TOPページ熱帯魚の飼い方

このページで使用している画像は、オオツカ熱帯魚様の許可を得た上で掲載しております。
著作権は全て撮影者であるオオツカ熱帯魚 大塚 慎太郎様に帰属します。
無断で転載を行った場合は著作権法により個人・法人問わずに処罰の対象となります。
ラミレジィの飼い
image
Papiliochromis ramirezi
写真提供:オオツカ熱帯魚
◆名前 パピリオクロミス・ラミレジィ
◆学名 Papiliochromis ramirezi
◆分布 ベネズエラのオリノコ川支流のメタ川
◆サイズ 5cm
◆水温 25− 28℃
◆pH 5.0− 6.5
◆水槽 30cm−
◆飼育法 ドワーフシクリッドと呼ばれる魚たちの一種で、東南アジアやヨーロッパで養殖されたものが輸入されている。
産地により名前も様々で、【ドイツラム】【オランダラム】【香港ラム】などと呼ばれることもある。

ペア飼いなら30cm水槽から始められるが、それには仲の良いという条件が付く。
圧倒的に弱酸性の軟水を好む為、弱アルカリ性である日本の水道水を用いるには、簡易浄水器やピートモスなどによる軟水化が必須である。
また水質悪化に弱く水温も高めを好む為、水質管理に慣れた中級者向けの魚である。

水槽には隠れ家にもなる、エキノオドルス類、アルテルナンテラ類、ミクロソリウムなどの水草を植える。
餌は何でもよく食べるが、配合飼料と共に、アカムシなどバランスよく与える。
混泳に関しては本種ペアのみに留め、残餌処理にはオトシンクルスなどを入れる。騒々しいコミュニティ水槽での飼育では、良い結果は生まれない。
◆繁殖法 本種の魅力の一つは繁殖であろう。
平らな石を好んで産卵床とするので、水草の間などに置いてやると良い。
pH6.0前後の弱酸性で亜硝酸値の低い水質がよく、条件の整ったペアならば産卵を始める。
卵は3〜4日で孵化し、その後3〜4日で親魚の周りを泳ぐようになる。
泳ぎだしたら餌を与えるようにする。
このページで使用している画像はオオツカ熱帯魚様の許可を得た上で掲載しております。
著作権は全て撮影者であるオオツカ熱帯魚 大塚 慎太郎様に帰属します。
無断で転載を行った場合は著作権法により個人・法人問わずに処罰の対象となります。
TOPページ熱帯魚の飼い方

Copyright(C)2002-2014 AQUARIUM FISHES All right reserved