日本淡水魚の飼い方

TOPページ


ちょっと郊外に出れば河川や池、そして水田と日本独自の風景が広がる。
日本の淡水魚は熱帯魚のような華やかさはないものの、独自の美しさをもつ魅力的な魚ばかりである。
ここでは飼育可能な種類を中心に、飼い方を紹介する。
流水棲コイ科の飼い方 
(河川上流から中流域に棲息し、清涼な水を好む種)
image
画像上 ヌマムツ 画像下 オイカワ
※Wikipediaより転載
■ オイカワ、ウグイ、カワムツ、ハヤの飼い方
これらの種類の魚は棲息域からわかるように清涼な水を好み、水質の悪化に敏感な魚である。
岸辺の植物が水面に覆いかぶさったような所や、時には用水路などにも見られる。
オイカワやウグイといった魚は水質汚染の進んだ河川にも見られ、一見して丈夫そうにみられがちであるが、狭い水槽内では水質悪化には弱いので注意が必要である。

飼育には60cm以上の水槽を用意し、ろ過にはろ過能力の高い外部式などを用いる。
また水温の限度は30℃までで、猛暑が続く現在の夏場ではファンやクーラーといった冷却装置が必要である。
どの種類も酸欠には弱いので、必ずエアレーションまたは水流をつくる必要がある。
餌は慣らせば配合飼料に餌付かせることが可能である。

止水棲コイ科の飼い方 
(日本の至る所で見られる飼い易い魚)
■ フナ、タナゴ、モロコの飼い方
日本の代表的な川魚であるこれらの魚は非常に丈夫で飼い易い魚種である。
ただし餌に関してはかなり選り好みが激しく、なかなか思うように餌を採らない場合が多く、死因の一番の原因が餓死である。
餌には植物性の餌を中心に、様々工夫が必要である。

飼育には60cm以上の水槽を用い、ろ過も十分機能させる。
冷却装置はあえて必要ないが、夏場のエアレーションはあった方が良い。

底棲コイ科の飼い方
image
カマツカ
※Wikipediaより転載
■ カマツカ、ツチフキ、ゼゼラの飼い方
底棲性の名の通り底に棲息する魚である。
そのため水槽内には細かな砂を敷いてやることで、十分な魅力を引き出すことが出来る。
夏場の水温には弱いので冷却ファン、またクーラーは必須である。
餌は圧倒的に活餌を好むのでイトメを中心に、アカムシなどを与える。
砂を敷いた水槽に石組みなど施せば、自然界により近い環境を作り出せる。

TOPページ


■安心楽天ショッピング
ヤマメ(1匹) オイカワ(1匹) ニッポンバラタナゴ(4匹)
ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

Copyright(C)2002-2014 AQUARIUM FISHES All right reserved