口腔ケアの手順2:口腔ケアの実践


ここでは気管切開で人工呼吸器を装着し
ている場合の、口腔ケアの例を簡単に
まとめてあります。
対象者の状態やケアする人により、必要
物品や細かな手技などは異なる部分もあ
りますので、一つの例としてご利用ください。

■ 対象者が仰臥位の時の口腔ケアの実践 例

必要物品や対象者の準備等が整ったら、口腔ケアの実践に入ります。
仰臥位(ベッドアップ30度~45度)で顔を横に向け、頭部をやや前屈させた
姿勢で口腔ケアを実施します。(誤嚥を予防する為)
義歯がある場合は取り外しておきます。

口腔ケアしているときは、カフ圧を少し高めに設定し、終了後は必ず
適正な圧に戻します。

<口腔内の清拭・洗浄・消毒・保湿 例>

① 口唇を湿らす
唇が乾燥していると、口を開いた時に出血する場合がある為
水を含んだガーゼなどで湿らします。

② 口腔内をライトで照らす
口腔内がよく観察できるようにライトで照らします。
開口が困難な場合は、開口器やバイトブロックなどで保持します。

③ 口腔内を湿らす
口腔内に乾燥したところがあれば、水などを浸み込ませたガーゼや
スポンジブラシなどで湿らすと同時に、食物残渣物などを取り除きます。
特に口唇と歯茎の間や歯茎と頬の間は残渣物が溜まりやすいので注意します。
ガーゼを使用する場合は、人差し指に巻いて拭き取ります。
ガーゼやスポンジブラシを湿らす時は、余分な水気はよくきっておきます。

④ 歯ブラシでブラッシング
歯ブラシの先を洗って、水分をガーゼなどよく拭き取ります。
歯ブラシに歯磨き剤を少量つけます。
歯ブラシは、鉛筆を持つときと同じ持ち方をした方が、操作がし易いです。
歯全体を1本ずつしっかりブラッシングします。
歯と歯の間、歯と歯肉の境は小刻みにブラッシングします。

⑤ デンタルフロスや歯間ブラシで清掃
歯ブラシだけでは清掃が困難な歯と歯の間を、デンタルフロスや歯間ブラシ等
を使用して歯垢を除去します。
口腔ケア中は、唾液腺が刺激を受けるため、唾液が貯留しやくすなります。
取り除いた歯垢や歯磨き剤などが混ざった唾液を、誤嚥させないように、
その都度、ガーゼで拭き取ったり、吸引管などで吸引します。

⑥ 舌や口蓋などの清掃
舌の上面(舌背)の舌苔に対しては、専用の舌ブラシやスポンジブラシなど
を使用します。
舌ブラシは舌の奥から手前に向けて軽く擦ります。
口蓋や頬の粘膜などは、スポンジブラシやソフトガーゼなどを使用して
付着物を取り除きます。
1回で取り除くことが出来なかったら、数回に分けて実施します。
舌や口蓋などが乾燥している場合は、保湿ジェルなどを塗布して、
軟らかくしてから除去すると、粘膜の損傷を防ぐことが出来ます。
奥の方から手前に向けて清拭します。

⑦ 洗浄・吸引(自分でうがいが出来ない場合)
歯磨き剤や除去された歯垢などをきれいに取り除きます。
洗口液などを使用して洗浄します。
洗浄液を口腔内に注入する時は、注射器やスポイトなどを利用すると
便利です。
誤嚥しないように、吸引管や吸引チューブ付きの歯ブラシなどで
しっかり吸引します。

⑧ 保湿剤の塗布
口腔内や口唇の乾燥が強い場合は保湿剤を塗布します。


■義歯の清掃

義歯専用の歯ブラシか少し固めの歯ブラシで磨きます。
流水にかけながらブラッシングします。
通常の歯磨き粉には研磨剤が含まれている為、歯磨き剤は使用しません。
義歯に細かい傷がついたり、擦り減ったりします。
使用する場合は義歯専用の歯磨き剤を使用します。
変形や破損しないように注意します。
義歯専用の歯ブラシを使用すると、手入れがし易く、破損などのリスクが
より低くなります。


介護職員等の方が実施する場合は、医師や看護職員等からの指導などをふまえ、
対象者に合った安全で効果的なケアが出来るように検討しておきます。

◆メモ◇~~~~~~~~~◆
口腔内の細菌の繁殖について
口腔ケアで細菌が減少しても、5~6時
間後には元に戻るといわれています。
継続的に口腔ケアを実施することで、
徐々に細菌数は減少すると言われています。

口腔ケアの回数
一般的には4時間ごとに実施すると良い
と言われているようですが、対象者の
状態や介護する方の状況も考慮して、
検討することが必要です。
回数よりも、歯垢を確実に除去すること
がより重要になります。

洗口液について
口腔内を洗浄する為の洗口液には、緑茶
や白湯、水道水など家庭内で準備できる
ものから、消毒剤や消炎剤、保湿剤、
口臭予防剤、清涼剤などが配合された市
販のものまで、色々あります。
口腔内の状態や個人に合った洗口液を
選択することが必要になります。
◆~~~~~~~~~~~~~~◆

続きはこちらです→ 口腔ケアのまとめ


 





◇参考文献
書籍
「呼吸サポートチームのための呼吸管理セーフティーBOOK」
メディカ出版 p142~p144 p181~p182
「人工呼吸ケアのすべてがわかる本」照林社 p229~p230
「実践できる在宅看護技術ガイド」学研 p151~p154
「介護職員のための医療的ケア」ミネルヴァ書房 p120
「気管切開 最新の主義と管理」改訂第2版 医学図書出版株式会社 p147~p148

インターネット
ウィキペディアHP内
//ja.wikipedia.org/wiki/口腔ケア

開設日:2017/01/20