煙に巻く


「キャー! 痴漢よ。今、この人、私のお尻を触ったの」
「なに! 痴漢? 誰か駅長を呼べ!」
「誤解です! こんなにいっぱいの人で、もみくちゃにされているんだ。体に触れない方がおかしいだろう?」
「はぁ? オッパイをめちゃくちゃにもんだ?」
「違う! だから、いっぱいの人で、もみくちゃ――」

 ヒソヒソヒソ……。

「ウソ、マジ? アイツ、うちのセンセーじゃない?」
「あ、ホントだ。ちょーサイアク」
「この前も体育の授業中、ノリコのケツを撫でたんだって」
「うっそー。誰から聞いたの?」
「忘れたぁ」

 ヒソヒソヒソ……。

「あの人、たぶん、私の高校で解雇された人だ」
「解雇? なんで?」
「女子更衣室に入って制服を盗んで売ったらしい」

 ヒソヒソヒソ……。

「盗撮?」
「女子更衣室で隠し撮りしていたんですってよ」
「いくらぐらい儲かったのかしら?」

 ヒソヒソヒソ……。

「ごおくえんだってさ」
「どのくらいのおかねなの?」
「わからないけど、みのしろきんっていうんだって」
「あのひと、もう、ころしちゃったのかな」

 ヒソヒソヒソ……。

「よくもぬけぬけと電車に乗ってるもんだな」
「テレビを見ていないんだよ」
「時効寸前だっていうのに」
「まぁ、レイプしたあげくに殺しちまったんじゃあ、しょうがないね」

『新宿ぅ〜。新宿ぅ〜。お降りの際はお足元にご注意下さい』

「警察だ! 手を挙げろ!」
「ちひろちゃん拉致・誘拐・殺害及び――」
「○○区連続通り魔婦女暴行・殺害の容疑で逮捕する」

 ファンファンファン……。キー。バタン。

「なにぃ? 誤認逮捕だとぉ?」
「も、申し訳ありません」
「仕方ない。今までのことは街のウワサとして隠蔽するんだ」


<<前のページ  目次

ホームへ戻る

(C) Sachiyo Kawana