トップサイトマップ


トップ多言語の学習法 絵画の技法と鑑賞法 ■人生の方法 映画の批評法 文章の書き方 ブログ
goooogle

[トップ] >映画の批評法>映画研究 > 時計仕掛けのオレンジ

 

 

時計仕掛けのオレンジ

 
  He is a Clockwork orange.−彼は、色や中味のある可愛らしい有機体の姿を しているが、実際は、神か、悪魔か、または、全能の存在によって、ぜんまいを巻かれたぜんまい仕掛けのおもちゃである。  

 

Introduction 「狂気」の表現者 スタンリー・キューブリック

省かれた最後の章とその理由

2つの『時計じかけのオレンジ』


 Chapter T おー 我が兄弟よ O my brothers.

 Chapter U 裏切りの我がドルーグス Treacherous my little droogs.

 Chapter V 善と悪、道徳的選択 Good and Evil, and moral choice.

 Chapter W そのあとどうなるんだ、え?'What's it going to be then, eh?'

 Chapter V アレックスの歓喜 ―べートーベンの交響曲第九番二短調≪合唱付き≫―


Appendix  題名について

From Interview Kurbrick on "A Clockwork Orange"(作成中)

Reference   
時計じかけのオレンジ A CLOCKWORK ORANGE
By Anthony Burgess
Published by W・W・NORTON&COMPANY
ISBN 0-393-31283-6, or 1568495110

 

goooogle
 

このサイトに掲載されている全ての文章・画像の無断転載を禁止します。
Copyright © 1999-2005 by Tricycle Creatives. all rights reserved.