「一つは、過去に僕が受けた屈辱のためです。僕は彼に撃たれ、重傷を負った。それに、
それ以上に辛かったのは、目の前で愛する人を殺されたこと。僕は助けられなかった」

「あなたは自分も怪我をしたのでしょう?助けられないことは、既にあなたの責任ではありません」

「ええ、でも、復讐をしたかった。復讐すると誓った。約束したんです」

「誰と?」

「僕自身と」

(森博嗣「女王の百年密室」より)







(since2002/8/6)

2003/12/15up