人工呼吸器装着時の介護:具体的なケア:観察ポイントなど


ここでは主に介護職の方が在宅で侵襲的人工呼吸療法を受けている方に
対するケアについてまとめてあります。
介護職員等の方がケアする場合の対象者は、状態が安定している方になります。



◆ 対象者に対する観察項目

○全身状態の把握
呼吸状態の確認
顔や口唇色の観察
四肢末端の皮膚の温度や色
バイタルサインのチェック(脈拍、呼吸回数、体温など)
対象者への声かけ時の反応  など

全身状態の観察では、気管切開をされている方で人工呼吸器を装着していない
時のケアと基本的には同じです。

詳細は下記をご参照ください。
全身状態の観察のポイント


◆ 人工呼吸器のチェック

○正常に作動しているか
指示通りの設定になっているか。
異常音はないか。 など

○呼吸器の電源のチェック
主要電源の差し込み口やバッテリーの確認。

○呼吸回路や付属品に問題はないか
破損や亀裂などがないか。
各接続部分がしっかりとつながっているか。
蛇管やウォータートラップなどに水滴が溜まってないか。
加温加湿器を使用している場合は、温度や水の量は適切か。
人工鼻を使用している場合は、目詰まりがないか確認。など

◆ 気管切開に関する観察項目

・気管カニューレ内からの出血の有無
・挿入部やカニューレの接触による気道の痛みの有無
・切開部のガーゼなどの汚染の有無(出血、浸出液など)
・気管カニューレの固定の状態(きつすぎたり、緩んでいないか)
・皮膚の異常(固定紐などの接触部分や気管カニューレ挿入部周辺の
皮膚損傷の有無)
・気管カニューレのカフの状態(エアリークの有無) など

人工呼吸器を装着している場合は上記に加え、人工呼吸器回路の
接続部分(Yピース、人工鼻、フレキシブルチューブなど)の観察も
必要になります。気管カニューレにしっかり接続されているか確認します。又、破損や亀裂などの有無も確認します。


◆ 応急処置の準備

人工呼吸器の不具合や突然の停止などで正常に機能しない場合は、
手動で人工呼吸をする必要があります。
アンビューバッグ等の必要物品は常に確認しておきます。


◆ 感染に関する観察項目など

痰の性状や量。
口腔の清潔保持。
痰吸引時の清潔操作。
呼吸器回路の交換や水抜きなどの時の清潔操作。
バイタルサインのチェック
*特に体温の変化に注意します。


◆ 観察ポイント

対象者の部屋に入って、最初に観察することは、対象者の呼吸状態になります。
呼吸器と対象者の呼吸とが同調しているか確認します。
パルスオキシメーターによる経皮的動脈血酸素飽和度の数値から換気が
十分に行われているか確認します。
ほぼ同時に全身状態も観察します。
その後、呼吸器の設定などの確認をします。
状態に異常がないことを確認できたら、
呼吸器回路などのチェックを行います。

感染の徴候を見逃さない為には、痰の観察が重要になります。
性状や量の変化に注意します。

人工呼吸器を装着している場合は、呼吸器との同調や呼吸器のチェックなどが
必要になります。
主要電源の位置やバッテリーの充電などを常に確認することも重要になります。


介護職員等の場合は、異常の早期発見に努め、バイタルサインなどの
数値の異常や患者さんの状態の変化、
呼吸器や気管カニューレなどに関する異常などがある場合は、
早急に看護師などに報告することが大切になります。
直接的な対策や処置(痰の吸引や応急処置以外)や、判断等は医師又は
看護職員になります。



◆ メ モ ◇ ~~~~~~~~~

侵襲的人工呼吸療法
気管挿管や切開気管して気管に留置し管に、人工呼吸器を接続して
呼吸管理を行う療法を、侵襲的人工呼吸療法といいます。
在宅では気管切開下陽圧換気(TPPV)が主流です。
これに対し、口や鼻にマスクを装着して人工呼吸器を接続して、
呼吸管理を行うことを、非侵襲的人工呼吸療法といいます。
非侵襲的陽圧換気(NPPV)が主流です。

~~~~~~~~~~~~~~

続きはこちらです→ 具体的なケア:気管カニューレからの吸引





◇参考文献 
書籍
「介護職員等のための 医療的ケア 喀痰吸引・経管栄養等の研修テキスト」
 公益財団法人 日本訪問看護財団(編) p69~p72
「実践できる在宅看護技術ガイド」学研 p132~p134
「呼吸サポートチームのための呼吸管理セーフティーBOOK」メディカ出版 p224~p226

開設日:2015/11/
リニューアル : 2017/08/24