まぶたのたるみの原因 目を酷使している人は要注意!

まぶたのたるみの原因は加齢だけではないのです

 

現代社会においては、

不慣れな医師による二重まぶたの治療後にも起こりやすいです

俗に言う埋没法の施術を受けている人に多発しています。

 

一般的には

 

長期のハードコンタクトの使用、

花粉症、

さかさまつげ 

マスカラの使用

 

そして

 

長時間のテレビゲーム、

パソコン、

よく泣くこと、

アトピーなどで目を良くこする

 

などなど 日常生活の何気ない動作で

まぶたのたるみは引き起こされると指摘されています

まぶたのたるみ 眼瞼下垂とは?先天的眼瞼下垂症、後天的眼瞼下垂症(腱膜性眼瞼下垂症)

眼瞼下垂(がんけんかすい)

まぶたがたるんだ状態

しっかりと目が開いていない状態を 眼瞼下垂(がんけんかすいといいます)

 

眼瞼下垂はまぶたを持ち上げる筋肉が

何らかの原因によって弱って

まぶたを持ち上げる筋肉とまぶたとがしっかりとくっついておらず、

たるんでいる状態を言います

 

先天的眼瞼下垂症

 

まぶたがたるんだ状態のものにも

先天的なものがあります

それが先天的眼瞼下垂症といいます

 

後天的眼瞼下垂症(腱膜性眼瞼下垂症)

 

後天的に筋肉が伸びてしまって 

しっかりと開くことができないまぶたの状態を

後天的眼瞼下垂症または腱膜性眼瞼下垂症と呼びます

 

まぶたのたるみ 眼瞼下垂の主な症状

眼瞼下垂の主な症状としては

 

肩こり 偏頭痛

額のしわ

まぶたが重い

上まぶたがへこむ

最近目地小さくなった?

長時間目を使った後目の奥に痛み

目をよくこする

眼精疲労が強い夕方になると額に部分に違和感、

痛み 二重の手術後の全体的な違和感、

 

上記の症状です

 

まぶたを持ち上げる筋肉が何らかの原因により

伸びて開けにくくなった場合

しっかりと開こうという神経が働いて

額の筋肉つまり前頭筋が働きかけます

 

前頭筋を使って目を開けようとする状態が常に繰り返されると

前頭葉は常に緊張した状態になり

補助に頼らなければ目を開けていられない状態になります。

そういう癖がついてしまうのです

 

前頭葉やまぶたの中にあるミューラー筋は

交感神経系に作用していて 常に緊張の信号を出しています

肩こりや偏頭痛もその症状のひとつです

※二重まぶたの埋没法はミューラー筋の緊張をさらに悪化させるのです

まぶたのたるみ 眼瞼下垂の治療方法

だからこそ治療方法が分かれます

 

まぶたのたるみ‥

見た目の治療とつらい症状緩和のための治療

パッチリとした目を取り戻すのがメインの治療か

肩こり、額の違和感、偏頭痛の緩和をメインにするか、です。

 

それにより選ぶ手術も変わってきます。

手術によりつらい症状が改善されると積極的に精神面での効果も期待できます。

自覚症状がある場合には専門医を受診してみることをお勧めします。

 

ここをクリックすると 眼瞼下垂症の専門クリニックに、無料でメール相談できますよ

 

 

 

※ クリックすると以下のキャンペーンページに行きますので、矢印のボタンをクリックして

無料のメール相談、または無料の資料請求をしてくださいね。

 

なおキャンペーンページにつきこのページには、眼瞼下垂症の事はのっていませんが、すごく親身になってくださいます。

その際眼瞼下垂症の相談であることを書くと良いですよ。そのほうが話が早いですよ。

 

 

こんなページに飛びます↓

 

 

Copyright © 2008 まぶたのたるみ 治療法最前線 All rights reserved.