人工呼吸器装着時の具体的なケア:気管カニューレからの吸引:注意すること等


ここでは主に介護職の方が在宅で侵襲的人工呼吸療法を受けている方に
対するケアについてまとめてあります。
介護職員等の方がケアする場合の対象者は、状態が安定している方になります。



◆ 気管カニューレからの吸引:注意すること等

コネクタの着脱の時に、人工呼吸器のフレキシブルチューブなどの
内側に溜まった水滴が、気管カニューレ内に落ちないように注意します。

水滴が気管内に流入すると、肺炎のリスクを高めたり、
咳嗽の誘発等で苦痛を与えるリスクが高くなります。


コネクタはフレキシブルチューブの先に付いており、気管カニューレと
接続する部分です。

コネクタの着脱は利き手で行い、片手でも簡単に取りは外すことが出来るように
接続部分を少し緩めておきます。
紐などで固定してある場合は、紐などをほどいておきます。
フレキシブルチューブが気管カニューレより高くならないようにします。
コネクタを外すタイミングは人工呼吸器から空気が送り込まれ、
胸郭が拡がったのを確認してからになります。
コネクタを取り付けるときは、フレキシブルチューブ内の水滴を、
よくはらってから接続します。

吸引の刺激でカフ圧が変化する時もあります。
カフ圧が低下した場合や呼吸器回路に問題がある場合は、エアリークの
可能性があるため、気道内圧が低下していないか確認が必要です。
反対に気道内圧が高ければ、痰などが残っている可能性もあります。

1回で吸引しきれない場合は、一度、呼吸器に接続して呼吸が整ってから
2回目の吸引を実施します。

肺炎のリスクを少しでも低下させるために、サイドチューブからの吸引を
習慣付けておくことも大切です。

栄養チューブが挿入されている場合は、口腔内にチューブが出てきていないか
確認します。

パルスオキシメーターを装着している場合は、吸引前と吸引中、吸引後や、
状態が変化した時など、数値に変動がないか、常に意識してケアにあたります。


介護職員等の場合は、異常の早期発見に努め、バイタルサインなどの数値の
異常や患者さんの状態の変化、呼吸器や気管カニューレなどに関する異常などが
ある場合は、早急に看護師などに報告することが大切になります。
直接的な対策や処置(痰の吸引や応急処置以外)や、判断等は医師又は
看護職員になります。


◆ メ モ ◇ ~~~~~~~~~

サイドチューブ付き気管カニューレについて
カフ上部の吸引機能付きの気管カニューレのことです。
製品によって名称は異なります。
カフの上部に吸引口が付いています。
カフの上部に溜まった分泌物を、サイドチューブを介して
吸引できるようになっています。
カフの上部に溜まった分泌物(唾液や鼻汁など)などが、
少しでも肺へ流れ込まないようにし、
肺炎のリスクを低下させる役割があります。

サイドチューブからの吸引について
サイドチューブからの吸引は、気管カニューレからの吸引の前後に実施します。
気管内吸引時は陰圧になるため、カフ上部に溜まった分泌物が、カフの隙間を
通って肺の方へ流入しやすくなります。
気管内吸引前は当然実施しますが、吸引後にも実施するのは、陰圧により、
唾液や鼻汁などの分泌物がカフ上部の方に再び溜まる可能性があるためです。
気管カニューレからの吸引の前後に実施することで、肺への流入をより
軽減できる可能性があります。
気管内吸引の前後以外には、カニューレ交換などの時の抜管前に実施します。
吸引の方法は、吸引器の接続管とサイドチューブをつないで、吸引します。

侵襲的人工呼吸療法
気管挿管や切開気管して気管に留置し管に、人工呼吸器を接続して
呼吸管理を行う療法を、侵襲的人工呼吸療法といいます。
在宅では気管切開下陽圧換気(TPPV)が主流です。
これに対し、口や鼻にマスクを装着して人工呼吸器を接続して、
呼吸管理を行うことを、非侵襲的人工呼吸療法といいます。
非侵襲的陽圧換気(NPPV)が主流です。

~~~~~~~~~~~~~~





◇参考文献 
インターネット
厚生労働省HP内
喀痰吸引等指導者マニュアル(第三号研修) p110
www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_
kaigo/shougaishahukushi/kaigosyokuin/dl/manual_all.pdf
平成24年度 喀痰吸引等指導者講習事業(第三号研修指導者分)資料
www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/kaigosyokuin/

書籍
「ナース必携最新基本手技AtoZ 保存版」エキスパートナース 小学館 p74~
「呼吸サポートチームのための呼吸管理セーフティーBOOK」メディカ出版 p120~p
「介護職員等のための 医療的ケア 喀痰吸引・経管栄養等の研修テキスト」
 公益財団法人 日本訪問看護財団(編) p98~
「気管吸引のガイドライン完全準拠 わかる!できる!
 気管吸引あんしん教育ガイド」 メディカ出版 p20~
「人工呼吸ケアのすべてがわかる本」照林社 p134~
「器械的人工呼吸マニュアル」ナース専科 文化放送ブレーン p95~
「写真でわかる臨床看護技術2」インターメディカ p50~


開設日:2015/11/
リニューアル : 2017/08/25