人工呼吸器装着時の介護:必要な知識 人工呼吸器の点検・まとめ


人工呼吸器や付属品などの種類によって取り扱い方は異なりますので、
詳細に関しては各人工呼吸器及び付属品などの説明書をお読みください。



◆ 使用前の主なチェック項目

○アラーム作動のチェック
アラームには、電源、供給ガス、下限圧(又は低換気)、上限圧、
無呼吸アラームなどがあり、それぞれ取扱説明書に則って実施します。

○呼吸器回路のチェック
正しい方向にセッティングされているか
回路が正しくしっかり接続されているか
蛇管や付属機器の破損などがないか。
回路のねじれや折れ曲がりがないか。
水滴が溜まっていないか。

加温加湿器の場合は、温度と水位も確認します。
ウォータートラップは、容器の向きや高さが適切か確認します。
人工鼻を使用するときは、加温加湿器やネブライザーが取り付けられて
いないことを確認します。

○その他
電源や供給ガス源の確認。
酸素濃度の確認。


◆ 使用中の主なチェック項目

使用中の人工呼吸器のチェックは、異常がなくても訪問ごとに実施します。

○人工呼吸器との同調の確認
人工呼吸器が問題なく作動し、対象者の呼吸と同調していることを確認します。
人工呼吸器のモニターを見ながら、設定通りになっているか確認します。
トラブルが起きた時の手動式人工呼吸(アンビューバック等)
が準備されているか確認します。

○呼吸器回路のチェック
蛇管やコネクタ、ウォータートラップ、加温加湿器等に破損や亀裂がないか、
同時にリークがないか確認します。

○各フィルターの点検
呼気側、吸気側、人工鼻の各バクテリアフィルターが、埃などで目詰まり
していないか確認します。

○機器周辺のチェック
人工呼吸器周辺の環境をチェックします
電源コード、ガス供給ラインなどは、床などに垂れていなか。
電源プラグが予め壁面などに取り付けられている電源コンセントに
確実に接続されているか。
空気の循環を妨げていないか。
呼吸器本体は安定した安全な場所に設置されているか。

○その他
呼吸器本体の焼ける臭いや雑音等、いつもと違う状態や、可能であれば
対象者本人からの使い心地なども確認します。
人工呼吸器本体のエアフィルターの点検
バッテリー残量の確認。
体動中、体動後の回路の確認。


◆ 使用後の主なチェック項目

人工呼吸器使用後の点検は、次回に使用する為の安全確保に欠かせない
作業になります。

○呼吸回路や付属品などのチェック
再利用するものは亀裂や破損、変形など不具合がないか確認します。
交換が必要な部品は新品と交換します。
部品の欠落や紛失も確認します。

○バッテリーのチェック
バッテリーの交換時期や容量を確認します。

○定期点検時期の確認
メーカーなどによる定期的な点検時期を確認します。


人工呼吸器の種類によりチェック方法は多少異なります。
人工呼吸器や付属品などの種類によって取り扱い方は異なりますので、
詳細に関しては各人工呼吸器及び付属品などの取扱説明書をお読みください。



◆ メ モ ◇ ~~~~~~~~~

リークが起きやすい箇所
呼気弁周辺、加温加湿器周辺、蛇管のピンホール(ごく小さな孔)
気管カニューレのカフ圧低下によるもれ など。

~~~~~~~~~~~~~~

続きはこちらです→ 観察ポイントなど





◇参考文献 
インターネット
医薬品医療機器総合機構HP内
人工呼吸の安全セミナーテキスト
http://www.pmda.go.jp/files/000144877.pdf#page=2
医療従事者のための医療安全対策マニュアル p149~p154
www.pmda.go.jp/files/000146118.pdf
人工呼吸器安全使用のための指針 第 2 版 p69
www.pmda.go.jp/files/000143931.pdf
厚生労働省HP内 
人工呼吸器チェックリスト(ベアーカブ750psv)
www.mhlw.go.jp/shingi/2007/11/dl/s1105-2d_0010.pdf  
ウィキーペディア
ja.wikipedia.org/wiki/オーバーホール

書籍
「人工呼吸ケアのすべてがわかる本」照林社 p356~
「気管吸引のガイドライン完全準拠わかる!できる!気管吸引あんしん教育ガイド」MCメディカ出版 p86
「呼吸サポートチームのための呼吸管理セーフティーBOOK」メディカ出版 p199
「ロールプレイで学ぶ呼吸ケア・呼吸管理のキーポイント」MCメディカ出版 p254
「器械的人工呼吸マニュアル」文化放送ブレーン p17

開設日:2015/11/
リニューアル : 2017/08/23