知里幸恵は1903(明治36)年、この記念館のある現在の登別本町2丁目、ヌプ(登別川)沿いで生まれ、幼少のころを過ごしました。父高吉、母ナミは、知里と金成の出身のアイヌです。7歳のとき旭川に移り住み、19歳まで母ナミの姉、金成マツや、祖母モナシノウクと共に旭川で暮らしました。
幸恵は、アイヌで初めてアイヌの物語を文字化した『アイヌ神謡集』の著者として知られています。13篇のカムイユカ(神謡)が収められているこの著作のアイヌ語表記と対訳、及び序文は高い評価を受けています。1922(大正11)年5月、幸恵は上京しますが、心臓病のため、同年9月18日、19歳という短い生涯を閉じました。アイヌとしての民族意識と誇りをしっかりと持ち、アイヌ語を伝えるという使命を果たした幸恵は、没後、その著書と、そこにこめられた精神によってさまざまな人たちに感銘を与えて続けています。