いしだ眼科TOP > 院内のご案内 > 機器・設備のご紹介 (検査室)
Japanese Portgues
いしだ眼科 院内のご案内
TOP院長のご挨拶診療のご案内院内のご案内目の病気交通案内よくある質問

いしだ眼科  機器・設備のご紹介 (検査室)
機器・設備のご紹介

 検査室   暗室   OPE室   その他
オートレフトポグラファー 【 RT-7000 】


※1つの器械で4つの検査ができます。
  オートレフラクトメーター
   屈折度数(レンズの度数)の測定をします。
    ・角膜異常疾患、白内障手術、屈折矯正手術の
     矯正及び評価。
  オートケラトメーター
   角膜曲率半径(角膜の形)の測定をします。
    ・眼内レンズ・コンタクトレンズの形合わせ。
    ・角膜異常疾患、白内障手術、屈折矯正手術の
     計画及び評価。
  トポグラフィー
   角膜形状を画像化して測定をします。
    ・白内障手術、屈折矯正手術の術前・術後の
     角膜形状の経過観察。
    ・コンタクトレンズ処方時及び定期検査。
    ・角膜屈折異常や(不正)乱視の検出。
  TESAS
   10秒間、目を開いた時の涙の変化の測定をします。
機器のご紹介 検査室
非接触型空気眼圧計


眼圧(目の硬さ)を測定します。
目の状態を反映する重要なパラメーターの為、来院した患者様全員にほぼ毎回測定します。

※以下の方は、定期的に眼圧を測定する必要があります。
  緑内障、ステロイド点眼薬使用、抗精神神経薬、
   散瞳薬の投与時、白内障等の手術後
機器のご紹介 検査室
SPECULARMICROSCOPE EM-4000



角膜(目の表面のレンズ)の細胞の数や大きさを測る機械です。細胞の数が少ないと白内障の手術やレーシック等が受けられないこともあります。
機器のご紹介 検査室
オートレンズメーター TL-4000

オートレンズメーター TL-4000


めがねやコンタクトレンズの度数を測定する機械です。
機器のご紹介 検査室
字づまり視力表(遠見視力表)

字づまり視力表(遠見視力表)

目の状態を知る重要な検査です。
  ・屈折異常の種類及びその程度の判定。
  ・眼疾患の有無の判定。
  ・機能的眼疾患の鑑別(調節麻痺・心因性)。
機器のご紹介 検査室
低視力専用実用視力 FVA-100

低視力専用実用視力 FVA-100

通常の視力検査は、風に例えると瞬間最大風速を求めるものですが、実用視力は1分間連続して視力検査を行う為、日常視における視力を測定出来ます。
機器のご紹介 検査室
両眼視簡易検査器(D-5000) WOC

両眼視簡易検査器(D-5000) WOC

通常視力検査は眼がリラックスしている状態で測定するのが理想です。
機械の中の綺麗な立体風景を眺めるだけで、遠くの景色を長時間眺めるのと同じ効果があります。
機器のご紹介 検査室
眼軸長・角膜圧測定装置 AL-3000


眼の長さ(眼軸)を測定します。
白内障の手術の際、眼の中にいれるレンズを決定するために使用する機械です。
機器のご紹介 検査室
OA-2000


白内障の手術の際、眼の中に入れるレンズを決定するために使用する機械です。上記の器械と違う点は、非接触型であり患者さんの負担が少ないことです。ただ全ての患者さんの撮影ができないという欠点があります。
機器のご紹介 検査室
ドライアイ観察装置 DR-1

ドライアイ観察装置 DR-1

眼が乾いているかどうか観察できる装置です。
製造されていない機械のため、静岡県内では、当院しかないかもしれません。
機器のご紹介 検査室
石原色覚検査表・PANEL D-15

石原色覚検査表・PANEL D-15

・色覚異常の検出・分類・程度を把握する機械です。
機器のご紹介 検査室
近見視力表

近見視力表


近方視時に目のかすみ、疲労がある時に検査します。
  ・近見(調節)障害の程度の判定。
機器のご紹介 検査室
多目的両眼視スクリーナー

多目的両眼視スクリーナー


小さくてコンパクトな器械ですが、沢山の検査が行える優れ物です。

文字サイズの変更 小中大

ホームページの更新履歴

【携帯サイトQRコード】
携帯用サイト QRコード
※機種によってはご覧になれない場合もありますのでご了承下さい。

【スタッフによるブログ】
いしだ眼科ブログ
ブログでも最新の情報を更新しています!

トップページへ戻る

 いしだ眼科
 所在地 : 〒421-0301 静岡県榛原郡吉田町住吉427-1  医院地図(印刷用ページ)
 電話:0548-34-1400/FAX:0548-34-1401
   

 TOP初診の方へサイトマップリンク集お問い合わせ
 【メインメニュー】 院長のご挨拶診療のご案内院内のご案内目の病気交通案内よくある質問

 All contents Copyright: Ishida Ganka All Rights Reserved.