2006年11月5日の主日礼拝に、
 シムエル・アウェイダ師が来訪されました。

シムエルアウェイダ師はイスラエルのハイファにある、ベイト・エリアフ・メシアニック・コングリゲーションの牧師です。イスラエル生まれのアラブ人で、ユダヤ人がキリスト教に立ち返るよう献身的に伝道を進めています。

カスパリセンター理事、ハイファのエベネゼルホール(イスラエル唯一のホロコースト経験者のメシアニックジューのための老人ホーム)の理事でもあります。

ハーベストタイムでおなじみの中川健一先生が共にご来訪され、通訳をして下さいました。

礼拝後、食事をともにし、まじわりの時を持ちました。


※ユダヤ人伝道については、LCJE(ローザンヌユダヤ人伝道協議会)の働きもご覧下さい。 → LCJE Japanリンク

トップページへ戻る