故障時の症状と対応方法

まずは故障の症状と原因を調べる
パソコンパーツの故障を疑う前に
各パーツの接続状態の確認 各パーツ類がマザーボード等に確実に接続されているか、ゆるんでいたり抜けそうになっていないか、そしてケーブルやコード類も確実に接続されているかを点検してみる。基本的なことですがパソコンケース内の埃などは定期的に取り除くことが必要です。埃がたまっていたのでは、空冷ファンが正常に働きませんので故障の原因になります。そして、落雷による故障・破損被害もあるようです、注意しましょう。
またアプリケーションソフト動作中に発生するトラブルはそのソフトを一度アンインストールし再インストールすると改善する場合もあります。その際は必ず作成したデータのバックアップを忘れずに。

パソコンが起動しない・・・故障時の症状と対応方法
*パソコンが起動しなくなった時はこのページも見ることも出来ません、その事態に備えてこのページを印刷して保管されることを推奨します。
 初めにパソコンはいつ故障するか分かりません、もしもの時に備えてパソコンが起動しなくなる前に必ずやって置かなければならない最重要事項は、ユーザー自身で作成したデータのバックアップを外部機器等へ新規・更新作成後その都度実行すること。内部のHDDのみに記録して置いたのでは、故障時にデータ消失・破損の可能性大である。
バックアップソフト各種あります。フリーソフトも有りますが、フリーソフトのインストール時の注意点がございます。それはフリーソフト(無料ソフト)の中にはひとつのソフトをインストールすると、必要ない要らないソフトが一緒にインストールされてしまうものがあるので注意する。どんなものがあるかというとインターネットの初めに表示されるホームページを勝手に換えられてしまう。ツールバーを勝手に換えられてしまう。宣伝のポップアップが出てくる。などです。これを防止するには、信頼できるサイトのみ フリーソフトをインストールする。特に日本語以外で内容がわからないままインストールことは危険、絶対インストールしない方がよいです
故障時の症状と対応方法

症状        故障原因パーツ  対処方法
電源投入後反応が無い 電源

原因と症状
経年で劣化して行く消耗品。故障の前兆としては、パソコンに負荷が掛かった時に急に電源が落ちたり、電源が入りにくくなったりというような症状が出てきます。
1.テスターで調査*1詳細はこちら

2.予備の電源使用
電源の種類・価格詳細
電源交換の手順はこちらへ  
マザーボード
マザーボード
原因と症状
役割が多く熱を発生するところもあるパーツなので故障する箇所も多いです。壊れる箇所としては、チップ類、スロットなどの接続端子類、それにコンデンサ類。
予備の電源使用しても電源が入らない場合はマザーボード故障の可能性大
マザーボードを外すにはこちらへ

マザーボードの種類・価格詳細
 
電源投入後画面に何も映らない 電源

原因と症状
経年で劣化して行く消耗品。故障の前兆としては、パソコンに負荷が掛かった時に急に電源が落ちたり、電源が入りにくくなったりというような症状が出てきます。
1.テスターで調査*1詳細はこちら

テスターで調査出来ない場合は予備の電源使用
電源の種類・価格詳細
電源交換の手順はこちらへ   
マザーボード
マザーボード
原因と症状
役割が多く熱を発生するところもあるパーツなので故障する箇所も多いです。壊れる箇所としては、チップ類、スロットなどの接続端子類、それにコンデンサ類。

マザーボード上のコンデンサの膨らみや破裂そして液漏れを確認すれば即交換

予備のマザーボード使用

マザーボードを外すにはこちらへ

マザーボードの種類・価格詳細
メモリ

原因と症状
経年で劣化して行く消耗品。

ピープ音(ピピピッという音)がなっている場合はメモリ故障の可能性大、メモリを再取付して改善することもある

メモリテスト*2詳細はこちら

改善しない場合は交換

メモリの取外し方はこちらへ

メモリの種類・価格詳細
ビデオカード
グラフィックボード
ビデオカード
原因と症状
熱による劣化、冷却ファン付きの場合は回転部分摩耗のため。前兆としては、異音が出始めたら要注意です。

ビデオカードの再取付して改善することもある

予備の
ビデオカード使用
ビデオカードの交換作業はこちらへ

ビデオカードの種類・価格詳細
 
画面に英文表示後フリーズ 
ハードディスク
ハードディスク
原因と症状
熱による劣化、回転部分摩耗のため。前兆としては、異音(ガリガリ音)が発生したり、読み書きがかなり遅くなったりします。

ハードディスク故障に付いての詳しいサイトはこちらへ
ハードディスク検査・診断*3詳細はこちら

予備のハードディスク使用

ハードディスクの取外し方はこちらへ

ハードディスクの種類・価格詳細
 
Windows(OS)のインストールされているハードディスクに異常が無ければWindows(OS)のトラブルです、Windows(OS)のインストールディスクを使用して修復させます。

*1:テスターで調査:各コネクタの電圧を測定します。

 MacLab. PC 電源 テスター パソコン 電源用 電圧 チェッカー PCI-EXPRESS / S-ATA 対応 簡易使用説明書付き 

*2: メモリが正常か不良かを調べる:メモリテストソフト「memtest86」というフリーソフトを使用して、メモリテストにErrorsがでなければメモリはOK。このソフトは各個人様の責任にて、サイト検索等によりダウンロードされまして各個人様の責任に於いてご使用ください。

*3: Windowsの起動前に動作する無償のハードディスク診断用ソフトウェアにてハードディスクが故障していないかを調べる。このソフトは各個人様の責任にて、サイト検索等によりダウンロードされまして各個人様の責任に於いてご使用ください。ご参考無償のハードディスク診断用ソフトウェア http://www.forest.impress.co.jp/library/software/crdiskinfo/