カウンター
[PR] ブログ

☆冬季閉館のお知らせ☆
 
今年から、当記念館は冬季閉館期間を設けることとなりました。
 
下記の期間、冬季閉館といたしますので、ご来館の方はご注意ください。

2016年12月20日(火)〜2017年2月28日(火)

冬季間はどうしても来館者が少なくなること、
運営スタッフの負担軽減、などを鑑み、
先日の知里森舎理事会で決定いたしました。

雪景色の記念館も素敵なのですが、苦渋の決断です。
今後ともよろしくお願いいたします。


☆新館長のご紹介☆

当記念館の新しい館長をご紹介します。

金崎重彌(かねざき しげや)

昭和20年札幌生まれ 室蘭在住
長年、室蘭、苫小牧、伊達など胆振管内の小学校の教員、校長を務め、
退職後は知里森舎の活動に参加。
伊達市での教員時代に、北黄金貝塚に触れ、縄文からアイヌ文化への繋がりに興味を持ったのがきっかけで子供達と一緒にアイヌ文化を学んできました。
 
「むつみさんの尽くされたことから学ぶことが一杯でした。
幸恵さんやアイヌ文化を理解してもらいたい、と思います。
ぜひいらしてください。」との言葉です。

いつでも柔らかい物腰の金崎新館長です。
ご来館の際は気軽にお声がけください。

館長が変わっても、記念館の方針は変わりません。
横山むつみが作り上げたこの記念館を皆で守っていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

そして、横山むつみは「永世館長」としてその名前を守っていくことになりました。

☆アイヌ神謡集 連続学習会 今後の予定☆

知里森舎 浅野先生による「アイヌ神謡集 学習会」は
序文、第1話、第2話の会が終了し、
10月からの再開は、第3話からスタートしました。

次回は11月19日(土)13:30〜 第4話
資料代として200円いただきます。

記念館が冬季閉館となりましたので、
12月に予定していた第5話は、来年の3月11日(土)に変更になります。
ご注意ください。
以降、基本的に第2土曜日13:30〜の予定で進んでいきます。
みんなで一緒に学びましょう!
 

☆知里真志保を語る会 講演会のご紹介☆

知里幸恵の弟、知里真志保は有名なアイヌ語研究者です。
「知里真志保を語る会」主催で、大変興味深い講演会が開かれますのでご紹介いたします。

著書「アイヌ学入門」が高く評価されている旭川市博物館館長の瀬川拓郎さんの講演です。
演舞として登別古式舞踊保存会「フンペ」の皆さんの踊りもあります。

2016年10月29日(土)13:30〜16:00
会場:ホテル平安(登別市中央町5丁目1−1)
入場無料

ぜひご参加ください!


23日は一日中しとしとと雨が降る続ける中、
当記念館の館長、横山むつみのお別れの会が執り行われました。

展示室を片付けて、臨時の会場としております。
記念館のことを愛した横山のたっての希望でありました。
決して広くはない記念館に130人を超える方々にお集まりいただき、
本当に全員の想いが館いっぱいに溢れるような式になりました。
ありがとうございました。

北海道大学の北原次郎太先生によるアイヌ式のお別れの儀式も執り行われ、
先生の手によるアイヌ民族の墓標が棺に入れられました。
これも横山の希望だったので、とても喜んでいることでしょう。

祭壇の横には横山が自分で縫った衣装が飾られました。
後ろには知里幸恵の像。
記念館でのいろいろな儀式の際にはこれを着た横山の姿があったことを思い出します。

参列の方に配布された式次第には可愛らしい笑顔の横山むつみが印刷されました。
この笑顔と、その中にある熱い意志を、残された者で引き継いでいきたいと思います。




知里幸恵とは


記念館のご案内


交通アクセス


知里森舎


知里幸恵 友の会


アイヌ文化のお話


関連書籍

知里幸恵 銀のしずく記念館

 
〒059-0465
北海道登別市
登別本町2丁目34-7
TEL/FAX 0143-83-5666
MAIL shirokanipe@amail.plala.or.jp
 
■開館時間
AM 9:30~PM 4:30
(入館はPM4:00まで)
 
■休館日
火曜日(祝祭日のぞく)
冬季(12月20日~2月28日)
 
■交通機関
・JR登別駅から徒歩15分
・高速バス「登別」停留所より
 徒歩10分
・登別東ICより約5分
詳しくはこちら
 
■入館料
大人          500円   
団体(10名以上)  450円
登別市内在住者  250円
高校生        200円
小・中学生      100円