直線上に配置

  診療案内

       診療(修理)をされる方へのお願い

★説明書があるときは、一緒に持参して下さい。
★外れたネジや、折れた部品があるときは、全て持参して下さい。
★時計、カメラ、家電製品などの修理は、お断りします。

★メーカー(製造者)保証期間中のおもちゃは、当該メーカーに修理をご依頼下さい。メーカー保障期間中に、私どもが修理した場合、メーカーの保証は失効しますのでご留意下さい。

★診療(修理)後、現品をお受け取りの際は、スイッチを入れ動かし、全体を細かく見るなど、十分確認の上、お受け取り願います。
引取り後、修理に関する保証は致しかねますので、ご留意願います。

★私どもは、ボランティアとして事故のないよう十分注意し、誠心誠意治療(修理)しておりますが、修理後、修理したおもちゃなどに関連した事故につきましては、一切責任を負いかねますので、承知おき下さい。

・私どもは、おもちゃ修理のプロではないので、直らないおもちゃもあることをご理解願います。

おもちゃを捨てないでください。いらなくなったおもちゃ、処分したいおもちゃ、壊れたおもちゃ等がありましたならば、真備おもちゃ病院にお譲り下さい。
お譲り下さるならば、都合のよい日時にお伺いします。
下記、真備おもちゃ病院のメンバーへご一報をお願いします。
    倉敷市内の方:086-423-1821 都志 明(づし あきら)
    真備町内の方:086-698-1082 守分敏郎(もりわけとしろう)
お譲り下さったおもちゃは、部品等を他のおもちゃの治療に流用し、活用します。又、分解して内部の構造、配線、回路等の勉強に活かします。
尚、勝手ながら、「まったくのぬいぐるみ」「鉄砲」「テレビゲーム」は、真備おもちゃ病院では取り扱いをしていないので、お引取りできません。

お買い上げ後の箱は大切に残しておきましょう。外箱にはジャンコード等、詳しい情報が記載されています。故障の時、大変役にたちます。確実におもちゃの確認ができ、保障期間を有効に活用し、保障期間内では無償でメーカーの修理を受けることができます。又、保障期限切れでも、箱に書かれている遊び方、正常な時の音、動き、光、が再現できますし、使われている部品名、個数、等の情報が得られます。おもちゃの箱は大切に残しておきましょう。



診療申込書を事前に打ち出して、診察日にご持参願います。

診療申込書 <----PDFを閲覧・印刷するには?

Adobe Reader ダウンロードはこちらから(無償)

トップ アイコントップページへもどる
                              2014年3月更新
直線上に配置