人はいつか介護者となりそして介護される側になります。その日のためにきょうから少しずつ心の準備を始めてみませんか?
                                       ホームヘルパー   




ホーム サイトの説明 管理人プロフィール メルマガ紹介 お役立ち商品 免責事項 お問合せ

介護保険制度  介護サービス  要介護・要支援認定  介護保険三施設  ケアマネ  介護福祉士  ホームヘルパー  医療行為  研修

  ホームヘルパー : ホームヘルパーの研修(介護保険制度下での研修)


  ホームヘルパーの研修(介護保険制度下での研修)について

  現在(平成27年3月現在)介護保険制度の下で実施されている

  研修は、介護職員初任者研修と実務者研修になります。

  
*他にも喀痰吸引等の研修がありますが、ここでは上記二つの
   研修についてまとめてあります。
   喀痰吸引等の研修については下記をご参照ください。

   介護職員等の医療行為に関する研修内容について(当HP内)


  
○介護職員初任者研修

   研修時間
    合計(講義と演習) 130時間
     *実習は任意(8時間)

   研修内容
    職務の理解 6時間 
    介護における尊厳の保持・自立支援  9時間
    介護の基本 6時間
    介護・福祉サービスの理解と医療との連携 9時間
    介護におけるコミュニケーション技術 6時間
    老化の理解  6時間
    認知症の理解  6時間
    障害の理解  3時間
    こころとからだのしくみと生活支援技術  75時間
     *この科目の中で演習(10時間〜12時間)
    振り返り  4時間
     *研修全体を振り返り、研修を通して学んだことの再確認など

   研修の経過措置
   ・ホームヘルパー1・2 級、介護職員基礎研修修了者は
    介護職員初任者研修の修了要件を満たしていると判断。

   ・介護職員として実務経験を有している人で、同等の知識や技術があると
    認められた人は研修の一部が免除。

   ・看護師等の資格を有している人は介護職員初任者研修の修了要件を
    満たしている。

   ・実務者研修修了者は都道府県の判断により全科目を免除。


  
○実務者研修

   研修時間
    合計 450時間

   教育内容
    人間と社会(合計40時間)
     人間の尊厳と自立 5時間
     社会の理解1 5時間
     社会の理解2 30時間

    介護(合計190時間)
     介護の基本1 10時間
     介護の基本2 20時間
     コミュニケーション技術 20時間
     生活支援技術1 20時間
     生活支援技術2 30時間
     介護過程1 20時間
     介護過程2 25時間
     介護過程3(スクーリング・面接授業) 45時間

    こころとからだのしくみ(合計170時間)
     発達と老化の理解1 10時間
     発達と老化の理解2 20時間
     認知症の理解1 10時間
     認知症の理解2 20時間
     障害の理解1 10時間
     障害の理解2 20時間
     こころとからだのしくみ1 20時間
     こころとからだのしくみ2 60時間

    医療的ケア 50時間
     講義 50時間
     *講義とは別に演習もあります。

   読み替えが出来る研修と必要な受講時間
    介護職員初任者研修 320時間
    訪問介護員1級(ホームヘルパー1級)研修 95時間
    訪問介護員2級(ホームヘルパー2級)研修 320時間
    訪問介護員3級(ホームヘルパー3級)研修 420時間
    介護職員基礎研修 50時間


  
○通信課程の活用
   負担を軽くするために、多くの人は通信課程を利用しているようです。
   スクーリング(面接授業)の45時間と医療的ケアの演習以外は、
   通信教育で受講が出来ます。

 
◆メモ◇ 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  
ホームヘルパーの旧研修内容
  「介護職員基礎研修」
    研修時間は合計500時間。
    講義・演習が360時間、施設などでの実習時間が140時間。
    
*2013年(平成25年)度から廃止され、実務者研修に一元化。

  「ホームヘルパー1級」
    より質の高い知識や技術を習得。主任ヘルパーを養成。
    230時間の講習が必要。
    
*2013年(平成25年)度から廃止され、実務者研修に一元化。

  「ホームヘルパー2級」
    介護中心で、130時間の講習。
    
*2013年(平成25年)度から廃止され、介護職員初任者研修として
     新たにスタート。


  「ホームヘルパー3級」
   家事が中心で、50時間の講習。
    
*平成21年度から、介護報酬の算定から除外。
     研修制度が廃止。


 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  
※参考引用文献はこのページの下部に記載しています。

  続きはこちらです⇒ ホームヘルパーの業務と活躍の場




 ホームヘルパー 項目

    ホームヘルパーとは?

    ホームヘルパーの種類

    ホームヘルパーの研修について

    ホームヘルパーの業務と活躍の場



 介護保険関連 項目

    介護保険制度

    介護サービス

    要介護・要支援認定

    介護保険三施設

    ケアマネジャー

    介護福祉士

    ホームヘルパー

    介護職員等の医療行為

    介護職員等の医療行為に関する研修


トップに戻る



 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
  参考文献

  厚生労働省HP内
   介護人材の確保について p41〜
    http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_
    Shakaihoshoutantou/0000065765.pdf
   介護職員初任者研修カリキュラム p8〜p12
    http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11901000-Koyoukintoujidoukateikyoku-Soumuka/0000053436.pdf
   介護職員初任者研修
    http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12300000-Roukenkyoku/0000054113.pdf

  日本ホームヘルパー協会HP内
   http://nihonhelper.sharepoint.com/Pages/helper.aspx

  ウィキーペディアHP内
   http://ja.wikipedia.org/wiki/訪問介護員

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 開設日  :  ???
 更新・リニューアル  : 2010/03/16 2015/03/19









痰を出しやすくする方法

口腔内吸引

気管カニューレからの吸引

口腔及び鼻腔からの気管内吸引

気道に異物が詰まった時は?

誤嚥

経管(経腸)栄養法の具体的なケア

床ずれ(褥瘡)

足湯(足浴)

お口のケア





痰の観察:痰とは?

痰の観察でわかること

中心静脈栄養法について

口腔内吸引について

痰などの吸引について

介護職員などの医療行為

子どもの看護・発熱

痰を出しやすくする方法

誤嚥

要介護・要支援認定について

褥瘡が出来やすい部位(好発部位)

痰の性状で考えられる主な原因

痰の色で考えられる主な原因

タッピング(カッピング)

痰の量が多くなる主な原因

気管カニューレからの吸引

体位交換、体位ドレナージ

口腔内吸引:吸引の準備

経管栄養法について

国内の死亡原因

介護の豆知識

  ナースのホームペー
  ナースのホームページ New!(モバイル用)
  へるすナビ
  かいご保険インフォメーション


高齢者介護   呼吸器ケア  栄養の管理   介護保険制度   介護職員の医療行為   介護の豆知識   介護お役立ちメモ   医療廃棄物について   子どもの看護

  看護医療情報   気になるニュース   インフルエンザと風邪    食中毒   海外で注意すべき感染症   医療・看護専門用語集   最新介護医療情報   高度先進医療

  スマホ向けHP   PDFダウンロードページ  お役立ち商品紹介ページ   メルマガ案内






トップに戻る





C o p y r i g h t (C)  2 0 0 5 〜   「 N u r s i n g  I n f o rm a t i o n 」  A l l  R i g h t s R e s e r v e d