TOPページ熱帯魚の飼い方

このページで使用している画像は、オオツカ熱帯魚様の許可を得た上で掲載しております。
著作権は全て撮影者であるオオツカ熱帯魚 大塚 慎太郎様に帰属します。

無断で転載を行った場合は著作権法により個人・法人問わずに処罰の対象となります。
ネオンテトラの飼い方
Paracheirodon innesi
Paracheirodon innesi
写真提供:オオツカ熱帯魚
◆名前 ネオンテトラ
◆学名 Paracheirodon innesi
◆分布 アマゾン河
◆サイズ 3-4cm
◆水温 21-26℃(本来は低温を好む)
◆pH 5.0−8.0(本来は弱酸性を好む)
◆水槽 45cm-
◆飼育法

エンゼルフィッシュやグッピーと並ぶ、最もポピュラーな熱帯魚で、古く親しまれている。
現在市場に出回ってるネオンテトラは、殆どが香港で養殖されたもので、安価なため入門種的な扱いをされる事が多い。
長年に渡る累代養殖のため、体型などに異常を来たしている個体もあるようなので、よく観察してから購入する。
また水質の急変に弱く、体型異常が判別しにくい極少サイズの購入は、初心者には決して勧められない。

本来ならば弱酸性の軟水域に生息する本種だが、養殖ネオンは適応水質の幅が広く、pHや硬度が高くてもさほど問題はない。
餌は何でもよく食べるので、特に心配する必要はない。
本種は多種と混泳させるよりも、単独で数十〜百単位で飼った方が断然魅力的である。

◆病気 水質の悪化により様々な病気に罹る可能性があるが、最も厄介なのがネオン病であろう。
自慢のカラーが白っぽくなってしまう特有の病気で、発症した魚は1〜2週間で死んでしまう。
原因は水質悪化は勿論の事、水質の急変なども考えられる。感染予防にはグリーンFゴールドリキッド、パラザンDが有効であるが、完治は難しい。
このページで使用している画像はオオツカ熱帯魚様の許可を得た上で掲載しております。
著作権は全て撮影者であるオオツカ熱帯魚 大塚 慎太郎様に帰属します。

無断で転載を行った場合は著作権法により個人・法人問わずに処罰の対象となります。
TOPページ熱帯魚の飼い方

Copyright(C)2002-2014 AQUARIUM FISHES All right reserved