鍼灸の適応疾患

循環器系  本態性高血圧、低血圧、狭心症、心臓神経症、動悸、四肢末端の血行障害、浮腫

呼吸器系  風邪症候群、気管支炎、喘息、咳嗽、参考インフルエンザ対策

運動器系  頸肩腕症候群、肩こり、寝違い、五十肩、むち打ち症、ぎっくり腰、腰痛、椎間板ヘルニア、変形性膝関節症、腱鞘炎,テニス肘
         打ち身、捻挫、股関節症、リウマチ、顔面神経麻痺、顎関節症

消化器系  胃下垂、胃アトニー、慢性下痢、過敏性大腸炎、口内炎、胃・十二指腸潰瘍、胃炎、胃酸過多、しゃっくり、便秘、痔疾、胆石症
         慢性肝炎、慢性虫垂炎  
          
泌尿器系  膀胱炎、慢性腎炎、ネフローゼ、前立腺炎、インポテンツ

神経科系  不眠症、眼瞼下垂、うつ病、ヘルペス後遺症,自律神経失調症、(三叉・肋間・坐骨等)神経痛およびすべての疼痛性疾患

婦人科系  更年期障害(のぼせ、イライラ、冷え性、生理不順、腰痛、肩こり、不眠、めまい、頭重、頭痛、眼精疲労etc),月経困難症
         生理不順、子宮カタル、子宮内膜症、不正出血、不妊症、産前産後及び妊娠中のケア、陰部の痒み、子宮筋腫

耳鼻咽喉系 耳鳴り、難聴、メニエール症、中耳炎、アレルギー性鼻炎、慢性鼻炎、慢性扁桃炎

皮膚科系  アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、円形脱毛症、にきび、慢性皮膚炎

内分泌系  糖尿病、甲状腺機能障害

眼科系    結膜炎、眼瞼炎、眼瞼下垂、涙目、眼精疲労、眼圧亢進、白内障の進行阻止、目の奥が痛い、仮性近視

小児科系  夜泣き、疳の虫、小児喘息、夜尿症、虚弱体質

その他   アレルギー、慢性疲労症候群、慢性微熱などの全身疾患に対し非常に有効な実績があります。また各種癌疾患末期の疼痛に対してもハリ治療はその疼痛緩和に一定の効果があります  



どんなに現代医学の検査をしても原因のわからない体調不良でお悩みの方は少なくありません。検査で異常がないからといって問題がないとは限りません。検査でわかるのはわかる範囲にすぎないのですから。普段からよき鍼灸治療を受けられるということはとても幸せなことだと思います。
トップページへ戻る
                                                                    

chapter 1 安産の灸と逆子の治療

 不妊症や安産のためにお灸が有効なのは皆さんご存知ですか?知る人ぞ知るで、聞いたことあるという方もおられるかもしれませんネ。では妊娠2〜3ヶ月での妊娠悪阻、いわゆるツワリなどもハリ治療で解消することはどうですか?知らない人が多いのではないでしょうか。妊産婦に薬物はできるだけ避けたいのでなおのこと薬を使わない鍼灸治療の優位性が際立つ場面ですが、あまり使われていないとすれば大いなる損失、モッタイナイというべきところです。妊娠期は特に肩こりやのぼせがひどくなりやすいのです。金針をそっと臍下に当てるだけで上気が下がり身体も楽になります。赤ちゃんはお母さんの体調がよければそれだけすくすく育つのです。いい子が生まれるためにも母体の体調を常に調えておく必要があります。鍼灸のもっとも得意とするところです。
 安産の灸は妊娠3ヶ月ごろから始めます。三陰交という足の内踝の上4センチのところにあるツボにお灸をします。産室に入ることわずか20分で分免があったという人もいますようにこの灸の威力がわかるというものです。逆子の灸はその有効率が80パーセント以上といわれ、こんな(足の小指の先に小灸3個)簡単なことで妊娠40週を待たずに行われる帝王切開(日本は諸外国に比べ人口当たりの帝王切開による分免が異常に多いといわれています)の多くが回避できる可能性が高いのです。

chapter 2 小児はりのご案内

 夜泣き、落ち着かない、食欲不振、よく嘔吐や下痢をする等、いわゆる疳の虫の幼児には、目の白目が青い、眉間や鼻筋に青筋が立っている、目を開けて寝る、髪の毛が立っている、鼻の下が赤い等特有の顔貌があり、容易にそれと知ることができます。現代医学では小児神経過敏症体質ということであまり効果的な手段がないものです。神経過敏症ならそれほど重大なことではないのかといえばさにあらずで、決して等閑視できる事態ではありません。将来的に身体的発育のみならず情緒並びに性格形成にも重大な影響がでることになります。このような疳の虫症候にも鍼灸治療はとても効果があります。
 治療回数は続けて4〜5回、一回の治療時間約10分、小児は気持ちよくて2回目以降はすすんで来るようになります。費用:初回料1000円、治療費500円 回数券五回分で3000円
 なお、夜尿症、小児喘息、アトピー、虚弱体質など等にハリ治療はきわめて有効な治療法です。

chapter 3 膝関節症

 変形性膝関節症でお困りの方はいらっしゃいませんか?腫れたり、熱をもったもの、逆に腫れてはいないが痛いもの、運動痛、静止痛等様々なバリエーションがあります。五十肩をはじめその他の関節痛と同様に、膝が痛ければ膝が悪いのだと膝の治療をいくら続けてもほとんど効果が認められないということはよくあります。外科疾患といえど内科的な便秘や食欲の亢進、イライラ、内臓下垂、脇下の不快感、不眠など全身的な不調が調整されるような治療をすればほとんど治らないことはありません、治らないのは治療が間違っているからです。五臓を中心とする漢方的な診方でいえば、肝の気血不足か、肝脾不和か、肝の臓における気血の欝滞ということになります。肝、腎、脾の調整がまず必要です。患部はごくごく浅いハリを刺すか当てるだけで速やかに治効が現れます。

chapter 4 アトピー性皮膚炎や喘息

、そして花粉症も

 抗アレルギー剤でその場しのぎをしているだけではそもそも治療になっていませんから、何とか根治をと、自己責任で自分の健康を考えられる方なら誰でも思うことでしょう。アレルギーにも鍼灸治療は決定的な有効性を持っています。この治療法は漢方的な統合的生命全体観(要するに命あるものを成分分割する方法で理解しようとしても限界があるということです。どうしても伝統医学のような全体的把握がないと生命体を理解することはできないのです。)から汚血(体内で病理産物として停滞する濁血)を除き、肺気を強め(気の流動性を増し血流を促進、かつ皮膚呼吸を活性化します)胃腸を整え(気血の供給を促します)生命力を高めてゆくことができます。夜更かしや食べ過ぎ、冷たいものをのんだり食べたしないように、皮膚が赤くて痒いアトピーなら塩味を極端に減らすなどあらゆる生活指導も大切になってきます。


          

chapter 5 パニック障害


 いわゆるパニック症については漢方ではとっくの昔に解決のついた病症です。元気の根っことして理解される丹田、すなわち臍下三寸辺りの下腹中央にあるべき元気が衰えるか吹き飛んだとき、すなわち極度の疲労、頭で考えることが過ぎたり、上半身に気が偏ったときなど肝腎の陰気が衰弱すると衝気と呼ばれる気が沸騰するように胸に向かって突き上げることがあります。患者は異常な不安感に襲われ、まさしくパニックを呈するものです。決して珍しい症候ではありません。丹田に気を収め、腎気を補い肝気を調えてやれば胸を脅かす熱も自ずから消えてゆきます。鍼灸治療なら即座に解決しますが、普段から丹田の気を養うように治療や修練をすることが大切です。