トップサイトマップ


トップ多言語の学習法 絵画の技法と鑑賞法 ■人生の方法 映画の批評法 文章の書き方 ブログ
 
goooogle

[トップ]>絵画の技法と鑑賞法>絵画技法 > ペン画の描き方

ペンによる人物画

 ペン画で人物を描く時に、まず鉛筆で軽く下書きをしたほうがプロポーションをとりやすいです。上の絵は、鉛筆なしで、そのままペンで描きました。そのせいか、線の遊びが少なく、落ち着いた雰囲気になっています。興味の中心はドレスのひだを描くことでしたが、ひだの軽さが出ていませんので、線の太さが一つ欠点として挙げられます。

 ペン画はタッチで生まれる線のパターンが醍醐味です。だから、あまり緊張しすぎると線の勢いがでないので、面白みに欠けてしまいます。しかし、線を生かしたい時には、ある程度は習得してからでないと難しいでしょう。つまり、線を自由自在に操れるようになれないと、釣り糸のように画面の中でメチャクチャになってしまいます。

デザイン画などの絵画教室探し


goooogle


 

このサイトに掲載されている全ての文章・画像の無断転載を禁止します。
Copyright © 1999-2005 by Tricycle Creatives. all rights reserved.

 

method11