これだけでOK 女性の保険選びはこちら

子宮ガン検診を知る

女性なら気になる子宮がん検診ですが

 

子宮がん検診には、「子宮頸がん検診」と「子宮体がん検診」の2種類があります。

 

一般に自治体で30歳以上の女性を対象に行われているものや、

職場での集団健診で行われるのは、子宮頸がん検診のほうです。

 

内診台にあがります 足を開いて横になる台です

 

怖くありません、

 

リラックスして診断を受けましょう.

子宮がんの検診の種類は?

【子宮頸がん検診】

 

内診台に上がり、

医師がただれなどの症状の有無を見て確認したあと、

綿棒で子宮の入り口部分の細胞をこすり取り、顕微鏡で調べます。

 

自宅で行って提出する自己採取法もありますが、

正しく採取できないことが多いので、

なるべく婦人科で検査してもらうようにしましょう。

 

なお、子宮頸がん検診は性交経験のある人なら10代、20代であっても必要です。

 

 

【子宮体がん検診】

 

同様に内診台に上がり

医師が子宮の奥まで小さなブラシ状の器具を挿入して細胞を採取して調べます。

 

場合によっては、正確を期すために超音波検査を併用することもあります。

 

子宮体がん検診は無料検診に含まれていないことも多いものですが、

30歳半ば以降の人や月経のトラブルがある人は、頸がん検診と併せて受けるようにしましょう。

もし、子宮がんが発見されたら、不安になる前に。最低限かつ最良の選択とは子宮がん治療のための医療保険の選び方

各社の女性保険を比較・検討する際のチェックポイント

 

チェックする際に重要なことは 自分にとって何が必要か。

 

これだけは保障してほしい条件。

ココはなくても大丈夫という条件。

思いつくままことをリストアップして優先順位をつけます。

 

そして、取り寄せた資料や見積もりを比較

または保険のプランナーの方に念入りに確認しましょう。

 

○保障内容をチェック

保険の商品によって保障内容はさまざま 病気にもいろいろなものがあります

 

○その他

三大疾病 特定臓器の治療、 死亡高度障害補償などが主な保険商品にはあります

 

○女性特有の疾病に強いか

 

○保障は何歳までか、も大切です

女性保険は、保険期間が制限されている定期タイプと、

一生涯を保障する終身タイプがあります。

一定期間ごとにボーナスがもらえる女性保険も多いです。

 

○女性の健康上の不安に答える相談窓口がある女性保険もいいですね。

女性のライフスタイルに合わせた保険を多くの保険会社が取り扱っています。

一般的な医療保険の中でも、女性疾病特約を付け加えることで、

女性特有の病気を手厚く保障してくれる保険もあります。

 

何より、病気になってから手術、治療心のケアまでフォローしてくれるタイプは心強いです。

 

○気になる保険料について

保険料はお手軽でもしっかり備えた女性保険が望ましい、

そうお考えの方も多いはず。

 

○保険料払込期間をチェック

これは保険料を支払う義務のある期間のことです

保険料払込期間が保障期間より短く設定されているタイプ(たとえば20年払込30年満期)

保険料払込期間が保障期間と同一のタイプ(たとえば20年払込20年満期)があります。よく確認しましょう 。

 

○給付条件はどうですか

給付条件にはいろいろあります 入院給付金が入院何日目から支払い対象になるかが重要です。

※1回の入院で支払われる給付金や入院日数の上限もきちんと確かめましょう

 

○保険料は変化するのでしょうか

保険商品には、一生涯保険料が変わらないタイプ(終身タイプ、80歳までなどと宣伝している長期型のもの) と

更新時に保険料が変わるタイプ(保険期間が決められている定期型の保険。そのなかでも更新が可能なもの)があります。

生活スタイルに合った計画的なプランを考えましょう。

 

女性疾病特約がある女性保険には、

通常の医療保険に女性疾病特約を上乗せするタイプと、

女性専用の保険の二つがあり、

また保険期間が定められた定期保険のタイプと、

一生を保障する生涯保険タイプがあります。

 

ここでは女性保険といわれる女性特約保険のほんの一例をご紹介しました。

ぜひ、納得のいく保障を、準備しましょう。

 

 

一番心象の良かったところはこちらでした。女性の保険の無料相談はこちら

さらに、わかりやすい説明が、あなたの不安を、取り除く一助になると思います。

- 女性の保険 -