熱帯魚を飼おう
TOPページ熱帯魚を飼おう飼育するための準備水槽のセッティング水合わせについて日常の管理
熱帯魚の分布
熱帯魚の多くは赤道を中心とした熱帯から亜熱帯域にかけて生息しています。
魚類は世界中におよそ3万種以上、淡水域に棲むものだけでおよそ1万種近いと言われています。
熱帯魚の故郷として名高いアマゾン川には、およそ3,000種もの魚たちが生息し、その規模の大きさが伺えます。
私たちが飼育する熱帯魚はこうして地球上の様々な場所から輸入され、またはブリードされた魚たちです。
簡単ですが熱帯魚の分布地図を記しておきました。
※画像をクリックすると拡大します
熱帯魚を飼おう
様々な飼育器具や研究のお陰で熱帯魚は私たちにとって身近なものとなりました。
自宅にいながら自然を感じられる。
多くの人々が部屋に植物を飾るのと同じく、熱帯魚は私たちに癒しを与えてくれる素晴らしい生き物です。
遥か昔より姿形を変えない古代魚の仲間や、色鮮やかな魚たちが一つ屋根の下で生活をする。
およそ自然界では有り得ないそのアンバランスな感覚も、熱帯魚を飼育する魅力の一つでもあります。
近年では「熱帯魚を飼うのは難しい」という認識が薄れたせいか、十分な知識もなく安易に飼われた魚が、哀しい末路を辿る話も多く聞かれます。
当サイトでは熱帯魚を飼うにあたっての心構えは勿論、より充実したアクアライフを過ごすための情報を、詳しく紹介していきたいと思います。
image
※Wkipediaより転載
■熱帯魚の基本データ
水温:25℃〜28℃ 照明:8時間程度 給餌:一日2回 管理:水換え(週に一度1/3程度)
飼育するための準備
まずは魚を飼う為の設備を整えましょう。
飼育する魚の種類によっても水槽の大きさは変わってきます。
当然水量が多くなればなるほど水は安定するものですが、管理は大変になります。
ここでは一般的である60cm水槽を例にとって説明していきます。
■必ず必要なもの

☆《お一人様1点限り》エーハイムグラス水槽 EJ―60(60×30×36cm)(単体)●【関東当日便可】

価格:2,230円
(2011/12/11 16:41時点)

ユーロ EXパワーフィルター 75【関東当日便可能】

価格:6,980円
(2011/12/11 16:39時点)
感想(407件)

テトラ LEDライト 60【関東当日便可能】

価格:8,290円
(2011/12/11 16:43時点)
感想(67件)

コンパクトスリムホットパック 200BLK(ブラック)(75cm水槽)【関東当日便】

価格:2,100円
(2011/12/11 16:45時点)

水槽・フィルター・照明器具そして熱帯魚に欠かせないのが保温器具。
各メーカーから様々な種類が発売されているので、好みにあったものを選ぶのも楽しみです。
便利なセット水槽もあるので、初心者の方はまずはそれからはじめるのが良いでしょう。
※水槽サイズとW(ワット)数の目安
・30cm(30リットル)以下の水槽・・・50W
・45cm(40リットル)以下の水槽・・・100W
・60cm(60リットル)以下の水槽・・・150W
・90cm(160リットル)以下の水槽・・・300W以上
・120cm(200リットル)以下の水槽・・・500W以上
・180cm(600リットル)以下の水槽・・・1,000W以上
※あくまで目安ですので詳しくは販売店などでお問い合わせください。
■その他必要なもの

テトラ 観賞魚の水つくり2点セット【関東当日便可能】

価格:210円
(2011/12/11 16:47時点)

各種水質調整材は、家庭の水を熱帯魚が住みやすい環境に整えてくれる便利なものです。塩素中和剤、また粘膜保護剤は必ず用意しておきましょう。

マルチ水温計【関東当日便】

価格:640円
(2011/12/11 16:53時点)
感想(594件)

熱帯魚の暮らしを管理する大切な水温計です。
マルチ水温計は水中と水の外での使用が可能です。メモリー機能も付いているので小動物にも使用可能なのが特徴です。

水心 SSPP―3S(エア量ダイヤル調整式)【関東当日便】

価格:1,650円
(2011/12/11 16:55時点)

不足がちな酸素を補給したり、ろ過やエアレーションなど様々な用途に使用します。低騒音・低振動のものが絶対的にお薦めです。また消耗品であるダイヤフラムの交換パーツが揃っている機種を選べば末永く使えて便利です。

超濾過セット ライフ(1L)+リングプラス(1L)【関東当日便】

価格:3,240円
(2011/12/11 16:56時点)

ろ過には必ずバクテリアの住処となるろ材が必要になります。
最近ではバクテリアが付着したタイプもあるので、セットし始めの不安定な状態を早く回復できそうです。

《お一人様2点限り》田砂 10kg【関東当日便可】

価格:2,290円
(2011/12/11 17:00時点)
感想(266件)

最近ではより天然に近い底砂が多く出回るようになりました。
水草には勿論、魚にとっても底砂は落ち着く要素の一つです。
また水質安定に一役かってくれます。

セフティ共通ヒーターカバーL【関東当日便】

価格:530円
(2011/12/11 17:01時点)
感想(44件)

底棲魚には必須ともいえるヒーターカバー。
大切な魚を火傷から守ってくれます。

バックスクリーン “ARTI(アルティ)60” ジェットブラック(65×50cm)+スターターキット2【関東当日便可能】

価格:1,333円
(2011/12/11 17:03時点)
感想(3件)

バックスクリーンは水槽に臨場感を与えてくれるます。また光りの反射による熱帯魚の怯えを防止したり、熱を逃がさない保温効果も見込まれます。

ラクラク水かえくん【関東当日便】

価格:1,650円
(2011/12/11 17:05時点)
感想(57件)

熱帯魚を上手に飼う方法は適切な水換えにあります。
排水のためのポンプやバケツは水槽の大きさによってかえるようにしましょう。
■便利な水槽セット
熱帯魚を飼うにあたって必要不可欠なものが全て揃った便利なセット水槽。
まずはこれから始めるのをオススメします。

《お一人様1点限り》アクロ90 90cm水槽セット《別途送料・時間指定不可》●

価格:174,780円
(2011/12/11 17:08時点)

☆《お一人様1点限り》オールガラス水槽 EJ―60 水槽台(黒)セット (外部式フィルターVX−75付属)●【関東当日便可】

価格:14,120円
(2011/12/11 17:10時点)

水槽のセッティング
■水槽のセット
水槽を購入したら水槽を置く場所を決めましょう。
水槽は水を入れると当然重くなり、一度セットした水槽はなかなか移動できませんので置き場所は慎重に選びます。
yaji水槽・その他器具についてyaji参照
設置場所として意外に多いのが下駄箱やカラーボックスなどですが、それらは長期の重量・漏水によって必ず歪んでいきます。
その為、水槽は専用台か長期にわたって設置しても歪みの出ないしっかりとした場所に置きます。
又、直射日光が当たる場所やドア付近なども避けましょう。
■水を作る
水槽を設置したら早速水を張ります。
ろ過(フィルター)もろ材を全て設置し、必要に応じて底砂(種類によっては軽くすすぐ)を入れます。
そしてヒーター類もセットして水槽に水をはりましょう。
水槽に入れた直後の水は白っぽくなりますが、一晩も経てば水は落ち着いてきます。
そのまま何もない空状態で(フィルター&ヒーターは回しておく)2週間ほど経過すれば自然とバクテリアが繁殖してきます。水草を植えておくと更に早く水が出来るようです。
水が出来たらいよいよ待望のお魚導入です。
■魚の導入ならびに水合わせ
2週間が経過した水槽でも空状態ではバクテリアの繁殖は鈍く、いきなり沢山の魚を入れるのは非常に危険です。例えバクテリアの素を入れたとしても、バクテリアの餌となるものが存在しない為、繁殖率は極めて少ないのです。この状態で多くの魚を導入してしまうと今度は魚の排泄物・残餌により発生したアンモニアの分解が追いつかず、魚がバタバタと死亡してしまいます。
とにかく慌てずに最初は少ない魚数でバクテリアの量と魚の微妙な関係を覚えましょう。
水合わせの仕方
魚を買ってきたらまず水槽に袋ごと浮かべます。(水温を合わせる意図)
時間にして30〜1時間程度でしょうか、それから袋の水を魚ごとバケツなどの容器に移します。
その後バケツに水槽の水を少量ずつ移し入れ、水温と水質を徐々に合わせていきます。この作業がいわゆる水合わせとなります。
水量が倍程度になったら水合わせが終了です。
様子を見ながら魚を網で掬って水槽に移してあげます。(袋の水は絶対に入れないこと
野生種や淡水エイなど、水質に対して非常に敏感な種類には、更に丁寧な水合わせを行う方が良いでしょう。(エアチューブなどから少しずつ水槽の水を移し、時間をかけて合わせる)

袋の水を移さない理由には、病気や寄生虫の持ち込みを防ぐ意味や、輸送の際のスレにより、汚れた水をわざわざ移し入れない為です。
予備に水槽があるのなら、一時的に隔離し、薬浴などトリートメントタンクとして利用するのが一番確実な方法です。
魚を導入して1週間が経過したら1回目の水換えを行います。
その後、様子を見ながら過密になりすぎないように魚を導入していきましょう。
日常の管理
日常の管理は給餌と水換えです。
給餌は一日2回、数分で食べきる量を与えます。
与え過ぎは水質悪化につながりますので毎日の観察により与える量を調整します。
水換えはポンプを使い目立った汚れと一緒に排水します。ウールマットを使用している場合は水換え毎に洗浄しましょう。
1/3〜1/4ほど排水し終わったら水を注水します。
注水には温度を合わせた水に、中和剤や必要に応じて各種調整剤を使って行います。
水換えはろ過の規模、飼育数にもよりますが、おおむね1週間に一度を目安に行います。また同時にろ過槽の汚れ、ろ材の目詰まりにも注意しましょう。

水質測定薬や器具があれば、今水槽がどんな状況なのか判断できるのでとても便利です。
特にpH測定は、その数値によって水換えのタイミングがわかる便利なものです。(通常水槽内にpH上昇の要因がない場合、水質は酸性に傾く為)
pHの数値を見ながら、それが突然降下したのか、徐々に下がっていくのかで、水換えや管理方法がガラリと変わってしまうからです。
ろ過バクテリアが十分機能し、餌を与え、水換えを怠らなければ熱帯魚はそうそう病気や調子を崩したりしません。せっかく飼い始めた熱帯魚ですので、末長く大切にしてあげましょう。
※水換えの詳しい方法は>>水換えの手順を参照。
■便利!水換えグッズ

60cm水槽用 水替え 6点セット【関東当日便可能】

価格:2,860円
(2011/12/11 17:13時点)
感想(1件)

観賞魚水槽用クリーナー おそうじポンプ 淡水用【関東当日便可能】

価格:1,870円
(2011/12/11 17:14時点)
感想(36件)

最後に
熱帯魚は生き物です。
飼育者の怠慢や飽きなどで安易に命を奪ってよいものではありません。
水、ろ過についてや各種飼育法、病気&アクシデントはそれぞれの項目をご覧ください。
TOPページ熱帯魚を飼おう飼育するための準備水槽のセッティング水合わせについて日常の管理
Copyright(C)2002-2014 AQUARIUM FISHES All right reserved