悪徳算数家庭教師(個人指導)にご注意ください!

■個人で活動する家庭教師に依頼される場合、契約前に必ず当人の住所を正確に把握しておいてください。詐取常習者のほとんどは自身の住所を明かさず、平常の連絡手段はメールと携帯電話のみとしています。その理由は、トラブルが発生した際にご家庭側に直接自宅に来られて追及を受けるのを避けるためです。
被害については金額の大小を問わず各都道府県警察に必ずご相談ください! 警察では同一人物による被害情報を既に掴んでいます。

ご注意

当記事本編における詐取常習者と氏名のイニシャルが同一ですが、中学受験算数のプロ家庭教師でいらっしゃり、また、中学受験算数に関する刊行、および【算太・数子の算数教室】等種々の記事を執筆されているう山雄一先生は本件には一切関係ありません。う山先生には大変ご迷惑をお掛けいたします。また、当サイトへのご理解、ご協力を賜り、心より感謝申し上げます。



■被害者の会が発足します

・2017年7月、新たな被害者の方よりご連絡を頂き、他の被害者の方々との結束によりU.Y.(姓・名)氏に対する刑事告訴を企図し、この度「被害者の会」が発足する運びとなりました。

・詐取被害を受けながらも泣き寝入りされた方々が多くいらっしゃると思いますが、被害をそのままにされず、是非当方までご連絡くださいますようお願いいたします。

・047-451-9336
・細川
メール


口コミ情報掲示板
当サイト本編における詐取当事者(U.Y.氏=姓・名)によると思われる被害報告がご参照いただけます。

サイコパス
表面上は魅力的・相手の心理を取り込むのが上手い・良心の極端な欠如・虚言の積み重ね・他者の痛みに共感できない・罪悪感が皆無・自己中心的・詭弁による理不尽な主張・徹底した自己正当化・無責任な問題行動・衝動的な言動・責められると逆ギレする、といった反社会的人格を有する人が家庭教師の中にも少なくないようです。

 
本編 

講師の指導スケジュールを長期的に確保するには指導料の前納が有利、といった口実で
多額の指導料を前納させ、依頼者側(ご家庭)の都合により指導の辞退を申し出ても返金には一切応じないという悪質な詐欺業者がいます

保護者の不安心理を巧みに利用し多額の指導料の前納を要求してきても、決して受諾されないようご注意ください!

      

保護者への案内説明時には、指導中止に際して前納した未消化分指導料の返金に応じる旨の説明をしておきながら、実際には家庭側はほとんど払い戻しを受けられず泣き寝入りをしています。

ある被害のケース(平成14年=2002年)では係争事件に発展したにもかかわらず、主催者は裁判所に出頭することもなく、また、返金命令にも応じず無視を続け、結局納めた半年分の指導料(裁決返金額は約220万円)は現在も被害者(都内在住)に払い戻しがなされず踏み倒されたままです。極めて悪質で弁護士もお手上げの体でした。

※当該事件については裁判記録などの公的記録の確認が可能~東京地方裁判所

※詐取加害当事者は当方が2002年春まで所属していた中学受験専門塾での同僚でもありますが、2002年、同塾に通う生徒を個人的に指導していたご家庭との間でやはり返金を拒否する同様の金銭トラブルを起こしています。

      

被害者のほとんどは、詐取当事者の出版(明日香出版・講談社・光文社・成美文庫)・インターネット(Yahoo登録サイト・算数パズル等コンテンツ運営)など各種メディアを利用した活動・宣伝によって全面的に信頼を寄せられてしてしまったようです。詐取当事者の人格上、今後も同様の手口で詐取が繰り返される危険が十分に予想され、実際に対面、対話した時の印象がいかによくとも、常に警戒を怠らないようご注意ください。

お子様には第一志望校に何としても合格してもらわなければいけませんね。今、お子様にとって重要な指導の必要を強く感じているのですが、このままの指導ペースでお子様にとって十全かどうか大変不安です。何しろ多忙ですので、特別にお宅様だけのために優先して指導スケジュールを確保していくというのは難しいのですが、どうしてもとご希望されるなら、指導料の長期分前納を条件に、特にお子様のために必要な指導を重点的にしてあげることは可能です。他教科の重点的な指導も併せてお受けになることも大事ですよ。

※以上、被害者のお話から引用(2002年)。 保護者には他教科を指導するスタッフがいるように説明することがあります。

ご家庭の経済力(職業や条件交渉等により判断)や不安の度合いを見て取り、特に経済力があると判断したご家庭に対しては、上記のように相手の不安を強く煽って他教科のオプション指導の受講や指導料の長期分前納を巧みな言い回しで誘いかけてきます。

前納した指導料は、後日ご家庭の事情により指導の辞退を申し出ても、加害当事者はやがて電話に出なかったり不在を装ったりするようになり、連絡がとれず返金交渉自体が不可能になります。
お宅の都合に合わせて腐心してスケジュールを確保したのだから返金する義務はない。そんな身勝手なことは許されない」と居直り、顧客の立場を顧みず自身の身勝手な主張や理不尽な正当性を強弁するのみで、しかも罪悪感は露ほどもなく、ご家庭の要求には一切耳を貸そうとせず、司法当局の裁決も完全無視します

自宅にある電話はfax通信で使用する程度で、普段彼との連絡は携帯電話かメールだけになるはずです。いざトラブルが発生した際にご家庭側に直接自宅に来られて追及を受けるのを避けるため、自宅住所は当初より知らせません。faxやメールで通信出来るのは返金交渉を開始した直後一時のみで、
その後問題をやり過ごすために形ばかりの誠意を見せ返金の約束をfax文面で交わすこともありますが、以後、交渉は一切出来なくなり、取り交わした約束も結果的に反故にされます

現在この業者に指導の依頼をされている方は、こと金銭に関する提案があった際には、付け入るスキを与えてしまわれないよう、くれぐれもご注意ください。

      

通常の指導料は後払いとしていますが、ご家庭の経済力を見て、あるいは親御様の受験への不安につけ込み、ここぞという好機を見計らい、前納を条件とした個別の提案をしてくるはずです。

※刑事告発を視野に入れ、被害に遭われた方々のご協力を賜り、連携、結束のための起点としたいと思います。被害に遭われた方々、被害に遭いそうになられた方々からの情報をお待ち申し上げます。

※当記事においては、詐取当事者による被害再発の防止、刑事告発に向けた被害者同士の連携を目的に、敢えて詐取当事者特定に結びつく情報を閲覧者に対し提供しております。

記事作成・ご相談
細川(中学受験専門 国語プロ家庭教師
※ 迷惑電話による被害防止のため、番号非通知では電話をお受けできませんのでご注意ください。

℡:047-451-9336
 
Mail:メールはこちら

      

警察当局によれば、被害者がさらに複数特定できないことなどから、残念ながら現段階ではこの業者の所業を詐欺犯罪として刑事告発するのは難しいとのことですが、詐取当事者の人格上、今後も同様の手口で詐取が繰り返される可能性が高いため、被害のご報告、ご相談については当サイト管理人(細川)が窓口となりますので、被害を受けられた方、お心当たりのある方がございましたら、是非ご連絡頂けますようお願い申し上げます。

07年1月30日(火)追記
① 先方は私個人の事業出資金の一部返金を昨年(06年)8月頃からメールにて申し出てきてはいるが、本来は書面で取り交わした約束は無条件で履行すべきものを4年も連絡無く放置されたうえ、しかもこのページの存在を知って初めてこのページの削除と返金とを「交換条件」に要求してきました。
② 先方は現在も被害者への返金を断固拒否しており、私が先方の申し出を受け入れ私への返金を受諾し先方の要求どおりこのページを削除すれば、被害者は永久に先方からの返金を受けられなくなる可能性が高い。
③ 先方は名誉毀損での告訴、刑事告発等を予告してきているが、むしろこの事件を堂々と公の場で争えるので当方としては却って都合がよい。
④ 当方の記事は被害者から直接伺った話をもとに作成してあり、掲載についても被害者からの承諾を得ている。
⑤ 先方が自サイトにて当方に対する誹謗・中傷、および一般閲覧者への悪意に満ちた喧伝を始めたが、当方としてはそれについて何ら関心はない。

真実を把握するのは当方と被害者、そして加害当事者の三者以外にありえず、このいずれに対してであれ一般閲覧者や第三者のいかなる一方的な印象や感情、判断も、それを抱くこと自体はまったく個人の自由であり、当方の関心の及ぶところではない。先方さえ望むものならば、真実を中立の立場から客観的に判断してくれる司法の場で堂々と争って証明する機会を得ることができる。先方からの積極的なアクションを待ちたい。


08年1月20日(日)追記
先年より、依然先方の予告した提訴・告訴を待っている状況です。早期解決へ向け、その実現を強く希望します。
08年6月6日(金)追記
先方は立件、捜査の進展を恐れ、自身から提訴・告訴に踏み切ることは今後も一切無いであろうと考えられます。

      

07年1月29日(月)追記
平成18年(2006年)1月には同様の手口でこの業者によって約300万円詐取された方(千葉県在住)より被害のご連絡を頂きました。前払いによって多額の指導料を支払った後、保護者の不安につけこんでさらに縁故入学の口利きを持ちかけ数百万円を提示しましたが、断られると暫くして一方的に指導を中断し、未消化分の指導料は未だ被害者に返還されていません

2015年3月7日(土)追記
平成26年(2014年)、新たな被害からのご相談を受けておりますが、被害者の方のご意向により詳細についての報告は差し控えさせていただきます。

2016年9月追記
これまでに数名の被害者からご連絡、ご相談を頂いておりますが、U氏から受ける報復への不安、その他の事情により当サイトへの掲載を希望されない旨のご意向を頂戴しております。

      


類似手口による被害のケース(1) 
※こちらの事件当事者と当サイト本編で注意喚起している詐取常習者(U氏)とは別人です。


2015年に愛知県にお住まいの方(被害者)から頂いた情報ですが、当サイト本編で注意喚起している詐取常習者(U.Y.=姓・名)と非常によく似た手口を用いる悪徳家庭教師が、現在愛知県で活動中です。

都内や千葉県、埼玉県、滋賀県でも活動していたようで(経歴はその都度変えて申告する可能性有り)、保護者の不安につけ込み、指導期間中、言葉巧みに教材費をはじめとして
様々な名目を設けてはしばしば費用を要求し、名目どおり授業が実施されない場合はその都度その場逃れで新たな名目を設け、それに充当したという口実を告げるのみで費用は結局返金せず、都合の好い言い訳をして自己正当化します。授業に穴が開くことが多く、前払いした費用については「来月調整する」、明細書については「来週渡す」というように約束するものの、受験を控えた慌ただしさを幸いに、また、受験事情に詳しくない保護者の心理を逆手にとり、結局うやむやにします。

指導料、その他各種名目について前払いしたにもかかわらず、当初の規定どおり実施されない事由を問いただし、返金を要求すると、
その場では返金を確約しますが、結局返金はされず、連絡が取れなくなります

また、顧客を長く引き留めておくための策略か、指導期間中、担当している生徒の受験校や教育関係者等に強力な縁故があるという話を折々ちらつかせたりもし、保護者や子どもに対して
強く心理的な束縛や心理誘導を図ることがあります。ここぞというタイミングを見計らって莫大な対価を要求する恐れがありますので、「特別推薦枠がある」「関係者に特別に推薦状を書く」等の誘い文句には絶対に乗らないよう、十分ご注意ください。

過去に指導に関する金銭トラブルにより裁判で敗訴を受けていますが、当然
返金命令は無視しています。 他にもヤフオクで落札した商品の代金踏み倒し、サイト作成料金の踏み倒し等、各種金銭トラブルを起こしています。年齢は2015年現在で40歳くらい、男性、独身。慶應大学を経歴に示したり、漢字検定1級、英検1級等の資格取得者である旨を話すこともあります(経歴はその都度変える可能性有り)。保護者や子どもの心に寄り添うそぶりが上手く、この先生になら全て任せられると思わせてしまう話術に優れ、保護者様もつい全幅の信頼を寄せてしまうようです。

指導教科は社会・理科が中心ですが、いつも同じ教材だけを使用し、一方的に答え合わせのような形で授業を進めるだけで、算数・国語は特に不得意らしく、課題を与えて自学指示をするだけか、授業をしても時間はほとんど割かず、解答のマル付けのみで流します。これは通常授業でも講習授業でも同様です。また、理由は不明ですが、家庭側がいくら要求しても、その時々に口約束するだけで、結局
希望する受験校の過去問対策を行いません。自作した「実力テスト(有料)」なるもので偏差値を提示することもありますが、本人が出す算数の解答は誤答が多いとのことです。

イニシャルは姓が「C」、または「T」、「ヤフオク・名古屋・悪質落札者・子供服」等で検索すると上位表示されます。2016年5月現在、自宅で個別指導塾も開設しています。
愛知県警でも当人に関する被害情報等を一部掴んでいる模様です。被害者が複数特定できた場合は刑事事件として立件できるとのことですので、当人に関してお心当たりがあり、被害を受けられた方は、被害の大小を問わず、必ず愛知県警にご相談ください

当サイトに掲載した事例はごく一部のものであり、表面化していなくても、保護者の不安につけこんでさまざまな名目で金銭を要求したり、多額の指導料を前納させておきながら返金に応じなかったり、あるいは中学校への口利きを仄めかして対価を要求したりする個人の家庭教師は決して珍しくありません。受験が成功すればその家庭教師は神様であり、失敗すれば詐欺師同然、といった相対的な見方をされる厳しい現実は確かにありますが、

この家庭は子どもの受験が初めてで受験事情に暗く経済力もありそうだ。幸い先方は自分に全幅の信頼を置いているから、適当な名目をつけて金銭を要求するのに都合が好い
先方が自分を不審がっているようだから、そろそろ指導はこちらから一方的に中断してしまおう
民事裁判で敗訴して返金命令がでても、そのまま無視していれば一銭も支払わずに済む」…

これはちょっと変だ、と思われたら、被害額を最小限に止めるため、なるべく早期に客観的に状況を判断できる人に相談されるとよいでしょう。

      

2016年5月30日、当該人物(C氏)による別件の被害を受けられた方からのご相談がありました。

・追記:2016年5月31日(火)
・追記:2016年5月20日(金)
・記:2016年4月20日(水)

      

 
類似手口による被害のケース(2) 

「東大卒」と偽り詐欺、家庭教師や架空の投資話
※こちらの事件当事者と当サイト本編で注意喚起している詐取常習者(U氏)とは別人です。

埼玉県警小川署は24日、住所不定、無職佐藤生也被告(48)(詐欺罪で公判中)を詐欺容疑でさいたま地検熊谷支部に追送検した。

発表によると、戸別訪問で学習教材を売った女性客に対し、「東大卒の私が教えれば子どもの成績が伸びる」などとうそを言って、家庭教師の請負や架空の投資話を持ちかけていたという。

同署によると、佐藤被告は昨年1月頃、神奈川県の主婦(当時45歳)に「米国在住の友人に任せれば、100万円の投資で50万円の利子が付く」と持ちかけ、2回にわたって計約400万円をだまし取った疑い。

同署幹部によると、佐藤被告は2004~09年、さいたま市の学習教材の委託販売会社で契約社員として勤務。戸別訪問先の主婦らに対し、実際には高卒者なのに「東大出身」と名乗り、小中学生相手に勉強を1、2回ほど見た後、年間の授業料などとして1回数十万を受け取っていた。その後、「仕事が忙しい」「体調を崩している」などと理由をつけて逃げていたという。

同署は、1都4県で24件、計約1億400万円の余罪を確認。いずれも女性(当時36~52歳)が被害者で、このうち8件(被害額約3000万円)を立件した。13件は家庭教師名目の詐欺行為だったという。

佐藤被告は「教育熱心な女性ほど金を持っていると思った。競輪や競馬の金が欲しかった」と容疑を認めているという。

2010年2月25日00時10分 読売新聞)※リンク切れ


記事作成・ご相談
細川(中学受験専門 国語プロ家庭教師
※ 迷惑電話による被害防止のため、番号非通知では電話をお受けできませんのでご注意ください。

℡:047-451-9336 
Mail:メールはこちら