メモリーの役割とは・・・

増設前    →      増設後


パソコンをデスク(机)に例えると、作業者(人)が「CPU」、作業台である机の上が「メモリー」、データーやファイルなどを保管する机の引き出しが「HDD(ハードディスク)」になります。机の上が広いといろいろ多く物を載せることができ、作業速度や作業効率がアップするし、一度にたくさんのデータが扱えるようになってパソコンの処理速度が向上し、動画の動作や動画のデーターファイルの読込が迅速・なめらかになります。


Windowsを快適に利用するには最低でも2GBを推奨。




またパソコンごとに搭載可能な最大容量などの制約があります、入手時にはご注意下さい。









ご参考
Windows 7 システム要件
お使いの PC で Windows 7 を実行する場合は、以下のものが必要です。
1 ギガヘルツ (GHz) 以上の 32 ビット (x86) プロセッサまたは 64 ビット (x64) プロセッサ
1 ギガバイト (GB) RAM (32 ビット) または 2 GB の RAM (64 ビット)
16 GB (32 ビット) または 20 GB (64 ビット) の空き容量のあるディスク領域
Windows Display Driver Model (WDDM) 1.0 以上のドライバーを搭載した DirectX® 9 グラフィックプロセッサ
詳細はMicrosoft サイトにてご確認下さい:
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows7/products/system-requirements 
お使いの PC で Windows 7 を実行できるかを確認するには:
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/downloads/upgrade-advisor

    次は メモリーの種類はどの位・・・