これだけでOK 女性の保険選びはこちら

もし乳がん子宮ガンを疑ったら?詳しい女性の医療保険

女性の病気のトップといわれるがん。

いざというとき、いたずらに怖がったりすることは何の解決にもなりません。

そのためにも、乳がん、子宮ガンをしっかり理解し、セルフチェック法を学び、

いざというときに最良な備えをする方法まで、経験者の生の体験談を掲載しています。

 

貴重な体験談の目次

女性保険の失敗しない選び方。女性の医療保険

女性の医療保険(女性保険)やがん保険を比較・検討する際のチェックポイントをわかりやすく解説。

女性保険などの医療保険等の資料や見積もりを比較する際注意する点をしっかり早分かり。

女性の医療保険(女性保険)やがん保険を比較・検討する際のチェックポイント

女性保険をはじめ、医療保険をチェックする際に重要なことは

 

自分にとってどういう保障(安心)が、必要か。

これだけは保険に保障してほしい条件。

ココは、保険の保証が薄くても大丈夫という条件。

 

思いつくままことをまずリストアップして・・・続きを読む

乳がん 不安、女性特有の病気

なぜ乳がんになるのか?乳がんを、漠然と怖がる前に。自己チェック法と、

万一、発症の際に最大の不安である高額治療に備えた現在の一番お得な医療保険の入り方をわかりやすく。

なぜ、乳がんになるの? 乳がんの原因はエストロゲンが深くかかわる

乳がんにかかる人は増えてきてはいますが、

専門病院で精度の高い診断と治療方法が普及してきているので、

現代では、乳がんは治る見込みの高い病気と考えられるまでになりました

 

乳がん治療の方法が多様化し・・・続きを読む

ピンクリボン活動と乳がんのセルフチェック法、安心の女性保険

乳がん啓発活動のシンボル、ピンクリボン活動。

アメリカのクリントン前大統領が10月の第3金曜日を「ナショナルマンモグラフィデイ」を制定したことから始まった。

私たち個人の女性一人一人にできることはなにか?

まず、私はセルフチェックと、高額な治療費に医療保険でいかに月々の予算を少なく効率的に備えるかを考えてみました。

ピンクリボン活動とは?乳がんの撲滅への啓発活動の礎

乳がん啓発活動のシンボルとして有名な「ピンクリボン」。

 

もともと、女性の8人にひとりが乳がんになる乳がん先進国アメリカで生まれました。

 

アメリカでは、フォード、レーガン前大統領夫人は、

襟もとにピンクリボンバッジをつけ、

自らの乳がん体験を公表・・・続きを読む

乳がん?と間違えやすい良性の乳房の病気、女性保険の保障は必要

乳がんかも?いや、悪性じゃなくて、良性腫瘍と信じたいけど(希望)

お風呂で、しこりを発見して、ドキッとしたことありませんか?

でもどうすればいいの?病院はどこに行けばいいの?治療お金はどれぐらいかかるの? 医療保険はどう準備すれば?

私たち誰もが持つ無視できない不安の元を簡単にわかりやすく解説。

乳がんかも? そう思ったら。病院はどこにいけばいいの?どこの科?

乳がんかも?

と疑うしこりの約9割は乳がん以外の症状や病気です

 

多くは乳腺症と呼ばれるホルモンのアンバランスが原因のしこり

気になったら・・・続きを読む

マンモグラフィ検査で乳がんを早期発見

なぜ日本の女性は検診を受けないの?

マンモグラフィ検査で乳がんを早期発見しましょう。マンモグラフィって?

と、万が一乳がんが発見されたときに備えて知っておくこと。

なぜあなたはマンモグラフィ検診を受けないのですか?

乳房の診察を受けるのは気が進まないですか? 

 

たしかに勇気が入ります

なるべくだったらやめたいです

 

乳がんかも・・・・気のせいかも知れなし、

乳がんだったら・・・・・良性だと思いたい‥

揺れる心・・・続きを読む

子宮ガン検診を知ろう。子宮がんの検診の種類

子宮がんの検診の種類をしっていますか?

子宮頸がん検診と子宮体がん検診の違いと安心の為の基礎知識を解説。

本当に必要な備えとして、いったいどれが頼りになるの?そんな疑問を考えてみた。

子宮ガン検診を知る

女性なら気になる子宮がん検診ですが

 

子宮がん検診には、「子宮頸がん検診」と「子宮体がん検診」の2種類があります。

 

一般に自治体で30歳以上の女性を対象に行われているものや、

職場での集団健診で行われるのは、子宮頸がん検診のほうです。

 

内診台にあがります 足を開いて・・・続きを読む

これだけでOK 女性の保険選びはこちら

- 女性の保険 -