モルティブってどんなとこ?
(基本情報)

基本データ    アクセス    リゾートでの過ごし方

基本データ

 ◇国名
  モルディブ共和国
 ◇首都
  北マーレ環礁のマーレ島
 ◇地理
  インドの南西約600`の洋上に、南北860`にわたって広がる26の環礁(アトール)からなる国。
  島数約1200。そのほとんどが歩いて一周できるくらいの大きさで、海抜2bにも満たない平坦な島。
  砂だけでできた島(サンドバンク)もある。
 ◇島の数
  約1200。そのうち人が住むのはおよそ200。リゾートアイランドは90くらい。
 ◇言葉
  ディベヒ語。リゾートおよび空港では英語が普通に使える。
 ◇宗教
  スンニ派イスラム教がモルティブの国教。
 ◇時差
  日本よりも4時間遅い。日本での正午はモルティブでの午前8時。
  経由地のコロンボは日本より3時間、シンガポール・クアラルンプールは1時間遅い。
  またリソートによっては通常のモルティブタイムより早いリゾートタイムを採用しているところもある。
 ◇気候
  大まかに乾期(11〜4月)と雨期(5〜10月)に分けられる。
  ただしここ数年の気候は、乾期なのに雨が降り続いたり、雨期でもずっと晴れていることも多く、
  雨期・乾期のはっきりとした差がわかりにくくなっている。
 ◇税関
  アルコール、わいせつ物、豚肉の持ち込み禁止。アルコールは入国時没収されるが、出国時返却される。
 ◇通貨
  モルティブ・ルフィア(MRF)。1MRF=約9.23円(2004年7月1日現在)。
  ただしリゾートでは、料金表示がUSjになっているのが一般的なので、USjだけで大丈夫。
 ◇クレジットカード
  たいていのリゾートではVIZA、Master、AMEXが使える。JCB、ダイナースは使えないところもある。
 ◇郵便
  日本への航空郵便料金はハガキが10MRF、封書は20cまで12MRF。(2004年7月現在)
 ◇水
  必ずミネラルウォーターを購入して飲用すること。
  モルティブ産のミネラルウォーターの銘柄は「アクエリアス」。
 ◇電圧とプラグ
  220〜240V、50Hz。ドライヤーなど日本製品を持ち込む場合は変圧器か240Vまで対応した製品が必要。
  コンセントのプラグは平ピン3ツ叉のBFタイプが主流で、2本ピンのBタイプも使われている。
 ◇チップ
  リゾートのポーターには荷物1個につき1USj、ルームサービスにベット1台につき1USj。
  リゾートのレストランで滞在中同じウエイターが付いてくれる場合は、最終日にまとめて1人1日1USjを
  目安にテーブルに置く。
  ウエイターやテーブルが変わるリゾートでは、その都度渡す。
  追記(クレームがありましたので追記させていただきました。)
  チップは受けたサービスに対して渡すもの。基本的に決まりなどありません。
  でも、そうは言っても習慣のない日本人、たぶんかなり人が悩むところだと思います。なのでこんな項目を設けました。
  この金額は、海島楽モルをはじめ、いくつかのガイドブックを参考にし、また、過去に行かれた方のお話を伺い
  一般的に言われている相場を書かせていただきました。
  ですが、前述しましたように、チップには決まりなどなく、あくまでも気持ちの問題です。
  サービスが悪いと思えば渡さなくてもいいし、また「すばらしいサービス!」と思えば、もっともっと渡してもいいものです。
  参考程度に見てくださいね。(2005.8.25)
 ◇その他
  イスラム教国なので、マーレや漁民の島へ行く際は、タンクトップ・ショートパンツなど肌の露出が多い服は避ける。

アクセス

  ◇日本からモルティブへ
  ◎ルート1
  スリランカ航空直行便利用(5、6、8日間など可能)
  ・東京(月・木曜発)  東京=(約10時間)⇒マーレ

  ◎ルート2
  スリランカ航空経由便利用(6、8、10日間など可能)
  ・東京(土曜発)  東京=(約10時間)⇒コロンボ=(約1時間25分)⇒マーレ

  ◎ルート3
  シンガポール航空利用(5日間〜いろいろ組める)
  ・東京、大阪、名古屋(月・木・金・土・日曜発)
  ・福岡(月・木・土・日曜発)
   東京、大阪、名古屋、福岡=(約6〜8時間)⇒シンガポール=(約4時間30分)⇒マーレ

  ◎ルート4
  マレーシア航空利用(6、7、9、10日間など可能)
  ・東京、大阪(水・土曜発)  東京、大阪=(約7〜9時間)⇒クアラルンプール=(約4時間30分)⇒マーレ

 ◇モルティブ出入国
  出入国の記入の書き方
  http://www.s-ssp.co.jp/etra_ed/asi/malv_adm/contents.html
 ◇空港からリゾートへ
  ◎南北マーレ環礁
  ほとんどはリゾート所有のスピードボート(近いリゾートはドーニの場合も)で当日中に移動する。
  アドバイス:船に弱い人は酔い止めをオススメします。

  ◎アリ、バア、ラヴィヤニ環礁などの遠い環礁
  当日はエアポートやマーレのホテルに宿泊し、翌日水上飛行機(まれにスピードボートも)で移動する。
  ポイント:移動時、モルティブ特有の美しい“わっか”が見られます。

リゾートでの過ごし方
 ◇到着
  宿泊カードを記入して、お部屋へ。
  南北マーレ環礁の場合眠くて大変。でも明日の朝食のことは忘れずに聞くこと。
  (寝過ごして食べられなかったら大変。)
  ポーターがお部屋まで荷物を運んでくれるので、荷物1個につき1USjのチップがすぐ渡せるよう用意しておこう。
 ◇食事
  3食込みの場合、メインレストランで決まった時間にとる。(同じテーブル・ウエイターというパターンが多い。)
  アラカルトレストラン等でとった場合は普通別料金になるが、リゾートによっては割引があるところもある。
 ◇服装
  ほとんど水着&TシャツやパレオでOK。
  ディナー時は女性はサンドレス、男性はカジュアルシャツ&短パン程度にドレスアップすることをオススメ。
  リゾート気分も盛り上がる。
  また、朝晩涼しくなることもあるので、薄手の長袖もあるといい。
 ◇エクスカーション等
  アイランドホッビング、シュノーケリングツアー、ナイトフィッシング等ある。
  申込はレセプション周辺に貼り出された紙に名前とルームNO.を記入するのが一般的。
  その他、夕食後バー等で簡単なショーやエンターテイメントが行われるリゾートもある。
 ◇ハネムーンサービス
  たいていのリゾートにある。無料。
  到着時のフラワーベッドメイキング、フルーツバスケット&ワイン、スペシャルディナーのサービスなど。
 ◇チップ
  上記「基本データ」参照。
 ◇最終日
  普通リゾート内での支払いはルームチャージになってるので、チェックアウト時に精算する。
  ほとんどのリゾートでカード支払OK。
  アドバイス:伝票は必ずチェックすることをオススメします。
         今までどこのリゾートでも、多かれ少なかれ間違いがありました。

ページトップ


モルティブって、なんとなくわかりました?
「モルティブ行きたい」と思ったら「モルティブ行くぞぉー!」のコーナーへどうぞ!ここをクリック


Home