住友ゴム分会

住友ゴム分会

 住友ゴム工業株式会社でアスベストに曝露した被災者の分会で、団体交渉権を求めて闘いを続けています。
 住友ゴム工業株式会社退職者への接触を続けながら、被災者の掘り起こしを行ってきました。健康管理手帳の手続き支援や労災申請の支援などを通じて、組合員拡大に取り組んでいます。
 神戸地裁、大阪高裁での勝訴はマスメディアでも大きく取り上げられるなど、労働組合の新たな可能性を示してきました。
 兵庫県と住友ゴムが最高裁へ上告した第一次訴訟は、最高裁が2011年11月10日上告を棄却・却下し大阪高裁の判決が確定しました。  マスメディアでも大きく報道され注目を集めました。その中であらためて住友ゴムに団体交渉を求め、交渉重ねて来ましたが、 住友ゴムの対応は不誠実なもので、法的な責任を認めず遺族への補償金額も死亡時の年齢で差別するもので、交渉での解決は難しいと思われました。 被害者の遺族は2013年1月22日に損害賠償を求めて神戸地方裁判所に提訴しました。

 Copyright (C) 2010 ひょうごユニオン. All Rights Reserved.