人工呼吸器を装着している方の口腔ケア まとめ


ここでは気管切開で人工呼吸器を装着し
ている場合の、口腔ケアの例を簡単に
まとめてあります。
対象者の状態やケアする人により、必要
物品や細かな手技などは異なる部分もあ
りますので、一つの例としてご利用ください。

◆ 口腔ケアの目的

人工呼吸器関連肺炎を防止する為には、肺炎の原因となる細菌などを
できるだけ少なくする必要があります。
口腔、咽頭などに存在する細菌などを少なくする為には、
口腔内の清潔保持が欠かせません。
人工呼吸器を装着していなくても、口腔内の清潔保持は大切になりますが、
装着している場合は肺炎になる可能性がより高くなります。


◆ 口腔ケアの準備

対象者に合った歯ブラシ等、必要なものを準備します。
歯ブラシはヘッドが小さめで、柄の部分は握りやすいものを選びます。
ブラシの部分はナイロン製のやわらかいものを選びます。   
吸引チューブ付きの歯ブラシを使用すると便利です。

対象者に合った体位にします。
人工呼吸器を装着している場合は、臥位でのケアになる場合が
多いと思います。側臥位にしなくても仰臥位(ベッドアップ30度~45度)で
顔を横に向け、頭部をやや前屈させたほうが、気管への流入を少しでも
抑えることが出来ます。


◆ 口腔内の観察

ペンライトや歯科用ミラー等を使用して
満遍なく注意深く観察します。
歯石、歯垢、虫歯、破折、動揺などの
有無、義歯の有無や装着状態、舌の色や
舌苔の程度、乾燥状態、潰瘍などの
有無、発赤、腫れ、出血などの有無
付着物などの有無、口腔内の乾燥状態、
開口障害の有無や程度、嚥下機能や障害
の程度、口臭の状態などを観察します。



◆ 口腔ケアの実践

口唇や口腔内を湿らせてから、ブラッシング等を実施します。
歯全体を1本ずつしっかりブラッシングします。
歯と歯の間、歯と歯肉の境は小刻みにブラッシングします。
歯ブラシだけでは清掃が困難な歯と歯の間を、デンタルフロスや
歯間ブラシ等を使用して歯垢を除去します。
舌の上面(舌背)の舌苔に対しては、専用の舌ブラシや
スポンジブラシなどを使用します。
舌ブラシは舌の奥から手前に向けて軽く擦ります。
口蓋や頬の粘膜などは、スポンジブラシやソフトガーゼなどを
使用して付着物を取り除きます。
最後に、洗浄・吸引します。
誤嚥しないように、吸引管や吸引チューブ付きの歯ブラシなどで
しっかり吸引します。


◆ 注意すること

口腔ケアが実施できる状態かどうか病状を把握しておきます。
出血傾向や感染症のある方は事前に把握しておきます。
気管内への流入を防ぐためには、カフ圧をやや高めにしてから
ケアを実施します。*ケア後は必ず、適正な圧に戻します。
体位も対象者に合った姿勢にします。
口腔内に液体が溜まらないように、吸引やスポンジ、ガーゼなどで
液体をこまめに取り除きます。
口腔内に歯ブラシやガーゼ、スポンジ等を挿入する時は、湿らした後、必ず余分な水気はきっておきます。


介護職員等の方が実施する場合は、医師や看護職員等からの指導などをふまえ、
対象者に合った安全で効果的なケアが出来るように検討しておきます。

◆メモ◇~~~~~~~~~◆
口腔内の細菌の繁殖について
口腔ケアで細菌が減少しても、5~6時
間後には元に戻るといわれています。
継続的に口腔ケアを実施することで、
徐々に細菌数は減少すると言われています。

口腔ケアの回数
一般的には4時間ごとに実施すると良い
と言われているようですが、対象者の
状態や介護する方の状況も考慮して、
検討することが必要です。
回数よりも、歯垢を確実に除去すること
がより重要になります。

洗口液について
口腔内を洗浄する為の洗口液には、緑茶
や白湯、水道水など家庭内で準備できる
ものから、消毒剤や消炎剤、保湿剤、
口臭予防剤、清涼剤などが配合された市
販のものまで、色々あります。
口腔内の状態や個人に合った洗口液を
選択することが必要になります。
◆~~~~~~~~~~~~~~◆

 





◇参考文献
書籍
「呼吸サポートチームのための呼吸管理セーフティーBOOK」
メディカ出版 p142~p144 p181~p182
「人工呼吸ケアのすべてがわかる本」照林社 p229~p230
「実践できる在宅看護技術ガイド」学研 p151~p154
「介護職員のための医療的ケア」ミネルヴァ書房 p120
「気管切開 最新の主義と管理」改訂第2版 医学図書出版株式会社 p147~p148

インターネット
ウィキペディアHP内
//ja.wikipedia.org/wiki/口腔ケア

開設日:2017/01/24