法定速度について

2006.06.04更新


法定速度
本線車道とは、高速道路で通常高速走行する部分で、路側帯、路肩、加速車線、減速車線、登坂車線は含まない。
車 種 一般道(km/h) 本線道路(km/h)
自動車 大型乗用自動車
普通乗用自動車(三輪のもの、けん引自動車を除く)
軽自動車
大型自動二輪
普通自動二輪(黄色やピンクナンバーのいわゆる原付二種は、普通二輪車小型限定である。)
60 100
大型貨物自動車(最大積載量5000s以上の貨物自動車)
三輪の普通自動車
大型特殊自動車
けん引自動車(トレーラー)     
60 80
原動機付自転車 30 -
小型特殊自動車(構造上15km/h以上で走れない構造になっている。) 15 -
故障車などをけん引するとき 2,000kg以下の車を総重量がその3倍以上の車でけん引するとき 40 -
125cc以下の自動二輪車や原動機付自転車でけん引するとき 25 -
上記以外の場合で、自動車を牽引するとき 30 -

ちなみに、最高速度に違反する車輌などを取り締まる場合における緊急自動車は、最高速度に関する規定は適用されない。
自転車などの軽車輌には原付の一種とは解釈されることはなく(30km/hの速度制限の根拠はなく)、実際には法定(最高)速度が規定されていないので、最高速度が無制限であるという考え方と、自動車と同様であるとい考え方と、市内全域40km/hに従って、実際上は40km/h程度までという解釈がある。

ご覧の標識は、山陽自動車道(明石大橋自動車道)などの高規格幹線道路では、大型乗用(バス)、普通自動車は100km/hとなっている。これに対して、大貨等(大型貨物と大型特殊)、けん引(トレーラー)、三輪自動車は80km/hとなる。


区 分 基礎点数 反則金額(単位:千円)
     酒気帯び点数(吸気1リットルあたりアルコール濃度) 大型車 普通車 二輪車 原付車
0.15mg以上0.25mg未満 0.25mg以上
超過速度 50km以上 12 13 19 簡易裁判で罰金決定されるが、7〜8万円の罰金が通例。60km/h超過では、10万円程度にもなる場合もある。
一般道 30km以上50km未満 6 9 16
高速道等 40km以上50km未満 6 9 16
35km以上40km未満 3 8 15 40 35 30  
30km以上35km未満 3 8 15 30 25 20  
25km以上30km未満 3 8 15 25 18 15 12
20km以上25km未満 2 7 14 20 15 12 10
15km以上20km未満 1 7 14 15 12 9 7
15km未満 1 7 14 12 9 7 6

速度取締について

オービス等の分類
「オービス」は普通名詞のように使われているが、元々は昭和45年頃からアメリカで速度違反摘発用に開発された「オービスV」という商品名である。昭和48年頃から日本の警察に導入され、「東京航空計器」が商標を取得し、昭和51年頃より警察庁が改良して本格的に設置を始めた。現在は「日本無線」の商標となっている。オービスとはラテン語で「眼」を意味するという。今や、全国で600機が設置されているという。
一般にスピード違反の取締りには有人式と無人式があり、前者は「オービス」、後者は俗に「ねずみ取り」といわれる。オービスは規定の速度制限道路上で大幅に速度超過して走行する車両に対し、無人で該当車両の速度測定、ナンバーブレート、運転者の顔を撮影する装置である。設置路線には「警告を示す看板」が事前に設置してあるので、これに注意すればよい。赤外線による撮影であるため、本来ストロボは不要であるが、運転者に速度を出しすぎですよ、撮影させてもらいましたよという自覚を与えるため、あえて昼間でも運転者に気づかせるよう赤いストロボが光るようになっている。


速度と作動速度

取締りの対象は、一般道では30km/h超、高速道路では40km/超で反点数が6点以上に該当する速度超過が対象となる。ちなみに220km/h以上ではシャッター速度の関係で写らないという話もあるが、決して真似はさらぬよう。一般道でのいわゆるネズミ捕りでは法定または規制速度プラス10km/h以上が対象で、測定装置の誤差を考慮して、実測より2km/低目に表示されるという。
オービス等の種類 外 観 特 徴 対 策
レーダー式 最も一般的なのがレーダー式オービス。レーダーを鉄塔に設置し10.525GHzの周波数の電波を使って速度を測定する方式。カメラは路側帯や中央分離帯に設置されている。速度測定はレーダーで行い、違反車両はフィルムに撮影される。上の窓が赤外線ストロボで、下の窓が撮影用窓である。35mm、36枚撮りの一般的なフィルムを用いているので、フイルム切れという場合もある。オービスの種類の中で最も歴史があるために、最近ではCCDデジタルカメラによる回線伝送方式(新HシステムやLHシステム)に取って代わられ、その設置数も減少しているが、高速道路などではまだ数多くが現役で活躍している。 レーダー探知器により探知可能。
Hシステム 元来のHシステムは阪神高速でデビューしたため、Hシステムという。レーダ式(10.525GHz)を利用している。
ループコイル式 カメラ手前30〜40mの地面に埋め込まれた2ないし3ケ所のループコイルで車が通る瞬間の磁気の乱れの時間差を利用して速度を割り出すもの。レーダー式と違う点は、速度を測定するための鉄塔などが手前に存在しないこと。レーダー式と同じくフィルム撮影なので、運がよければ光っても撮影されない。ただし、平成15年度よりはCCDカメラで撮影し、画像を転送する新世代ループコイル式ともいえるタイプが登場した。
ちなみに雪積地帯では道路の補修の際にループコイルを切る恐れがあるためループコイル式は殆ど存在しないという。
探知器には反応しないので、事前に覚えておくか案内板で注意する。高速道路における採用率が高く、特に首都高速は大半がこのタイプ。GPSアンテナを搭載した探知機では設置地点を登録してある場合には有効。
新Hシステム 測定方法はレーダー式で周波数などはレーダー式と同じだが、レーダ波はステルス式断続波であり、従来の電波発射パワーと比較して電波受信が困難な場合がる。白い正方形のハンペンと呼ばれるレーダーアンテナがあることが特徴。赤外線ストロボ以外に赤外線センサーがあり、これで車の位置を確認して撮影位置の手前に来たところで初めてレーダーを短時間出す仕組。また、撮影方式がCCDカメラによる デジタルカメラのATM回線伝送方式であるため撮影された写真データは即座に最寄の警察へデータ転送される。よってフィルム切れはない。 Hシステムの手前には、「速度落とせ、速度自動監視機設置路線」などの速度警告板があり超過速度のときは「スピード注意」と表示されるまた、白いアンテナ部分が目立つので、遠方からも発見は可能。レーダー探知機が反応するのは直前のため速度警告盤の警告を受けたらスピードを落とすことが賢明。GPSアンテナを搭載した探知機では設置地点を登録してある場合には有効。
LHシステム LHシステムのLはLOOP(ループ)のL。新Hシステムのループコイル版なので、Hシステム同様に画像がデジタル送信される。白いアンテナ部分はなく、NシステムやTシステムとの鑑別を要する。赤外線ストロボとCCDカメラが対になっている。30〜40m手前の速度測定区間に6.9mの間隔でループコイルが埋められており、CCDカメラを使ってすぐに違反車両の映像を中央に電送する。 Hシステムと同様に速度警告盤があり超過速度のときは「スピード注意」と表示される。速度警告板だけが頼りとなる。GPSアンテナを搭載した探知機では設置地点を登録してある場合には有効。
ステルス

速度違反車輌を狙い撃ちするタイプの移動式取締まり機。待機中には取締まりレーダー波を発射せず、違反者と目される車輌が速度測定ゾーンに接近したときに数秒間だけ電波を発射しする狙い撃ち的な取り締まりができる。レーダーが反応した時には、すでに測定されてる。周波数10.525GHz、速度測定範囲は時速25〜199km/h。レーダー探知機で、ステルス対応型といのは、シャッターから漏れる微弱な電波をキャッチして警報をならす仕組み。
ちなみに、左下は動かぬ証拠のチケットで、測定速度、日時が記録されている。
実質上、探知器には反応しないので法定速度を遵守する以外に対策はない。
移動(式)オービス 最近増加しているとはいえ、全国に100台程度しかない移動オービス。ワンボックスの背面にオービス機器を搭載しているもの。取締に危険性を伴うので一般道が多い。車体の揺れを防ぐためにジャッキアップして測定していることもある。レーダー式と一定区間(3m)の通過時間から速度を割り出す光電式がある。光電式の場合、赤くポンと光ることがあるが、これは、捕まったことを認識させるたに故意に発光しているものであるらしい。 多くはレーダー式なので、探知器により探知可能であるが、光電式やステルス式では無効。路側帯などで、白いハイエースかキャラバンなどのワンボックスワゴンがジャッキアップして停まっている場合には注意。親切なところでは、事前に警告看板を出している場合もあるという。
よく赤く光ったのでオービスに撮られたかもしれない、という話を聞くが、それはオービスでない場合が多い。実際オービスのフラッシュは凄い閃光が走り日中でもはっきりと分かる。ぼやっとした「赤い光」を放つものは大抵、の正体は次に述べるNシステムやTシステムなどである場合が多い。
Nシステム
Nはナンバー自動読取システムのナンバーから。通行するすべての車両のナンバーを撮影、記録保存する車両ナンバー照会システム。盗難車両の捜査や犯罪の捜査のため、全通過車両を撮影している。ゲートが2つ連続しており、最初のゲートで車両通過を感知し、次のゲートに設置されたカメラが走る車全てのナンバー読みとっている。県境、港湾施設、官庁、防衛施設、原発などに設置されており、オービスと異なり、必ず全車線を記録している。高速道路などでは路肩走行車も狙っている。初期型はナンバーのみの捕捉だったが、最近は運転者も写っているらしく、犯罪捜査に利用されている。 オービス(自動速度取締装置)ではない。
Tシステム Tは旅行時間計測システムの旅行(Trip)から。高速の始点、終点、県境などのポイントごとにあり、通過車両の区間内の通過時間から「○○まで○○分」という表示をする。「○○まで○分」のという案内看板や、カーナビのVICS渋滞情報の提供をしている。通過車両はほぼすべて撮影しているというが、Nシステムと異なり高速道路の路肩を走行する車両は捕捉しない。監視カメラのようなものが並んでいることが特徴。オービスと似ているので注意が必要。Nシステムと連動しているという。
覆面パトカーの活動 多くのドライバーがその存在に気づき、この車を抜かすこともなく走行車線で後に続くが、時々それを知らずに追い越し車線を走ると餌食となります。
そもそも車種は白とか黒とか紺色のクラウンやセドリックなどの乗用車が多い(例外ももちろん多い)。交通機動隊の制服を着た人間が二人、ルームミラーが縦に二つ並んでいるとかよくみれば不自然なことが多いのだが、他府県ナンバーでないこと以外には普通の3ナンバーなのでナンバープレートで区別することは困難である。
いわゆる追い越し車線をぶっちぎる車両を狙っている(左)と思うと、1台が餌食になった。赤色灯とともに「パトカーに続け」の文字表示が点灯され、やがて最寄のインターに誘導していった。