いしだ眼科TOP > 目の病気 (病名から検索) > 散粒腫(さんりゅうしゅ)
Japanese Portgues
目の病気
TOP院長のご挨拶診療のご案内院内のご案内目の病気交通案内よくある質問

前頁へ戻る

いしだ眼科 散粒腫(さんりゅうしゅ)

原因
あぶらをだすマイボーム腺がつまることでおきます。

症状
通常は、痛みはなく ころころして異物感があります。
ばい菌による細菌感染を伴う場合は、赤み、はれ、痛みがあります。

治療

抗生物質の目薬、炎症を抑える目薬で様子を見ます。
しこりが残って気になる場合は、切開して出します。
初期の場合は、家で蒸しタオルで温めるという方法もあります。
家でやられてみてもいいかもしれません。

注意
散粒腫(さんりゅうしゅ)中高年の方で繰り返しできる場合は、ガンの可能性もあるためその部分を採取して検査に出します。
お子様は、全身麻酔で行うこともありますので適切な医療機関をご紹介いたします。



文字サイズの変更 小中大

ホームページの更新履歴

【 携帯サイトQRコード 】
携帯用サイト QRコード
※機種によってはご覧になれない場合もありますのでご了承下さい。  
トップページへ戻る

 いしだ眼科
 所在地 : 〒421-0301 静岡県榛原郡吉田町住吉427-1  医院地図(印刷用ページ)
 電話:0548-34-1400/FAX:0548-34-1401
   

 TOP初診の方へサイトマップリンク集お問い合わせ
 【メインメニュー】 院長のご挨拶診療のご案内院内のご案内目の病気交通案内よくある質問

 All contents Copyright: Ishida Ganka All Rights Reserved.