TOPページ熱帯魚の飼い方

このページで使用している画像は、オオツカ熱帯魚様の許可を得た上で掲載しております。
著作権は全て撮影者であるオオツカ熱帯魚 大塚 慎太郎様に帰属します。
無断で転載を行った場合は著作権法により個人・法人問わずに処罰の対象となります。
エンゼルフィッシュの飼い方
Pterophyllum scalare
Pterophyllum scalare var
写真提供:オオツカ熱帯魚
◆名前 エンゼルフィッシュ
◆学名 Pterophyllum scalare
Pterophyllum altum
Pterophyllum dumerilii
Pterophyllum leopoldi
◆分布 アマゾン川流域(ネグロ川、オリノコ川)
◆サイズ 12〜30cm
◆水温 25−27℃
◆pH 6.0−7.5
◆水槽 60cm以上altumの場合は高さ60cm幅90cm以上推奨)
◆飼育法

最もポピュラーな熱帯魚の一つ。グッピーと並ぶ熱帯魚の代名詞的なシクリッドである。
現在市場に流通しているほとんどが、スカラレエンゼル(Pterophyllum scalare)を元にした改良品種で、その姿かたちには様々なバリエーションがある。
アマゾン川流域を中心とした南アメリカ北部に分布し、水の流れがあまりない水域に生息する。
食性はシクリッドらしく肉食で、普段は貝類、甲殻類、魚卵、小魚などを捕食する。
多くの人がコミュニティタンクでの混泳に踏み切るが、当然のことながら口に入るサイズの魚・卵は捕食されてしまうので注意が必要。
ターゲットとならない魚種で、愛称が悪いのは鰭をかじる『スマトラ』が有名だが、動きの活発な種との愛称も非常に悪く、ストレスから衰弱死してしまうケースもある。
またプレコ(夜行性の種も含む)とのトラブルも聞かれる為、エンゼルフィッシュ本来の優雅な姿を堪能するには同種のみ、もしくは生活域が重ならな温和な種との混泳を心がける。
餌は何でもよく食べるので、配合飼料を中心に時々冷凍アカムシなど動物質の餌を与える。
餌の量と糞は比例するので水質管理には十分に注意する。くれぐれも小型魚を飼う感覚で飼わないこと。

◆病気 エンゼルで最も多い病気が『エンゼル病』である。

・鰭をたたんでいる
・鰭の先が溶けている
・目が濁っている
・呼吸が異常に荒い
・水槽面に寄ってこない

これは全ての魚種に言える事だが、このような症状の個体はエンゼル病である確率が高く、また伝染するとも言われているので健康な個体であっても必ずトリートメントで様子を見るようにする。
すぐに死んでしまうのは、こういった理由が考えられる。
このページで使用している画像はオオツカ熱帯魚様の許可を得た上で掲載しております。
著作権は全て撮影者であるオオツカ熱帯魚 大塚 慎太郎様に帰属します。
無断で転載を行った場合は著作権法により個人・法人問わずに処罰の対象となります。
TOPページ熱帯魚の飼い方

Copyright(C)2002-2014 AQUARIUM FISHES All right reserved