トップサイトマップ


トップ多言語の学習法 絵画の技法と鑑賞法 ■人生の方法 映画の批評法 文章の書き方 ブログ
 
goooogle

[トップ]>文章の書き方>日記>面を打つ粛々とした日々

 


愛すべき工具達

 夏の暑く、冬の寒い部屋の換気ができない時期、何か油絵の変わりにできるものはないかと思い、彫刻を始めました。最近は個人的に工芸というものが重要に思えてきて、鎌倉彫や蒔絵なんかもやってみたいなと考えてはいたのですが、ふと能面を思い浮かべまして、能面を作ることに決定しました。

早速大型本「能面−鑑賞と打ち方−」(堀安右衛門、増田正造他)を買い、能面の写真を読み進むにつれ、その美しさに惹きこまれてしまい、次の日にはその大型本を片手に、紙型をコンビニでコピーしていたのでした(型は巻末にあります)。厚紙に糊で貼って、はさみでチョキチョキ、まるで気分はノッポさん。檜をハンズで買って、ノミ、彫刻刀等の工具類を一通り揃え、削りはじめました。ちょうどボーナスの使い道をどうしようかと悩んでた僕はホクホク顔でいい買い物をしたと家路に着きました。 それぞれ能面の型は決まっていて、顔に沿って横・縦それぞれ切断面の型に従って、削っていきます。 揃える道具類は先程の本にありますが、全てを一気に揃えるには、画材屋のサイトで能面セットも購入できますよ。


自作の彫刻台

先程、工芸が重要に思えると言った話は、やはり技術力の高みを目指すからです。それは表現力の豊かさであり、一塊の大理石を流れる水の質感に、一片の檜を滑らかな人の皮膚に変えてしまう。一つの軸を究極的に突き詰めてゆく。それにかかる歳月も膨大ですが、その作品自体が哲学的な例示となる存在に到達していると思うんです。そういった意味では絵画も色彩の研究であるわけですが。一方、作品を恣意的にコンセプチュアルにすることが昨今見られますが、人に伝えるのには適しないと僕は思うんです。何故なら、明示的に概念を示すのは、経験まで達しないコミュニケーションであり、僕は「伝える」ということは、内的な経験だと最近ふと気づいたからなんですよね。

能面 小面
小面(のつもり)

作者お勧めの能面サイト
能面
能面ファンは着実に増えてると僕は思う。

作者が購入した木材屋さんサイト
木曽檜専門 東京池田木材株式会社
作る面によって大きさがあります。

 


goooogle


 

このサイトに掲載されている全ての文章・画像の無断転載を禁止します。
Copyright © 1999-2005 by Tricycle Creatives. all rights reserved.