TOPページ熱帯魚の飼い方

このページで使用している画像は、オオツカ熱帯魚様の許可を得た上で掲載しております。
著作権は全て撮影者であるオオツカ熱帯魚 大塚 慎太郎様に帰属します。
無断で転載を行った場合は著作権法により個人・法人問わずに処罰の対象となります。
ドワーフグラミーの飼い方
image
Colisa lalia 雄
image
Colisa lalia 雌
写真提供:オオツカ熱帯魚
◆名前 ドワーフグラミー
◆学名 Colisa lalia
◆分布 インド、バングラディッシュ
◆サイズ 5cm
◆水温 23−27℃
◆pH 6.0−7.5
◆水槽 45cm−
◆飼育法 非常に美しい小型のグラミィで、古くから親しまれる人気の熱帯魚である。特に成熟した雄の美しさは見事で、一目で雄とわかるほどの鮮やかな発色を伴う。
東南アジアで養殖された個体が安価で出回っており、丈夫で飼い易いことから初心者でも楽しめる魚と言える。
現地では水草の茂った緩い流れなどに生息している為、強い水流は好まず、上部式フィルターの落としこみなど、水流を調節してやる必要がある。
小さい割りに縄張りを主張することもあるので、水槽内には水草を植えて隠れ家を作ってやるとよい。
協調性はあるが、あまり騒々しい種との混泳は避ける。特に鰭を齧るスマトラなどの魚とは絶対に禁物である。

餌は何でもよく食べるが、イトメやアカムシを与えてやると繁殖を楽しめる。
本種キノボリウオ亜目の魚の特徴として、よく発達した上鰓器官をもつ。その為、水中の溶存酸素量が少ない環境下でも生息できる。
近年では美しさを追求する為か、ホルモン剤を投与された個体などが相次ぎ、短命化、奇形化などの寂しい話も聞かれる。
◆繁殖方法 本種の特徴は気泡を吐いて集め、泡でできた巣(泡巣、バブルネスト)をつくって産卵する繁殖行動であろう。
ウォータースプライトやウォーターファンなどの浮き草を浮かべておくと、やがて泡巣をつくる。
泡巣が完成すると雄は雌に求愛行動を見せ、産卵が始まる。卵の数は多く、50〜200個。 1〜2日で孵化するので、インフゾリアや卵黄を与える。その後4〜5日でブラインシュリンプを捕食出来るようになる。
このページで使用している画像はオオツカ熱帯魚様の許可を得た上で掲載しております。
著作権は全て撮影者であるオオツカ熱帯魚 大塚 慎太郎様に帰属します。
無断で転載を行った場合は著作権法により個人・法人問わずに処罰の対象となります。
TOPページ熱帯魚の飼い方

Copyright(C)2002-2014 AQUARIUM FISHES All right reserved