これだけでOK 女性の保険選びはこちら

女性の医療保険(女性保険)やがん保険を比較・検討する際のチェックポイント

女性保険をはじめ、医療保険をチェックする際に重要なことは

 

自分にとってどういう保障(安心)が、必要か。

これだけは保険に保障してほしい条件。

ココは、保険の保証が薄くても大丈夫という条件。

 

思いつくままことをまずリストアップして

自分の本当に、必要だと思われる保証の優先順位を探ります。

 

そして、取り寄せた女性保険などの医療保険等の資料や見積もりを比較

または保険のプランナーの方に念入りに確認しましょう。

 

と、ここまで、読んで、もし 

 

『そんなこといっても医療保険ってえらぶの難しくって?』

『プランナーや保険屋さんに相談したら、いいかもにされちゃったらやだなぁ』

 

と、おもったあなた!

 

そんな、心配性だけど自分の体を大切に考えているあなたへ、

 

そんなあなただけに、

わたしが、今の医療保険 女性のための女性保険に出会うまでのコツを書いてみますね。

 

それでは まずあなたに最適の、あなたにあった、もっともお得な医療保険を選ぶコツを、見ていきましょう。

女性保険 女性のための医療保険の保障内容をチェック

医療保険の商品によって保障内容はさまざま

病気にもいろいろなものがあります

 

手術が必要な病気、

ケガ、 通院で済む病気、

ケガ 長期入院など

掛け捨てなのか、どうなのか

女性の保険の無料相談はこちら

女性保険 女性の医療保険のその他のチェックポイント

その他

三大疾病

特定臓器の治療、

死亡高度障害補償

などが主な保険商品にはあります

 

一口に女性保険といっても 病気・ケガのほか、

地震等の天災を原因とする入院・手術の保障、

犯罪被害などによる心身障害や法律相談、

賠償責任までカバーする女性専用プランがついている

エース保険の女性保険のようなものがあります。

どの女性の医療保険(女性保険)が女性特有の疾病に強いか

女性保険ならではの保障、

たとえばアリコジャパンの女性保険には

女性のことを考えた入院保障と、ダブルボーナスがついた女性限定の保険です。

 

その女性向け医療保険でもチューリッヒ生命の女性保険は

手軽な保険料で、病気・ケガはもちろん、女性特有の病気から5大生活習慣病まで幅広く保障されます。

 

幅広く保障される女性保険の中には次のような保険もあります

 

東京海上日動あんしん生命の女性専用の医療保険は給付金つきです

乳がんで乳房再建手術を受けられた場合には100万円の給付金。

女性保険は女性に多い病気を特に手厚く保障し一生涯女性を守る保障内容になっているのです

どの女性の医療保険(女性保険)が保障は何歳までか

保障は何歳まであるのか、も大切です

 

女性保険は、保険期間が制限されている定期タイプと、

一生涯を保障する終身タイプがあります。

 

一定期間ごとにボーナスがもらえる女性保険も多いです。

 

損保ジャパンひまわり生命の女性保険などは 子宮筋腫など女性が気になる病気はもちろん、

すべてのがんも重点保障。 さらに入院しても3年ごとにボーナスが受け取れる、うれしい保障です。

女性の健康上の不安に答える相談窓口がある女性保険か

女性の健康上の不安に答える相談窓口がある女性保険であることが重要です。

 

女性のライフスタイルに合わせた保険を多くの保険会社が取り扱っています。

 

一般的な医療保険の中でも、女性疾病特約を付け加えることで、

女性特有の病気を手厚く保障してくれる保険もあります。

 

何より、病気になってから手術、治療心のケアまでフォローしてくれるタイプは心強いです。

気になる女性保険の保険料について

保険料はお手軽でもしっかり備えた女性保険が望ましい、そうお考えの方も多いはず。

 

ジブラルタ生命の女性保険は 女性にうれしい保障が充実、

なのに保険料はお手軽! しかも10年ごとに保険料の半分の金額が戻ってくるという医療保険です

意外と忘れがちなポイント1、女性保険の保険料払込期間をチェック

これは保険料を支払う義務のある期間のことです

 

保険料払込期間が保障期間より短く設定されているタイプ(たとえば20年払込30年満期)

保険料払込期間が保障期間と同一のタイプ(たとえば20年払込20年満期)があります。

 

よく確認しましょう

ただし・・・・それでもよくわからない・・・・比較が面倒

私はそうでした

そんなあなたには、

女性の保険の無料相談はこちら

意外とこれも忘れがちなポイント2 各会社の女性保険の給付条件の表現の違いをしっかり確認する。

給付条件にはいろいろあります

入院給付金が入院何日目から支払い対象になるかが重要です。

 

たとえば 入院期間、三井住友海上きらめき生命の女性保険は 1泊2日の入院から保障します(1入院60日を限度として通算1095日まで)

ちょっとした入院にも保障があるととっても安心です。

しかも女性特有の病気やガンにもしっかり備える保険です。

 

※1回の入院で支払われる給付金や入院日数の上限もきちんと確かめましょう

保険料の支払額が変化するのか、これも重要な女性保険のポイント

各社の女性保険の保険商品には、一生涯保険料が変わらないタイプ(終身タイプ、80歳までなどと宣伝している長期型のもの)

と更新時に保険料が変わるタイプ(保険期間が決められている定期型の保険。

そのなかでも更新が可能なもの)があります。

 

生活スタイルに合った計画的なプランを考えましょう。

 

女性疾病特約がある女性保険には、

通常の医療保険に女性疾病特約を上乗せするタイプと、

女性専用の保険の二つがあり、

また保険期間が定められた定期保険のタイプと、

一生を保障する生涯保険タイプがあります。

 

ここでは女性保険といわれる女性特約保険の内容にほんの一例をあわせて紹介しました。

納得のいく保障の、あなたのライフスタイルに合ったあった女性保険選びの参考になればうれしいです。

なぜ、私は今の女性保険に決めたのか?

医療保険を扱っている、保険会社各社から

近年の、女性特有の、乳がんなどを初めとした、疾病に対して、

通常の医療保険に比べて、女性の不安をより解消でき、安心して 加入いただける保険として、

女性保険という保険商品が生まれました。

 

もちろん、女性特有の病気以外にも、

規定の入院給付金や通院給付金などが受け取れますが、

女性特有の病気にかかったときには

、女性保険は さらに通常よりも手厚い保障を受けられる設計となっています。

 

(例1) 子宮筋腫や乳がんを発症され、流産、妊娠・分娩の合併症を起こしたケース などのように、女性特有の病気になられた場合 入院給付金が10,000円支給。

(例2) 男女ともかかる通常医療保険でも対応する病気、および ケガなどでの入院の場合は5,000円支給。

というような保障になります。

ただし各社、それぞれ独自のプランを組んでいるので、その割合は 異なる場合がありますので、よく確認しましょう。

 

厚生労働省の発表データをまとめると、

私たち女性の病気の傾向は以下のように出ています。

私は、限りある家計の中で、自分と家族の安心のため

保険料を払う保険選びに、大変参考になる、データだと思いました。

 

大事なポイントを要約すると、

1、女性のガンは乳ガンが26%と圧倒的に多い。

2、約38%が女性特有のがんであること

3、25歳位からの女性の入院理由の上位を占めるのは女性特有の病気である

以上が、私の気持ちを、女性保険に向けた理由です。

 

確かに、通常の医療保険より、ある部分保障の範囲を 狭く設定されている女性保険もありますが、

それでも、女性特有の病気に絞った、女性保険の登場は 保障と、

保険料双方から見ても、われわれ女性には  うれしい保険であると思います。

 

さあ、あなたはもう大丈夫

 

あなた自身の安心ライフへ 最良の女性保険に出会ういわば目利きとなれたと思います 。

 

まず、完全無料で納得いくまで相談できる女性の保険専門のプロはこちらが良かったです。

一切料金はかからないのでこちらから初めてみられたら良いと思います

 

女性の保険の無料相談はこちら

- 女性の保険 -