・・・・・予告編・・・・・

 

ニューカレドニアを選んだ訳・・・

96年の9月に行きました。
この年私は勤続○○年のご褒美でお休みが2週間あり、せっかくだから遠くへ行こう!
そして、オルベリに行ってから、“綺麗な海、ビーチ”にとりつかれている私は、
「何処か真っ白なビーチで海のきれいなところないかなぁ・・」と探していました。
この時はモルディブは、雨期のお天気が心配で選択肢に入っていませんでした。
フィジーか、はたまたニューカレドニアか・・・
「ビーチがニューカレドニアの方が白そう」ということと、
森村桂の“天国に一番近い島”というイメージからここに決めました。

“青い空、青い海、白い砂”で常夏をイメージしていたのですが・・ニューカレドニアは南半球・・・。
言おうとしてること、わかります? (ーー;) 寒かったんです〜!

でもでも、寒かったイルデパンで見た“ガジ湾”のあの色!!!
なんて言ったらいいのかなぁ・・・すっごいんです!
クールバスクリン?!ん〜。。表現悪いな・・?う・・ん・・とにかく自然とは思えない青の色でしたー
そして、ウベアのあの色、ピッシンナチュレのあの景色!
今までには味わった事がないビーチの雰囲気を満喫してきました。

でも・・・一度しか行ってないから、しつこいけど“やっぱり、モルディブ”だったんですね・・(^^)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

基本データ
[国名] 
フランス領ニューカレドニア(96年当時。現在はもしかしてかわった?)
[地理] 
日本から南南東へ約7000キロの南太平洋に浮かぶ。
本島のグランドテール島とイル・デ・パン、ウベア、リフー、マレの5島とその他の小さな島からなる。
[言葉] 
フランス語。ヌメアでは英語も通じるが、離島ではなかなか通じない。
[通貨] 
フレンチパシフィックフラン(CFP)。1CFP=1.2円(1996当時。2002,4,17現在は1CFP=0.98円)。
両替には1回につき500CFP前後の手数料がかかるので、使う分は1回で両替した方が得。
[時差] 
日本より2時間早い。日本が正午のとき、ニューカレドニアは午後2時。
[気候]
 南半球のため日本と逆。12〜3月が夏、6〜8月が冬。ただし年間平均気温は20度以上と冬でも過ごしやすい。
[チップ] 
チップの習慣は浸透していない。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

MENU

ヌメア
 
ウベア ポエビーチ
ビーチもあるのにとってもオシャレ。明るくて・・私が“ニユーカレドニア”と言う言葉からイメージするそのまんまの街。
デイツアーで、絶対行こうと思っていた森村桂の“天国に一番近い島”で有名なウベア島と、
まだ行った事がないボラボラに似ていると言うポエビーチに行きました。

イル・デ・パン
リフー島と悩みましたがイルデパンへ。3泊しました。ヌメアとはまったく違うの〜んびりした島でした。

 

Home