JR和歌山駅
ストリートライブについて

以前からJR和歌山駅(以下和駅)に貼られていた上記の禁止貼り紙の2番の項目
「演奏、演説等に値する行為」
ご存知 和駅には俺をはじめ、沢山のミュージシャンたちが
ストリートライブを展開しています
「やっていたら中止させられた」
「これから始めたいが中止させられるかも」
というミュージシャンも多いと思います
正直この貼り紙だけでは
ただ「禁止」と言われてるみたいですね
こういった俺達もこれから気持ちよく使って生きたい
大切な場所には
誰かがキチンと話しておくべきでしょう

ということで
SEIZY(以下S)が独断で11月6日(土)、和駅の山本副駅長(以下山)にご挨拶を兼ねて取材してきました

山「許可なく禁止と言うのではなく、あくまで和駅構内でのこれらの行為を禁止しています」
S「その構内というのは俺はどこか知ってますがわからないミュージシャンのほうが多いです
 どこからどこまでが和駅の構内なのか?」
山「基本的に入り口の屋根のある部分 ここまでが和駅の敷地内です」
S「私たちミュージシャンも微力ながら少しでも地元を盛り上げたい気持ちもあります
 和駅側が禁止されれば仕方ないですが、漠然とした貼り紙だけではなく
 基準をキチンと決めておかないと無茶をする奴も出てきたら困りますんで」
山「和駅側もそんな人たちをできる限りで応援したい
 ただ、バンド形式でアンプを大音量で鳴らしたり明らかに迷惑な行為は中止させざるを得ないです」
S「私たちもそういった者にはお互い注意していきます 何か問題があれば連絡ください」
S「ありがとうございました」
山「よろしくお願いします」

これが会話の全てではないですが約20分の間
海のもんとも山のもんともわからんミュージシャンに付き合ってくださいました
「いつも土曜日にお目にかかります」
とSEIZYのことは知ってるみたいでした
一応、基本的なことは聞いてきました
それをまとめます

和歌山のミュージシャン&ファンの皆様
和駅でのストリートは以下のことを守った上で解禁されてます

・入り口の屋根のある下では禁止です
・演奏時間や日などは基本的に自由です
・聴く側は屋根の下でもオッケーです 但し入り口を塞がないでください
・通行人や他の人の妨げや迷惑にならないでください
・大音量、アンプやマイクを使う場合は適度な音量にしてください
 あまりに大きすぎると注意、もしくは中止させられます
・無秩序な者にはミュージシャン同士注意します
・公共の場所を無断で使っているということを忘れないでください
・和駅構内でないってことは警察関内です!


以上です
誰にでもわかるようなモラルを守ってやれば
簡単なことです
ミュージシャンもファンの方々も
このことを守って
これからもライブの場を守って楽しくいきましょう
「全面中止」になったらどうしようもないですからね
ご協力お願いします

その他 ミュージシャンの方、これからストリートをしたいという方
で質問やわからないことがあれば
俺でよければ相談に乗ります
SEIZYにメールしてください
迅速に対応します

メール


最後に
今回 アポなしでこんな人相の悪い俺が突然行ったにもかかわらず
貴重な勤務時間をさいて、長時間誠意ある対応をしていただいた
山本副駅長さん ありがとうございました