エリア別登山ガイド

ルートのコースタイムは休憩は含まず、通常歩行の半分程度(時速2キロ)が目安 このマークが日帰り可能な山です。
登山ルートの難易度
良く整備されたルート 距離が短く難所はなく簡単に登れる 初心者向け 特に技術はいらない
楽中 急登坂や岩場等がある 距離が長くても難所や危険個所がない 歩き慣れた人 岩場もガレ場も平気 そこそこ体力もある
距離が長い 急登坂が多い 危険箇所通過がある ペースコントロールができる 体力に自信 岩場も登れる
中高 距離が長い 急登坂が多い 危険個所や岩壁登坂痩せ尾根などがある 重心バランスが取れる 岩壁を恐れない
危険箇所が多く高いスキルが要求される 単独では危険なルート 初心者はガイドが必要 岩壁登攀や高度感にも対応
ロープ確保やルートファインディング能力が必要 単独は不可 岩壁登攀の技術 ルートファインディングができる
分かりにくい、もしくは迷いやすい  GPSナビゲーションがあった方が良い
体力度 低(ハイキング程度の体力) 中(通常の登山に必要な体力) 高(消耗が大きい忍耐力が必要) 極(フルマラソン並)
白馬 後立山連峰
犬ヶ岳 黒岩山 朝日岳 雪倉岳 風吹大池 白馬乗鞍岳 小蓮華岳 白馬岳 杓子岳 白馬鑓ヶ岳 清水岳 不帰岳 餓鬼山 唐松岳 不帰瞼 五竜岳 鹿島槍ヶ岳 
爺ヶ岳 岩小屋沢岳 鳴沢岳

栂海新道 犬ヶ岳 Mt.Inuga-take 1,593m 黒岩山 Mt.Kuroiwa-yama 1,623.6m

北アルプスの最北端から日本海に続く山塊を貫く栂海新道は隠れた名ルート。朝日岳から北に行くと高層湿原が白高地、アヤメ平、黒岩平と続きます。ここは白馬連峰高山植物帯という国の特別天然記念物に指定されています。その先の黒岩山から左が栂海新道。サワガニ山、犬ヶ岳、白鳥山と稜線上のピークを越えて日本海の親不知までルートは続きます。
犬ヶ岳(いぬがたけ) 栂海新道(つがみしんどう) 
ルート 登りの時間  難易度 体力

栂海新道登山口から白鳥山

7時間半

白鳥小屋山から黒岩山

8時間
黒岩山から朝日岳 6時間
テント場 なし 水場 栂海山荘 黒岩平 北俣ノ水場 白鳥小屋 

装備 登山靴 レインウェア ヘッドライト 行動食 ヘルメットか帽子 縦走装備

近くの温泉 蓮華温泉ロッジ

栂海新道ガイド 栂海山荘 白鳥小屋 両小屋について

朝日岳 Mt.Asahi-dake 2,418m 雪倉岳 Mt.Yukikura-dake 2,611m

北アルプスの最北端にある朝日岳、雪倉岳の縦走は登山者が少なく落ち着いた登山を好む人にはおすすめ。ルートにそってお花畑が続き眺望の良さも抜群。入山口の蓮華温泉への車道も整備されています。白馬大池から三国境を雪倉岳、朝日岳縦走し五輪尾根を蓮華温泉に下るルートもおすすめです。ほかに富山県北又キャンプ場から朝日岳へのルートがありますが、行程が長く健脚者向き。親不知から入る栂海新道や、姫川の小滝から入る中俣新道は黒岩山で合流し尾根を縦走し朝日岳に至るロングコース。雪倉岳のふもとには非難小屋がありますがあくまで避難小屋、ここを当てにした縦走は止めましょう。
朝日岳(あさひだけ) 雪倉岳(ゆきくらだけ) 
ルート 登りの時間  難易度 体力

北又小屋までタクシー イブリ尾根で朝日岳 長丁場 イブリ山までは急登坂の連続その先は視界が開け気持ちの良い尾根筋のルート

7時間

山姥ノ洞から栂海新道で黒岩山まで 長丁場 健脚向き

10時間
中俣新道から長栂山経由朝日岳 長丁場 健脚向き 9時間
蓮華温泉から五輪尾根で朝日岳 長丁場 健脚向き 下山向き 7時間
三国境から雪倉岳 ほぼ平坦で歩き易いコース 雪倉岳手前に遅くまで残雪あり 高山植物が豊富な隠れた花のルート ガスが出やすい 2時間半
雪倉岳から水平道で朝日岳 雪倉からは急なガレ場の下り 鞍部から水平道という平坦ではないルート 残雪、湿原アップダウンの繰り返し 4時間 楽中
蓮華温泉から鉱山道で雪倉岳 不明瞭 蓮華温泉でルート確認 初心者不可 天候が悪い時は使わないルート 7時間 中 迷
推薦登山コース 蓮華温泉 - 白馬大池テント場泊 - 三国堺 - 小蓮華岳 - 雪倉岳 - 朝日小屋テント場泊 - 朝日岳 - 五輪尾根で蓮華温泉 2泊3日
テント場 朝日小屋 水場 朝日小屋 五輪尾根3箇所 雪倉岳から朝日岳への水平道3箇所

装備 登山靴 レインウェア ヘッドライト 行動食 ヘルメットか帽子 縦走装備

近くの温泉 蓮華温泉ロッジ 姫川温泉

蓮華車道バス 雪倉岳避難小屋 ヤマレコ朝日岳 朝日小屋はこの山域で唯一の山小屋、距離が長いルートなので登山者の安全の為に予約をすすめています。

風吹大池 Kazafuki Ooike 1,778m 風吹岳 Mt.Kazafuki-dake 1,888m
後立山連峰の東北端にある日本最大の山上湖。主稜線からはずれるので訪れるも少ない秘境の池。周囲を山に囲まれるが、登山道があるのは風吹岳のみ。蓮華車道から尾根道ルート。小谷村来馬温泉奥の林道から2本。栂池高原からのルートがある。かつての火口跡と言われる。湖畔を周回する道があり周辺にも小さいな池が点在、北には血ノ池と神ノ田圃という湿原もあり。南側に風吹山荘がありテント場もある。風吹岳は急坂を30分登る。
風吹大池(かざふきおおいけ) 右 風吹岳(かざふきだけ)
ルート 登りの時間 難易度 体力

栂池高原から 栂池から白馬乗鞍の登山道へ 天狗原の分岐を右に行くと長い稜線の下り 足場の悪い樹林帯の道でアップダウンが多い

3時間40分

土沢から 来馬温泉から林道へ 終点から尾根道を行くと川床に冷泉が湧いている 樹林帯に入り水場を過ぎると池はすぐ 5キロ

3時間
北野から 上の林道を進み突き当りの駐車場が入口 急登攀で尾根に出る 1キロ毎に道標があり2つ目から1時間の急な登り 3.5キロ 3時間
蓮華温泉林道から 蓮華車道の蓮華温泉手前に入山口 全般に急坂で湿った樹林帯を登る 湿地帯に入ると池はすぐ 3時間半
テント場 風吹山荘 水場 来馬林道の池 土沢ルート八合目 天狗原 栂池入山口先

装備 登山靴 レインウェア ヘッドライト 行動食 ヘルメットか帽子 縦走装備

近くの温泉 来馬温泉 姫川温泉 蓮華温泉ロッジ

風吹山荘

白馬乗鞍岳 Mt.Hakubanorikura-dake 2,469m 小蓮華岳 Mt.Korenge-dake 2,766m 白馬大池 Hakuba-Ooike 2,380m

白馬大池は夏から秋にはコマクサやニッコウキスゲなどのお花畑が広がる山上のオアシスです。蓮華温泉から入山し白馬大池までは日帰り可能。白馬大池から小蓮華山を縦走し白馬岳へのルートはアルプスでも最も美しい景観が味わえます。白馬乗鞍岳は栂池自然園から入ります。白馬大池から乗鞍岳を越えてアルプス最大の池、風吹大池へ至るルートもあります。

小蓮華岳山頂は崩壊が進み現在立ち入りできません。このルートは北アルプス屈指の強風地帯で、遭難も多発しています。天候には気をつけて充分な装備をして下さい。特に降雪期は非常にリスクが高い。

小蓮華岳(これんげだけ) 白馬大池(はくばおおいけ)
ルート 登りの時間 難易度 体力

蓮華温泉から白馬大池 ややきつい登りが続く 途中の天狗の露地は絶好の休憩ポイント 虫が多い

3時間 楽中

栂池自然園から乗鞍岳 ややきつい登りが続く

3時間 楽中
白馬乗鞍岳から白馬大池 平坦だが岩ゴロの歩きにくいコース ガスが出ると迷いやすいので地図と磁石で確認が必要 2時間 楽中
大池白馬から小蓮華岳 ゆるい登りが稜線まで続く コマクサや花が豊富で雷鳥も生息 2時間
風吹登山道から乗鞍岳 長丁場 健脚向き 6時間半
推薦登山コース 栂池高原ロープウェイ - 栂池平 - 白馬乗鞍岳 - 同ルートを下山 往復7時間
推薦登山コース2 蓮華温泉 - 白馬大池テント場泊 - 白馬乗鞍岳 - 白馬大池 - 小蓮華岳 - 白馬大池 - 蓮華温泉 1泊2日 楽中
テント場 白馬大池キャンプ場 水場 蓮華温泉 白馬大池小屋 中ノ原

装備 登山靴 レインウェア ヘッドライト 行動食 ヘルメットか帽子

近くの温泉 蓮華温泉ロッジ 小谷村温泉

栂池山荘  白馬大池山荘 栂池ヒュッテ 小谷村天気

白馬岳 Mt.Shirouma-dake 2,932m 白馬鑓ヶ岳 Mt.Hakubayari-gatake 2,903m 杓子岳 Mt.Syakushi-dake 2,812m
白馬三山は長野県側は急峻な斜面、富山県側は穏やかな稜線。この山域は白山に次いで種類が豊富な高山植物の宝庫。白馬岳は山頂直下に日本最大の白馬山荘があります。夏のシーズンには渋滞するほど登山者が多い大雪渓ルートは、落石が多く崩落もすすんでいるのでかなりの注意が必要。

白馬鑓ヶ岳の山頂も360度のすばらしい眺めが楽しめ、山頂から下ると日本で一番高所の白馬鑓温泉があります。 唐松から不帰嶮(かえらずのけん)を越えるルートも難易度の高いルートなので初心者は行けません。蓮華温泉から入山して白馬大池、小蓮華を縦走して白馬岳への縦走がおすすめです。

白馬岳(しろうまだけ)       左から白馬鑓ヶ岳(はくばやりがたけ) 杓子岳(しゃくしだけ) 白馬岳
ルート 登りの時間 難易度 体力

蓮華温泉から白馬岳 白馬大池までは体力のいる登り その後ゆるい稜線のアップダウン 岩稜の通過があるが危険個所はない

6時間半 楽中

白馬大池から白馬岳 日本屈指の美しい稜線歩き 日本で2番目に高山植物の豊富な山域 雷鳥も生息している

3時間半
猿倉から大雪渓経由白馬岳 登山者が多いメジャーコース 落石、ガスなど高リスク 雪渓上では常に上に注意しながら登りましょう 6時間
猿倉から白馬鑓温泉 かなりきつい登りが続く 沢を渡り徐々に高度を上げる 体力を消耗する 4時間半
白馬鑓温泉から白馬鑓ヶ岳 岩場の急登坂の連続 3時間40分
白馬鑓ヶ岳から杓子岳 風が強い稜線歩き 1時間
祖母谷温泉から白馬岳 非常に長い健脚向きコース 高山植物が豊富 10時間
唐松岳から不帰瞼を越えて鑓ヶ岳 アルプス屈指の難コース クサリ場 岩場のアップダウンの連続 2峰北峰の下りは最難関 初心者不可 6時間  
推薦登山コース 蓮華温泉 - 白馬大池 - 小蓮華岳 - 白馬岳 - 白馬岳頂上宿舎テント場泊 - 杓子岳 - 白馬鎗ヶ岳 - 白馬大池テント場 - 蓮華温泉 2泊3日 楽中
推薦登山コース2 猿倉 - 白馬尻 - 白馬岳 - 白馬岳頂上宿舎テント場泊 - 杓子岳 - 白馬鎗ヶ岳 - 白馬鎗温泉小屋 - 猿倉 1泊2日
テント場 頂上宿舎 天狗山荘 鑓温泉小屋 水場 白馬尻荘 白馬山荘 頂上宿舎下 天狗山荘

装備 登山靴 レインウェア ヘッドライト 行動食 ヘルメットか帽子 縦走装備

近くの温泉 白馬村温泉案内

白馬山荘 白馬岳頂上宿舎 天狗山荘 猿倉荘 白馬鑓温泉小屋 白馬尻小屋 ライブカメラ

清水岳 Mt.Shouzu-dake 2,603m 不帰岳 Mt.Kaerazu-dake 2,053m 餓鬼山 Mt.Gaki 2,128m
唐松岳のすぐ西側にあるのが餓鬼山。西に長い縦走路を行くと祖母谷(ばばだに)温泉に出ます。祖母谷温泉から北に長い尾根を登ると白馬の不帰瞼と間違える人が多い不帰岳(かえらずだけ)。さらに清水尾根を登り清水岳。途中から展望が良くなり、白馬や朝日岳もよく見えます。稜線を東に小旭、裏旭、旭岳を経由して白馬岳に至る非常に長い周回ルートがあります。各避難小屋等を利用し2泊3日以上の行程。登山者も少なく静かな登山が楽しめるルートです。このルートは夏の登山ルートで晩秋以降は風の通り道なので非常にリスクが高くなります。
餓鬼山(がきやま) 清水岳(しょうずだけ)
ルート 登りの時間 難易度 体力

黒部峡谷鉄道で祖母谷温泉まで

1時間15分

祖母谷温泉から不帰岳 残雪が多く夏限定のコース 花の名所

5時間
不帰岳から清水岳 ややきついが人が少なく深山の山歩きが楽しめる隠れた名コース 2時間半
清水岳から旭岳をまいて三国境 花が豊富 人が少なく気持ちの良いコース 2時間
祖母谷温泉から餓鬼山 ややきつい登りの長丁場 6時間
唐松岳から祖母谷経由白馬岳 夏だけの静かな山旅ができる 2泊3日
推薦登山コース 宇奈月温泉 - 欅平 - 祖母谷温泉テント場泊 - 不帰岳避難小屋泊 - 清水岳 - 白馬頂上宿舎テント場泊 - 唐松岳テント場泊 - 餓鬼山 - 祖母谷温泉 5泊6日 
テント場 祖母谷温泉 水場 不帰岳避難小屋 清水平(渇水する) 大黒銅山跡

装備 登山靴 レインウェア ヘッドライト 行動食 ヘルメットか帽子 縦走装備

近くの温泉 祖母谷温泉 黒薙温泉 名剣温泉 欅平温泉

不帰岳避難小屋 餓鬼山避難小屋 黒部峡谷トロッコ電車

唐松岳 Mt.Karamatsu-dake 2,696m 不帰瞼 Kaerazuno-ken 2,614m
八方アルペンラインか、黒菱林道を車で登りゴンドラで八方平へ。八方池はまでは1時間。八方池からは先は本格的な登山道になり、いくつかケルンを越えて2時間半で唐松岳頂上山荘。山荘からは20分で山頂。健脚の人ならロープウェイが動いている間に往復できます。

唐松岳の北にあるのが不帰瞼。1峰 2峰 不帰キレット 天狗ノ大下りという難所があり、その先に天狗ノ頭(2,812m)があります。はしごや鎖の連続する足場の悪い岩稜ルートで、強風地帯なので天候には注意が必要です。唐松から五竜への縦走路は牛首という難所がありますが、眺望が楽しめるルートです

唐松岳(からまつだけ) 不帰瞼(かえらずのけん) 詳細図
ルート 登りの時間 難易度 体力

八方池山荘から八方池 観光客も多い花のルート 木道で眺望が良く花も多い 途中から分かれる稜線ルートは岩の多いのやや急な登り

1時間

八方池から唐松岳 八方池から先は本格的登山道 比較的きついが扇雪渓 ケルンなど見どころが多く楽しめる 小屋手前に痩せ尾根を通過 

3時間 楽中
祖母谷温泉から餓鬼山経由唐松岳 健脚向き 夏から秋にかけてのみ通れる花の名コース 距離があるのでビバーク装備などが必要 9時間
白馬鑓ヶ岳から不帰瞼を経由して唐松岳 大下りのあと岩峰のアップダウンの連続 高度感のある危険個所多数 初心者不可 5時間半  
五竜岳から唐松岳 岩稜の尾根歩き 眺望が良い 3時間半
推薦登山コース 八方 - 八方池山荘 - 八方池 - 唐松岳 - 同ルートを下山 往復7時間 楽中
推薦登山コース2 八方 - 唐松岳頂上山荘テント場泊 - 唐松岳 - 不帰嶮 - 天狗ノ頭 - 天狗平テント場泊 - 白馬鎗温泉 - 猿倉 2泊3日
テント場 唐松岳頂上山荘 水場 唐松岳頂上山荘

装備 登山靴 レインウェア ヘッドライト 行動食 ヘルメットか帽子 縦走装備

近くの温泉 白馬村温泉案内 祖母谷温泉

八方池山荘 唐松岳頂上山荘 黒菱ライン 八方アルペンライン 白馬村ガイド

五竜岳 Mt.Goryu-dake 2,814m
山頂直下の武田菱の雪形で有名な五竜岳。五竜とうみスキー場からテレキャビンで地蔵ノ頭、遠見尾根を縦走して白岳直下の五竜山荘へ。山頂へは片道1時間です。遠見尾根の小遠見は絶景ポイントで山頂直下に分岐があり、左が小遠見山頂。先の大遠見、西遠見も絶景ポイントです。山頂は広く鹿島槍や唐松の眺めも良い。唐松岳からのルートは牛首の下りという、岩稜の痩せ尾根の難所があります。鹿島槍への稜線ルートも八方キレットという難所があります。難易度は高いですが抜群の眺望でじっくり時間をかけて縦走したいルートです。
五竜岳(ごりゅうだけ) 武田菱(たけだびし)
ルート 登りの時間 難易度 体力

テレキャビンで地蔵の頭まで

30分

地蔵の頭から遠見尾根経由五竜岳 ややきつい登りの連続だが眺望が良く休憩適地も多い 体力が必要

5時間
唐松岳から五竜岳 眺望が良い岩稜ルートだが慎重に歩けば良い中難度のコース 4時間 楽中
鹿島槍ヶ岳から五竜岳 八峰キレットなど難所が多い岩稜ルート 高度感たっぷりで狭いトラバースが多い 風が強い日は特に要注意 6時間半 中高
推薦登山コース 五竜テレキャビン - アルプス平 - 小遠見山 - 大遠見山 - 白岳 - 五竜山荘テント場泊 - 五竜岳 - 同ルートを下山 1泊2日
テント場 五竜山荘 水場 五竜山荘 キレット小屋(共に有料)

装備 登山靴 レインウェア ヘッドライト 行動食 ヘルメットか帽子 縦走装備

近くの温泉 白馬村温泉案内

白馬五竜 五竜山荘 ゴンドラ&リフト

鹿島槍ヶ岳 Mt.Kashimayariga-take 2,889m
鹿島槍ヶ岳への最短ルートは大谷原から赤岩尾根を登るルート。林道を1時間強歩き西俣出合から急な登りが続きます。長ザク尾根をこえて3時間で高千穂平へ。さらに2時間強で切り立ったガレ場が続く赤岩尾根を越えると稜線に出ます。そこから冷池山荘はすぐです。山荘から鹿島槍南峰へは2時間強、鞍部に下り登り返すと30分ほどで北峰に着きます。五竜岳から鹿島槍へのルートは口の沢のコル、八峰キレットという難所があり、急な梯子や鎖の連続で難度が高いルートです。このコースは長丁場で風の強い日は特に注意が必要。一番楽なルートは柏原新道を登り種池山荘まで行き一泊。爺ヶ岳を経て縦走する片道4時間強の尾根縦走ルート。
左が南峰 右が北峰 ツインピーク(かしまやりがたけ)
ルート 登りの時間 難易度 体力

大谷原から鹿島槍 林道を1時間歩き西俣出会いからきつい登りが連続する 途中の高千穂平は休憩適地 稜線手前は切れ落ちたガレ場の赤岩尾根

7時間 楽中

五竜岳から鹿島槍 八峰キレットという難所がある岩稜ルート 風が強く天候に注意が必要 午後は雲が出るので要注意

7時間 中高
爺ヶ岳から鹿島槍 平坦な稜線ルート 爺ヶ岳は山頂の巻き道がある 北峰には登山道はない 眺望が良い 3時間半
推薦登山コース 大谷原 - 西俣出会 - 高千穂平 - 冷池山荘テント場泊 - 鹿島槍ヶ岳南峰 - 鹿島槍ヶ岳北峰 - 同ルートを下山 1泊2日
推薦登山コース2 扇沢から柏原新道 - 種池山荘テント場泊 - 爺ヶ岳 - 冷池山荘 - 鹿島槍ヶ岳 - 冷池山荘テント場 - 同ルートを下山 2泊3日
テント場 冷池山荘 水場 西俣出合 冷池山荘(有料)

装備 登山靴 レインウェア ヘッドライト 行動食 ヘルメットか帽子 縦走装備

近くの温泉 大町の温泉ガイド 薬師の湯(塩素入り) 上原の湯(塩素入り)

キレット小屋 冷池山荘 ルートガイド ライブカメラ

爺ヶ岳 Mt.Jiiga-take 2,670m
扇沢駅手前の柏原新道登山口から登ります。最初モミジ坂という急な登りが続くルートで途中のケルンまで1時間強、その後ダラダラ登りを3時間で稜線の種池山荘へ。山荘から1時間で爺ヶ岳です。山荘から岩小屋沢岳をへて鳴沢岳、赤沢岳、スバリ岳をへて針ノ木岳ルートもあります。爺ヶ岳はS字の尾根道で南峰、中峰(ここが山頂)北峰と続きます。北峰は登山道がありません。ハイ松の尾根を歩くと雷鳥をよく見かけます。爺ヶ岳も種まきをする人型やカラスの雪形が浮き出るので有名です。柏原新道の入山口駐車場はシーズン中は大変混雑します。近年迷惑駐車が問題になっていますので、混雑時は扇沢有料駐車場を利用して下さい。
爺ヶ岳(じいがたけ)南峰 左は中峰 中峰
ルート 登りの時間 難易度 体力

黒部扇沢から柏原新道で爺ヶ岳 もみじ坂という急登坂からケルンまではややきつい登り その後緩いトラバース道を行き尾根に取りつくと急登坂

5時間

鹿島槍から爺ヶ岳 稜線ルートで爺ヶ岳南峰 中峰は巻き道もあるが北峰は巻き道のみ 眺望が良くコマクサやたかねバラなどが見れる

3時間半
針ノ木岳から爺ヶ岳 岩稜のピークをいくつも越える健脚向きコース 黒部川を挟んだ眺望は抜群 7時間半
推薦登山コース 扇沢から柏原新道 - 種池山荘 - 爺ヶ岳 - 同ルートを下山 往復8時間
テント場 種池山荘 水場 種池山荘(有料) 扇沢駅(水道)

装備 登山靴 レインウェア ヘッドライト 行動食 ヘルメットか帽子 縦走装備

近くの温泉 大町の温泉ガイド 上原の湯(塩素入)

種池山荘

岩小屋沢岳 Mt.Iwakoyazawa-dake 2,630m 鳴沢岳 Mt.Narusawa-dake 2,641m
扇沢から見える正面に聳える尾根の中央にあるのが岩小屋沢岳。となりの鳴沢岳は剣、立山の眺望が良い。どちらも直接は登れません。柏原新道を登り種池山荘から南に縦走するか、針ノ木谷を登って稜線を北に縦走します。種池山荘から縦走すると棒小屋乗越をこえて穏やかな稜線歩きが続き新越山荘。

鳴沢岳がこの尾根の中間で、ここからルートは厳しくなってきます。このルートは日帰りでは無理なので、種池でテントを張るか新越山荘に泊まるのが妥当。新越にはテント場はありません。

新越山荘と岩小屋沢岳(いわごやさわだけ) 鳴沢岳(なるさわfだけ)
ルート 登りの時間 難易度 体力

黒部扇沢から柏原新道で岩小屋沢岳 ややきついアップダウンが続くが気持ちの良い稜線歩きが楽しめる

6時間半

岩小屋沢岳から鳴沢岳 気持ちの良い稜線ルート 黒部渓谷、立山の眺望が良い

1時間
赤沢岳から鳴沢岳 気持ちの良い稜線ルート 1時間
扇沢から針ノ木経由鳴沢岳 かなりきつい健脚向きコース 9時間半 中高
推薦登山コース 扇沢 - 柏原新道で種池山荘テント場泊 - 岩小屋沢岳 - 鳴沢岳 - 赤沢岳 - スバリ岳 - 針ノ木岳 - 針ノ木峠テント場 - 針ノ木大雪渓 - 扇沢 2泊3日 難易度 
テント場 なし 水場 新越山荘(有料)

装備 登山靴 レインウェア ヘッドライト 行動食 ヘルメットか帽子 縦走装備

新越山荘 山レコ鳴沢岳

(C) スタジオかんな アウトドア登山ガイド 2002-