これだけでOK 女性の保険選びはこちら

なぜあなたはマンモグラフィ検診を受けないのですか?

乳房の診察を受けるのは気が進まないですか? 

 

たしかに勇気が入ります

なるべくだったらやめたいです

 

乳がんかも・・・・気のせいかも知れなし、

乳がんだったら・・・・・良性だと思いたい‥

揺れる心・・・・・

 

もし女性の先生だったらどうですか

 

乳がん専門の外来だったらどうですか

 

乳がんの治療方法をわかるまで説明してくれる親身になってくれる

先生だったらどうですか

 

乳がん専門の看護師のチームがある病院だったら?

 

あなたが気軽に受診できる病院を探してみませんか ?

 

乳腺外来、ブレストセンターなど乳腺外来があるところが望ましいですが

手術の症例数や治療サポートの体制が整っているかも調べます

 

そして安心して診察を受けましょう.

乳がん検査、マンモグラフィ撮影ってどんなことするのでしょう?

上半身は裸です

 

診断に必要なよい映像を撮るために、

マンモグラフィ撮影では乳房を圧迫板で強めに押さえ平たく伸ばします

 

そのままの形で撮影すると乳腺や脂肪または血管などで腫瘍を見逃さないように写すためです

 

また 平たく伸ばすことで放射線の被爆量を少なくする効果もあります

 

放射線被爆は他の部位よりも部分的な被爆なので骨髄などには影響はなく撮影で受ける放射線の量も少ないです

 

乳房を上下から押さえるように平たく、そして強目に抑えますが

一定以上の圧力はかからないように設定してあるのでご安心ください。

 

はさんでおさえてつぶす感じです。

 

反応は人によってさまざまですが、なるべくリラックスして受けたほうが楽に撮影できます。

検査を受けてもしものときに、いざというときの安心のために知っておきたい、今話題の女性保険とは

厚生労働省の発表データに、

私たち女性の病気の傾向は以下のようにかいてありました。

私は、限りある家計の中で、自分と家族の安心のため 保険料を払う保険選びに、大変参考になる、データだと思いました。

 

大事なポイントを要約すると、

 

1、女性のガンは乳ガンが26%と圧倒的に多い。

2、約38%が女性特有のがんであること

3、25歳位からの女性の入院理由の上位を占めるのは女性特有の病気である

 

以上が、私の気持ちを、女性保険に向けた理由です。

 

確かに、通常の医療保険より、ある部分保障の範囲を 狭く設定されている女性保険もありますので選び方には注意が必要です。

しかし選び方を間違えなければ、女性特有の病気に絞った、女性保険は

保障と、保険料双方から見ても、われわれ女性には、いざというとき他の保険にはない、威力を発揮します。絶対頼もしい保険であると思います。

 

そのためにも、まずあなたにとって、すぐにやることは、専門のプロへの相談です。 こちらが一番親身になってくれました しかも無料ですから。

はじめの一歩といえるのではないでしょうか

 

 

- 女性の保険 -