情報セキュリティ方針

   NPO法人自立支援センターむく(以下、「当法人」という)は、全ての障がい者に対して、障がい者が地域で自立
  した生活をするための自立生活支援に関する事業を行い、広く社会福祉に寄与することを目的とする活動を行っており
  ます。当法人は、お取引各社からお預かりした情報資産をあらゆる脅威から守り、お取引先をはじめとする利害関係者
  の信頼に応えてまいります。そのために、次の通り「情報セキュリティ方針」を策定し、安全かつ適正な情報セキュリ
  ティ対策を実施します。


  1.情報セキュリティ目的

     当法人は、情報セキュリティ目的を定め、その達成度を定期的に評価します。


  2.情報資産の管理

     当法人は、組織的、技術的に適切な施策を講じて情報資産の安全かつ適正な管理、運用を推進し、情報の漏えい
    や紛失、不正なアクセスや破壊・改ざんなどが起きないよう、徹底した安全対策を講じます。


  3.法令等の遵守

     当法人は、業務上及び情報セキュリティに関する法令、規制又は契約上の要求事項を遵守します。


  4.教育訓練の実施

     当法人は、役員、従業者及びその他の情報資産を利用する者に対し、当法人の規定の理解と情報資産の重要性を
    十分に認識するように、必要な教育訓練を実施するとともに、この方針の周知徹底をはかります。


  5.情報セキュリティインシデント(事故)の管理

     当法人は、情報セキュリティ上の問題に対して発生の予防を図り、万一の問題発生に対しては迅速にこれに対応
    します。


  6.継続的な改善

     当法人は、情報セキュリティの運用状況や関連する諸規程を定期的に見直し、必要に応じてこれを改善します。


                                          制定 2015年12月1日

                                          NPO法人自立支援センターむく
                                          理事長 木村利信

▲ページの先頭へ戻る