地デジ移行工事が混むため今工事するほうがお得?地上デジタル放送の切り替えを損をしないために。だまされないための基礎

 

2011年になると地デジ移行の工事費が高額になる

 

地デジ移行工事が混むため今工事するほうがお得?

 

地上デジタル放送を見るためにデジタルCATV、BSデジタル放送、110度CSデジタル放送、

地上デジタル放送、個々にアンテナを立てると高くつく?

 

など 

テレビが見られなくなる!

という話に

契約内容もわからないままに契約をしてしまいトラブルになるケースが目立つそうです。

 

地上デジタル放送アンテナ切り替え助成金を受けるため指定口座に振り込むように案内する文書が送られた例もあります

 

「地デジの接続料金請求書」と書かれた封書が送付され、

UHFアンテナ受信端末切り替え工事代金といった架空請求を送りつけられた時にびっくりしてしまわないように

地上派デジタル放送受信のアンテナの基礎知識をお話します。

 

地上派デジタル放送受信可能のアンテナかどうかを確認しましょう

 

戸建て住宅の場合、地デジを受信できるアンテナかどうかも気になります。、

地デジのアンテナってどんなアンテナを選んだらいいのでしょう

 

まず地デジが受信できるエリアかどうかを確認してください!

地上デジタル放送送信塔からの距離や電波によって使用できるアンテナが変わります

 

地上デジタル放送を受信するためのアンテナ工事については

VHFアンテナを使用している場合に、UHFアンテナに変更する必要があります。

 

すでにUHFアンテナを利用している場合でもアンテナの一部取替えや調整が必要になることがあります。

地デジの受信アンテナの最大のトラブル 地上波デジタルテレビ放送受信アンテナ設置訪問業者の勧誘に注意

 

地デジのアンテナの設置工事の依頼もしていないものについて事業者が料金を請求することはありません。

このような信じられない、アンテナ設置被害が多数消費者センターに報告されています。

 

また、訪問販売のような形でアンテナ工事の勧誘を受けても即決せずに、、まず問い合わせを自分でしてから、いくつかの業者の資料などを吟味して、

複数の各業者から見積もりを取り、決定しましょう

 

契約はくれぐれも慎重に行いましょう。

 

補足ですが、不要になったアンテナの撤去やアンテナの点検を装っての訪問販売には気をつけましょう

地デジのアンテナ工事だけでなく屋根工事を勧誘されるなどトラブルになる可能性もあります。

地上デジタル放送を受信するにはUHFアンテナと地上デジタル用のテレビまたは地上デジタル用のチューナーが必要

 

地上デジタル放送を受信するにはUHFアンテナと地上デジタル用のテレビまたは地上デジタル用のチューナーが必要です。

 

現在、UHF放送を受信していれば家庭内のテレビ配線もそのままで使えます。

 

アンテナの見分け方を簡単に説明すると、

アンテナが全体的に大きく、魚の骨のような横棒の大きさがばらばらであればVHFアンテナ、

横棒が短く均等でたくさんある。そしてコンパクトなのがUHFアンテナです。

 

地上デジタル放送はUHFの電波を使って放送されています。

したがってUHFアンテナを地上デジタル放送の送信塔に向けて立てなければなりません。

 

今までアナログ放送を受信していた送信塔から地上デジタル放送が発信されている場合そのまま使用できますが、

受信できない地域もあるので必ず確認をしてください。

DHマークの付いたデジタルハイビジョン対応のアンテナとは?

 

デジタルハイビジョン対応のアンテナには、DHマーク(デジタルハイビジョン受信マーク)が付いています。

 

新たにアンテナを設置する場合は、DHマークの付いたデジタルハイビジョン対応のアンテナを購入のめやすにしてください。

地上デジタル対応のブースター(増幅器)とは?

 

増幅器(ブースター)を使用している場合はブースターの利得を再調整、

または地上デジタル放送用の多チャンネル対応ブースターに変更する必要があります。

 

地上デジタル放送が始まり、アナログ放送と地上デジタル放送の電波が増えてきているため、

ブースターが過入力状態となり、テレビ画面に白い斑点状のノイズが出ることがあります。

 

UHF放送に出るこの症状は、ブースターの利得を調整することで解決します。

 

調整してもテレビ画面のざらつきが改善されない場合には、

残念ですが、地上デジタル対応のブースターに交換する必要があります。

集合住宅の場合は地上デジタル用テレビ、または地上デジタル用チューナーが必要

 

集合住宅の場合は

地上デジタル用テレビ、

または地上デジタル用チューナーが必要になります。

 

双方向サービスを利用する場合、

地上デジタル用テレビ、

または地上デジタル用チューナーに電話線を接続する必要があります。

地上波デジタルテレビ放送受信のためのアンテナ 用語解説

 

UHFって何でしょうか

 

UHFとはUltra High Frequencyの略です。

極超短波という意味です。 13chから62chのこと300MHzから3GHzまでが該当します。

その中で、テレビ放送では470MHzから770MHzまでを使っており

13チャンネルから62チャンネルの番号がついています

 

VHFってなんでしょうか?

 

VHFとは、超短波。 30MHz〜300MHzの電波のことをいいます。

(ラジオのFM放送も、76MHzから90MHzの電波を使っていますので、VHFの一部です。)

テレビの場合、90MHzから222MHzまでを使用しており

90〜96MHzを1チャンネル、96〜102MHzを2チャンネル・・・と帯域ごとに 番号を付けて使用し、

1チャンネルから12チャンネルの番号がついています。

 

DHマークとは

 

(社)電子情報技術産業協会(JEITA)では、

BS・110度CSの衛星放送及び地上デジタルテレビ放送ホーム受信用アンテナ・ホーム受信機器の

性能及び品質の維持向上のために登録制度を定めて

”JEITAデジタルハイビジョン受信マーク”を付し、

これを自主的に管理することによって良質なホームアンテナ・ホーム受信機器を審査・登録し、

これらの製品の普及促進を図ることを目的にしています。

安心のご予算内で、しっかりとした地デジのアンテナ設置業者を選ぶためには?

 

以上の基本を踏まえておけば、業者選びの第一段階は大丈夫です。

 

あとは、とにかく、安心できる納得のご予算内で しっかりとした業者さんをを選ぶためにも、

複数の業者さんへの資料請求と、概算見積もりをまず請求して、

 

ご予算に合った地上波デジタル放送の対応アンテナの工事をしていただけるかどうかを、

業者さんに、訪問していただく前に、ご自分がじっくり確認しておくことが、もっとも重要です。

 

 

 

もし、あなたのご家庭が まだ、地デジ工事がおすみでないなら・・・技術と価格、絶対安心な全国組合をお勧めします

全国組織だから安心価格 地デジ工事組合