人工呼吸器装着時の合併症・人工呼吸器関連肺炎(VAP)


ここでは主に介護職の方が、在宅で侵襲的人工呼吸療法を受けている方に対する
ケアについてまとめてあります。介護職員等の方がケアする場合の対象者は、
状態が安定している方になります。

■人工呼吸器装着時の合併症について
人工呼吸器装着時の主な合併症には、人工呼吸器関連肺炎(VAP)、肺胞内圧
の上昇による損傷、無気肺、多臓器への影響、酸素中毒、気道のトラブル、精神
的ストレスによるもの等、様々な合併症があります。
ここでは人工呼吸器関連肺炎(VAP)についてまとめてみました。

■人工呼吸器関連肺炎(VAP)とは?
人工呼吸器関連肺炎とは、人工呼吸器を装着して48時間以降に新たに発生した
肺炎のことです。人工呼吸器装着以外の特別な原因がなく発生する肺炎になりま
す。

◆原因
大別すると、誤嚥によるよる肺炎と細菌吸入による肺炎があります。
誤嚥による肺炎は、鼻腔、口腔、咽頭などの分泌物や胃内の内容物などがカフと
気管壁の隙間を通り、気管・肺へ流入することで発生します。
栄養チューブを挿入している場合は、チューブを伝って細菌が気管内へ侵入する
場合もあります。
細菌吸入による肺炎は、呼吸器回路の洗浄・消毒・滅菌・乾燥が不十分だった
場合や、気管内吸引時の不潔操作、呼吸器回路内に侵入した細菌を吸入すること
で発生します。
呼吸器回路内に細菌等が侵入する経路には、呼吸器回路内の水抜き、回路などの
交換、加温加湿器の滅菌水の補給等を、不適切な操作で行った場合に微生物が
侵入します。
加温加湿器の汚染された水は、結露となって呼吸器回路内に付着します。
加温加湿器の滅菌水に微生物が侵入した場合は、細菌が繁殖し易くなります。
汚染されたネブライザーの溶液(エアロゾール)を吸入することでも肺炎を
発生します。

※肺炎を発生しやすい病態もあります。
糖尿病の患者さんやステロイド剤等を使用している方などは、人工呼吸器関連
肺炎に罹りやすくなります。

続きはこちらです→ 人工呼吸器関連肺炎対策:誤嚥による肺炎の防止




 ◇参考文献
 書籍
「呼吸サポートチームのための呼吸管理セーフティーBOOK」メディカ出版 p25~p26
「人工呼吸ケアのすべてがわかる本」照林社 p228~p229
「器械的人工呼吸マニュアル」ナース専科 文化放送ブレーン p115~p116
「実践できる在宅看護技術ガイド」学研 p151

開設日:2017/01/07