---

五島邦治の業績

---

 

主要著書

『京都 町共同体成立史の研究』(岩田書院、2004年)

『京都の歴史がわかる事典』(日本実業出版社、2005年)編著(共著)

『源氏物語 六條院の生活』((財)宗教文化研究所・風俗博物館、1998 )監修

源氏物語と京都 六條院へ出かけよう』(財)宗教文化研究所・風俗博物館、2005年)監修

『菅原道真の史跡をめぐる』(京都を愉しむ)(淡交社、20191月)

主要論文

「応永末年における猿楽の動向」(『芸能史研究』73号、1981年)

「平安京の祭礼と住民」(『尋源』37号、1987年)

「パソコンによる歴史史料専用データベースについて」(『人文学と情報処理』No.21993年)

「溝川家文書の内容と意義−『大和守日記』との関係を中心に」

(近松研究所十周年記念論文集編集委員会編『近松の三百年』、1999年)

「井伊家伝来史料の楽書」(『芸能史研究』125号、1994年)

「京都の『町人』と東西市の『市人』」(『歴史の広場−大谷大学日本史の会会誌−』16号、2013年)

「祇園御霊会山鉾の基盤としての『町人』」(『芸能史研究』147号、2017年)

「若狭武田氏被官としての吉田一族の活動−嵯峨角倉の祖吉田宗忠を中心に−」(『芸能史研究』221号、2018年)

主な社会活動

京都市建都1200年「甦る平安京」展示部会委員(1992年)

(財)宗教文化研究所理事(1996年〜)

芸能史研究会評議員(2007年〜)

芸能史研究会委員(2011年〜)

公益財団法人京都市生涯学習振興財団評議員(2014年〜)

『京都の御大礼−御即位・大嘗祭と宮廷文化のみやび−』展実行委員会2018年)

 

 

TOPページに戻る