古文書・往還塾の特色

 

 

 

・継続        机の上に座っている人たち

低い精度で自動的に生成された説明

古文書が読解できるようになるには、ある程度の時間を要します。往還塾では月2回、連続して定期的に開いていますので、継続した学習が可能です。また読む史料が日記ですので、連続しながらも、幅広い知識を学ぶことができます。

 

 

       

 

・指導者と仲間   人, 屋内, 立つ, 持つ が含まれている画像

自動的に生成された説明

        いつでも聞ける人を作ることです。

まず確かな先生がいることですが、これは私のことになるので、何ともいう資格がありません。ただ、先生だけではなく、古文書を学ぶ同好の仲間が周囲にいるとが、必要になります。

        往還塾では、開始前の一時間程を質問・相談の時間に当てています。

 

 

・良質の古文書テキスト    テキスト, 手紙

自動的に生成された説明

       往還塾では上賀茂神社所蔵の「社中日記」を読んでいます。江戸時代の標準的な文字です。内容も上賀茂神社で起こったことが、リアルに日を追って記されます。

 

 

・歴史的背景を知る

        古文書は字面だけ読めても何のことかわかりません。書かれた時代背景や、古文書の裏側に隠された事実を発見して、共感や驚きを経験することがたいせつです。塾では、積極的に関連資料や豆知識を提示しています。

 

 

・学びの環境    寝室の一角にある流し台

低い精度で自動的に生成された説明

        往還塾は、京町屋の一部を改造して、床張りにした明るい洋室を専用の教室にしています。史料を机に広げて椅子に座って快適に学べます。疲れたときは、庭の豊かな緑が目と心を休めてくれます。

                茂みの中の家

中程度の精度で自動的に生成された説明

 

    往還のページに戻る