!気管吸引あんしん教育ガイド」MCメディカ出版 p82~p91
「人工呼吸ケアのすべてがわかる本」照林社 p51 p349 p350
「ナース必携最新基本手技AtoZ」小学館 p67~p71
「はじめて人工呼吸器」メディカ出版 p18~
「写真でわかる 臨床看護技術2」インターメディカ p76~
「呼吸サポートチームのための 呼吸管理セーフティーBOOK」p152~157 メディカ出版

インターネット
厚生労働省HP内
加温加湿器の併用による人工鼻の閉塞について
//www1.mhlw.go.jp/kinkyu/iyaku_j/iyaku_j/anzenseijyouhou/251-2.pdf
医薬品医療機器情報提供HP内
医療機器の添付文書情報 検索例:人工呼吸器
//www.info.pmda.go.jp/ysearch/html/menu_tenpu_base.html
ウィキペディアHP内
//ja.wikipedia.org/wiki/人工呼吸器

開設日:2015/11/
リニューアル : 2017/08/14