FMサーフィン横浜***MHz。南関東区域で放送中。
 ラジオDJミアコがお送りする真夜中のちょっと癒される番組。
 ここでは過去に放送された内容をご紹介しています。




  20XX.06.21 ON AIR


 ええと、ラジオネーム・団塊オヤジさんからのメールです。
『ミアコさん、こんばんは』
 こんばんは。
『仕事で遅くなる日はいつも電車の中で聴いています。残業を終え、これから自宅まで電車で二時間かけて帰ります。数十年前に建てた夢のマイホームは郊外にあるのです。東京ではまだ終電には早いですが、これが最寄りの駅に着く最終便になります』
 うわぁー、大変ですね。でも、私はずっとアパート暮らしだったので、お子さんがうらやましいですね。
『鮨詰めだった乗客も、この番組が始まるころには数えるほどです。ミアコさんのお話しを聞きながら、私はひっそりと泣いています。電車の中で泣くという楽しみを見つけて以来、少し癒されているような気がします。この一日の締めくくりは女房にも秘密です』
 うーん、一緒に聴いて泣くのはさずがに恥ずかしいですかね。ぜひ奥様にも教えてあげてほしいですけども。

 自分だけの楽しみといえば、小さい頃、捨て犬を拾ったことがあるんですよ。そう、たぶん捨て犬。泥だらけの小さな茶色い犬で、見た瞬間、捨て犬って思ったの。うちはアパートだし、飼えないことはわかってて、それでも誰かに託したいっていう気持ちはまるでなかったんですね。
 それで私はランドセルの中のものを腕に抱えて、子犬をランドセルに押し込んじゃったんですよ。なぜか誰にも見られたくなくて。誰にも知られることなく、自分がこの子を育てなきゃいけないっていう根拠のない使命感に燃えちゃったわけ。自分ひとりでもできるっていう、ちょっと背伸びをしたい時期ってあったでしょ。それがたまたま子犬を飼うことだったの。

 それで、どこか人目につかないところがないか探し歩いていたら、空き地を見つけたんです。それはもう荒れ放題で、私が隠れちゃうくらいに草がボーボーなの。分け入ったところに大きなダンボール箱を置いて、その中で子犬を飼っていたんです。毎日給食の残りのパンとかをあげたりして。
 何日か平穏に過ぎて、あるとき雨が降ったんですよ。屋根もなくてかわいそうだなと思ったけど、草が濡れてるからそんなところに入っていくと服が汚れるでしょ。だから一日ぐらいどうってことないやって、そのままにしておいたんです。

 次の日行ってみると、ダンボールがひっくり返っていて子犬はいなくなってました。こんなところで私に飼われるのに嫌気がさしたんでしょうね。私は悲しくなったけど、自分もひどい仕打ちをしたことに気づいたんです。
 あのときの子犬がどうなったかなって、気になっていたんだけど、それ以来目にすることもなくて。どちらかというと、見つけたくはなかったかな。自分では飼えないってわかってたし、それを認めたくはなかったんです。

 それから半年ぐらいが過ぎたころかな、まだ子供のかわいらしさを残す茶色い犬を見かけたんです。その犬も私のことをジッと見ていて。私はあのときの犬にハリーと名付けたことを思い出してました。呼んでみようとしたそのとき、「イチロー」って誰かが呼んだんです。そうしたらその犬は一目散にその人のところへ飛んでいったんですよね。飼い主に撫でられたあとはからみつくようについていって、私のことを一度も振り返ることはなかったですよ。
 あのときの子犬かはわからないけど、中途半端な愛情って見抜かれるんですよね。

 さて、それでは今日の一曲目を聴いてもらいましょうかね。
 団塊オヤジさん、聴いてますか。自宅まであと少しですよ。
 仕事終わりの終電で、二時間かけて帰宅する夜もある。
 そんなあなたが癒されれば。
 そして、長年連れ添ったあの人に感謝の気持ちが言えるまで。
 チューリップで『サボテンの花』。


※この物語はフィクションであり、架空のラジオ番組です。

ホームへ戻る小説の目次に戻る

(C) Sachiyo Kawana