HDDのデータバックアップの方法。Windowsを使っているなら代表的な方法としてこんなデータのバックアップの方法があります

HDDが故障するなんて

まったく予想していなかったわけじゃなかったけど

まさか、実際に起こるとは。

 

またこの次にしようって言って、

してなかったバックアップ。

後悔だけが残ります。

 

Windowsを使っているなら代表的な方法としてこんなデータのバックアップの方法があります

 

システム復元

システムの復元は、Windowsのシステムを以前の設定に戻すだけであるとされていますが、

周辺機器の構成によっては、より深刻な障害に陥る場合があります。

 

また、ハードディスク(HDD)の障害が発生している場合、

システムの復元を実行することにより、状況を悪化させてしまう場合があります。

 

セーフモード

セーフモードとはWindowsの特殊な起動モードで、

なんらかの不具合によりコンピュータに問題が生じたときのための診断用の起動モードです。

Windowsが起動できる最低限のシステムファイルを読み込み、Windowsを起動します。

 

通常の起動ではWindowsが立ち上がらない場合でも、

Windowsを起動することができる場合があります。

 

新しくハードウェアやソフトウェアをインストールした後やパソコンを強制終了させた後に

Windowsを起動できなくなった場合、

セーフモードで起動できれば、

ハードウェア設定の削除や、ソフトウェアの削除、システムの復元等を行ない、

Windowsが以前の設定に戻すことや、データのバックアップ作業を行なうことが出来ます。

HDDが壊れて悲しむ前に、バックアップの習慣化

データーのバックアップだけでも

とっておくのは習慣としたほうがいいと思います。

 

CD-R、DVD-Rなどの光学メディアよりも

ハードディスクHDDが高速書き込み可能です。

ただし、HDDは寿命が短いのが難点。

 

CD-R、DVD-Rなどの光学メディア、HDD以外の作戦として

Windowsの標準機能ブリーフケースが他のメディアや

ネットワーク上の共有フォルダなどとブリーフケースの中身を同期させることができるため

手軽なバックアップの方法と考えることができます。

 

ブリーフケースはネットワークに接続して、

複数のパソコンやデジタル家電などで大容量のデータを共有できる機能です。

 

ネットワーク接続なので離れた場所からもアクセス可能

 

写真や音楽、ビデオなどを共有して家族やいろいろな人とデータを楽しむことができます

 

ネットワークハードディスク(NAS)はLANに接続し

パソコンからLANを通じてアクセスできるハードディスクです。

 

最近ではこのハードディスクにソフトウエアが内蔵されていて、

バックアップが自動的にできる機能があります。

 

より安全をと考えている方は、

ネットワークハードディスクの中のミラーリングRAID(レイド)と呼ばれるものを搭載したNASがさらに安心。

2台のハードディスクで同時にバックアップを取ることができるので

どちらか一方に事故があっても片方が生きているので非常に心強いです。

 

データを失う前に。

追記 私の経験

 

でも、もしあなたが、確実に、大事なデータを救出したいという切実な状態に遭遇しているのなら、

以下をお読みください。

 

3年ほど前ですが、

他で「残念ですが、不可能です」といわれた、

うちの会社のPCが、こちらでみごとデータを取り出していただく事ができ、

取引先への納期が間に合い、首の皮がつながった経験を、私自身がしたからです。

 

しかも初期診断は無料の上、「受けさせていただいて、もし成功しなかったら、お代はいただきませんから」

といわれたのも新鮮でした。

 

「ユーザーさん自身が無理にいじって状況を悪化させてしまい、残念ながらこちらでもどうしようもなくお断りせざるを得ないという事も結構多いんですよ。残念ですが・・・・・」 と、おっしゃってた事を思い出します。

 

参考までに下記。

 

追記のデータ復活の会社