Shimizu Tatsuo Memorandum


トップページへ                 著作・新刊案内
きのうの話      

Archive 2002年から2022年6月までの「きのうの話」目次へ

 

2023.1.1
 明けましておめでとうございます。
 明るくて穏やかな、素晴らしいお天気の新年を迎えました。
 空気が凜とすみ、地面は霜で真っ白、西の空には富士山がくっきりと、文句なしの日本晴れでした。
 昨年はすっかりサボってしまい、申し訳ありませんでした。
 はじめはちょっと後ろめたかったのですが、慣れてしまえば、これはこれで楽でいいやと、すっかり横着を決め込んでいました。
 そしたらかなりの方から、問合せや反響があったのでびっくり。
 どうやらみなさんこの欄を、わたくしの安否を知る手がかりとして、ときどきのぞいてらっしゃったようなのです。
 それが途絶えたものだから、なにかあったんじゃないか、体調をくずしたんじゃないかと、あれこれ憶測なさったわけです。
 ご心配なく、ぜーんぜん、そんなことはありませんでした。
 駄馬はその後も無病息災、いたって元気に、のほほんとその日暮らしをしておりました。
 この間86歳を迎えました。
 本日からは、新しい日記帳への記載がはじまります。
 5年連用日記が終わるので、年末に新しい日記帳を買いに行ったのです。
 そしたら5年連用が売り切れてて、10年連用しかなかった。
 うーん、あと10年も使うことはないだろう、とは思うけれど、まあしようがないか。
 根がケチだから、2、3年で終わらせてはもったいない。
 この分だと、日記帳代惜しさに(5720円)長生きするかもしれないわ。
 といっても書くことがないから、最近はその日なにを食ったか、めしの記載だけで終わってしまうことが少なくありません。
 食欲だけは衰えません。
 頭の方は退化と劣化がすすみ、いまや右を向いたら左のことを忘れてしまう始末。
 車の運転も、せがれからは昨年一杯でやめるよう言われてましたが、これはまだうんと言ってない。
 餅も食うなだって。
 余計なお世話じゃ。
 とはいえ昨年1年、あまりいいことがなかったのも事実。
 身内や50年来の友人に先立たれ、気がついたら自分であってもおかしくない年に達してました。
 自覚症状、まだないんだなあ。
 それでも11月には、60年余の都民生活を切り上げ、木更津に住民票を移しました。
 遅ればせの千葉県民です。
 多摩の家はまだ置いてありますが、これは近日中に処分します。
 12月には何年ぶりかという風邪を引いてしまい、咳がひどくて、まだ完治していません。
 コロナ感染が心配でしたが、これは調べてもらったところ陰性でした。
 と、まあそんなところです。
 今年はときどき更新するつもりですから、思い出したらのぞいて見てください。
 みなさんにとって、いい年のはじまりでありますように。




「きのうの話」目次へ



志水辰夫公式ホームページ