Windows7のポリシーベースQoS

2009-07-02 更新


ポリシーベースのQoS


Windows7に新しく追加されたポリシーベースのQoSについて調べてみました。
主な機能として次のようなものがあります。

  • 出力方向の帯域を任意に制限できる。
  • 適用対象として、アプリやHTTPサーバー使用時のURLを指定できる。
  • プロトコル、IPアドレス、ポートによる指定もできる。

今まで2000/XPにあったQoSと比べると遥かに強力な帯域制限機能が搭載されています。
特に、HTTPサーバー使用時のURLを指定できるのが大きな特徴です。




QoSポリシーの設定方法


ポリシーベースのQoSの設定方法を解説します。

まず、ローカルグループポリシーエディター(gpedit.msc)を起動します。
ファイル名を指定して実行から起動してください。




ローカルグループポリシーエディターを起動するとポリシーベースのQoSという項目があります。




ポップアップメニューから『新規のポリシーの作成』をら選択し新しいQoSポリシーを作成します。




QoSポリシーの設定は全部で4つあります。

ポリシー名は何でも構いませんがわかりやすい名前にするといいでしょう。
DSCP値とスロットル率も指定します。
DSCP値は0~63の範囲で、スロットル率は1よりも大きい値で KBps か MBps のどちらかで指定します。




アプリケーション名または URLを設定します。
実行可能ファイルの名前には、末尾に拡張子 .exe が付いている必要があります。
HTTP および HTTPS の URL がサポートされています。
URL にはワイルドカード文字を含めることができ、ホスト名とポート番号を指定できます。




IP アドレスを指定します。
IPv4 と IPv6 の両方の指定が可能です。ネットワークプレフィックスも対応しているようです。




プロトコルとポートを指定します。




これでQoSポリシーの設定が完了しました。




最後に設定を反映させるために gpupdate.exeを実行します。






あとは、詳細設定で入力方向のスループットレベルなどを必要に応じて設定します。




Windows7では、簡単で高度なQoS制御が可能になっているようです。
まだWindows7がRC版なので製品版ではどうなるか分かりませんが、いろいろと実験してまたレポートします。それでは




参考リンク


QoS ポリシーを作成および編集する
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc771283(WS.10).aspx

PC のスムーズな実行の維持
http://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/dd787664.aspx

Windows 7 Home Premium アップグレード

Windows 7 Home Premium

Windows 7 Ultimate アップグレード