これだけでOK 女性の保険選びはこちら

ピンクリボン活動とは?乳がんの撲滅への啓発活動の礎

乳がん啓発活動のシンボルとして有名な「ピンクリボン」。

 

もともと、女性の8人にひとりが乳がんになる乳がん先進国アメリカで生まれました。

 

アメリカでは、フォード、レーガン前大統領夫人は、

襟もとにピンクリボンバッジをつけ、

自らの乳がん体験を公表しました。

 

また、クリントン前大統領は、

10月の第3金曜日を「ナショナルマンモグラフィデイ」と制定し、

国を挙げての乳がん死を減らす運動が始まりました。

 

また、多くの市民団体が、さまざまな形でピンクリボン運動に取り組んでいます。

 

まちでも多くのピンクリボンをみかけました。

ピンクリボン活動のポイントは、まず一人一人のセルフチェックから

乳がんは日ごろからのセルフチェックが早期発見につながります

また、いざというときに備えて女性保険を選んでおくのも大切です。

ココでは乳がんセルフチェックポイントをお話します!!

 

乳がんセルフチェック@

月に一回の月経がある人は月経終了後1週間以内に乳房の張りや痛みがなくなって柔らかい状態のときにチェックします。

 

乳がんセルフチェックA

皮膚を傷めてしまう可能性もあるので お風呂やシャワーのとき 石鹸などの滑りやすいものをつけてゆっくり乳房の周りからなでます

指の腹で押すように優しくなでます。 

 

乳がんセルフチェックB

指でつまんだり強く押さえないように 4本の指をそろえて指の腹と肋骨で乳房をはさむように押さえるように

しこり こぶなどの硬い部分がないですか?

乳腺と周囲のリンパ節すべてチェックしましょう

 

乳がんセルフチェックC

乳房を絞るようにして分泌物が出てないかもチェック

 

乳がんセルフチェックD

鏡の前で腕を高く上げ(頭の後ろで手を組むように)

へこみ、引きつれ、湿疹、くぼみチェック 鎖骨から乳房の下、わきの下から胸骨のところまでしっかり

 

乳がんセルフチェック 最後に

自分の普段の乳房の状態を知っておくことが大切です

乳房の主治医を20歳代くらいから見つけておくとよいです

身近なご家族や夫 恋人とも乳房のことを話題にしましょう。

それでも不安は尽きないもの。マンモグラフィ検査にも威力を発揮、女性のための 医療保険(女性保険)をチェックしよう。

女性保険をチェックする際に重要なことは

 

自分にとって何が必要か。

これだけは女性の医療保険に保障してほしい条件。

ココは女性保険の補償になくても大丈夫という条件。

 

思いつくままことをリストアップして優先順位をつけます。

 

そして、取り寄せた資料や見積もりを比較し念入りに確認しましょう。

 

○女性保険の保障内容をチェック

女性保険の各社の保険によって保障内容はさまざま

保険補償の対象の病気や疾患にもいろいろなものがあります

 

○その他 三大疾病 特定臓器の治療、 死亡高度障害補償などが主な保険商品にはあります

 

○女性特有の疾病に強いか

 

○保障は何歳までか、も大切です

 

女性保険は、保険期間が制限されている定期タイプと、 一生涯を保障する終身タイプがあります。

一定期間ごとにボーナスがもらえる女性保険も多いです。

 

○女性の健康上の不安に答える相談窓口がある女性保険もいいですね。

女性のライフスタイルに合わせた保険を多くの保険会社が取り扱っています。

 

一般的な医療保険の中でも、女性疾病特約を付け加えることで、

女性特有の病気を手厚く保障してくれる保険もあります。

何より、病気になってから手術、治療心のケアまでフォローしてくれるタイプは心強いです。

 

○気になる保険料について

保険料はお手軽でもしっかり備えた女性保険が望ましい、そうお考えの方も多いはず。

 

○保険料払込期間をチェック

これは保険料を支払う義務のある期間のことです

保険料払込期間が保障期間より短く設定されているタイプ(たとえば20年払込30年満期)

保険料払込期間が保障期間と同一のタイプ(たとえば20年払込20年満期)があります。よく確認しましょう 。

 

○給付条件はどうですか

給付条件にはいろいろあります 入院給付金が入院何日目から支払い対象になるかが重要です。

※1回の入院で支払われる給付金や入院日数の上限もきちんと確かめましょう

 

○保険料は変化するのでしょうか

保険商品には、一生涯保険料が変わらないタイプ

(終身タイプ、80歳までなどと宣伝している長期型のもの) と

更新時に保険料が変わるタイプ

(保険期間が決められている定期型の保険。そのなかでも更新が可能なもの)があります。

生活スタイルに合った計画的なプランを考えましょう。

 

まずは、リスクのない完全無料の女性保険専門のエキスパートに相談することが肝心です

 

女性の保険の無料相談はこちら

- 女性の保険 -